« 神戸花時計♪「みんなで歩こう健康ウォーク」 | トップページ | 4月の水仙♪ »

神戸市立博物館「トリノ・エジプト展」へ♪

    Photo   トリノ・エジプト展  Photo

   神戸市立博物館で2010年3月20日(土)~5月30日(日)開催の

   トリノ・エジプト展へ出かけて来ました。

227805

冬季五輪の開催で知られるイタリア北西部の都市トリノに、ロンドンの大英博物館

やパリのルーヴル美術館などと肩を並べる世界屈指のエジプトコレクションを誇る、

トリノ・エジプト博物館があります。

本展では、同博物館のコレクションを初めて日本で紹介!大型彫像やミイラ、彩色

木棺、パピルス文書、ステラ(石碑)など選りすぐりの約120点が一堂に並びます

中でもエジプト史上最も有名な少年王ツタンカーメンの彫像が、約200年ぶりにトリノの

地を離れ、初来日を果たす事は大きな話題を呼んでいます。また、現地トリノでは、

アカデミー賞受賞美術監督ダンテ・フェレッティによる、照明と鏡を駆使した彫像

ギャラリーの演出が注目を集めており、日本でも、現地の演出法を取り入れ、

2メートル級の大型彫像をドラマチックに演出します! (パンフレットより抜粋)

 館内は勿論撮影禁止で、館外のパネルで分かり難いですが・・・

227804

 イビの石製人型棺の蓋    長さ197cm 幅62cm 厚さ24cm

  末期王朝時代、第26王朝、ブサメティク1世治世(前664~前610年頃)

227809a

  タバクエンコンスの人型棺(右側)  棺の蓋 長さ182cm 幅54cm

 厚さ35cm   第3中間期  第21王朝(前990~前970年頃)

227809

 こちらは館内の記念撮影用です。

 左側、アメン神とツタンカーメン王(右)の像 高さ209cm 幅90cm 奥行112cm

 新王国時代 第18王朝、ツタンカーメン王~ホルエムヘブ王治世

 (前1333~前1292年頃)

 展示は「トリノ・エジプト博物館」 「彫像ギャラリー」 「祈りの軌跡」 

 「死者の旅立ち」 「再生への扉」の5章で構成されています。

 ミイラも展示されており、その作り方も紹介されています。

 遺体の左脇腹を切って内臓を取り出し、鼻の穴から脳みそをかき出し

 防腐処理をするのだそうです。 これを見て、直ぐ横にミイラの展示が

 あり見るのも何となく恐々でした。

 保存状態が素晴らしく良くて、当時の生活、信仰心、死に対する考え方

 棺の変遷などが伺えます。

 少年王ツタンカーメンの彫像、パピルス文書など興味深い展示も多く 

 エジプトの秘宝を目の当たりし,古代エジプトのロマンに魅了されて

 来ました。沢山の来館者で混雑し見学は大変でしたが・・・

 詳しくは市立博物館のホームページをご覧下さい。

227794 227795

             博物館前、道路沿いのお花ですheart04

にほんブログ村 花ブログへいつも応援ありがとうございます。
     up1クリックがとても嬉しく励みに成ります。
にほんブログ村

« 神戸花時計♪「みんなで歩こう健康ウォーク」 | トップページ | 4月の水仙♪ »

ガーデニング」カテゴリの記事

神戸」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます~♪
すみれさん、トリノ・エジプト展のご紹介
ありがとうございます。
 日本では初めての紹介なのですね。
特にミイラや彩色木棺、石碑に興味が有ります。
ツタンカーメンの彫像は200年ぶりにトリノの地を離れて初来日だったのですね。
素晴らしい演出での大型彫像
すみれさん、さぞ感動された事と思います。
勿論撮影禁止ですね。
せめてパネルをと思って撮ってくださった
すみれさんに感謝です。
雰囲気は解りますよ
館内記念撮影用のポスターでしょうか?
これだけでもなんだかドキドキしますね。
 ミイラの作り方は読むのが怖いような・・
でも、こうして保存して戴いたので
長年の年月を経て、今の私たちが見る事が出来るのですね。
 エジプトの歴史の一端を覗く事が出来るのですね。
大勢の観客の中での撮影、詳しい説明
ありがとうございます。
すみれさん、この記事を作られたご苦労に頭が下がります。
 もう一度、ゆっくり拝見させて頂きますね。
今朝も心をこめてlovelygood 
 拙いコメントですみませんcoldsweats02

コスモスさん 平安人さん
トリノ、エジプト展、興味深く見て来ました。
紀元前のものが、これだけ保存状態も良く鮮明に
残っている事だけでも感動です。
写真が撮れたら、少しは納得して見ていただけかと思いますが、
なにしろ文章の拙い私では、この素晴らしさは
伝えられず残念です。

桜、お花見、又違った視線で興味深く拝見させて頂きました。
桜林再生プロジェクトでの桜は特別魅力的なお花が見れますね。
ケンロクエンクマガイの薄紅色のお花がとっても可愛いです。
タイハクの大きなお花に満足感
オオシマザクラは知っているようで、さらりと見て・・・
でもこの葉が桜餅の葉の言葉に、食いしん坊の私は
再度見直しました。
サノザクラ、コチョウがとても素敵で惹かれるものが有りました。
半木の道の桜は知りませんでした。見事ですね~
京都の桜は素敵過ぎて、一日では到底見切れませんね。
こうして居ながらにお花見させて頂き嬉しく思います。
素敵なご紹介ありがとうございました。

いつもお気遣いの応援ありがとうございます。
とても嬉しく励みに成ります。

すみれさん ご無沙汰しております
 トリノエジプト興味展深く拝見しました
ブログを書かれるご苦労を思いながら・・・
写真も撮れない状況での言葉による説明
難しかったことと思います。
とてもよく解りました
 コメントを閉じて以来 すみれさんには無理を申してご迷惑をかけています
改めてお詫び申します
にも関わらずいつも丁寧にご覧戴いて
心から感謝しております
 今日は平安人に対しても優しいお言葉を戴きまして コメントを読ませて頂いて大げさでは無くて 感動しました
有難うございます
これからもご迷惑をおかおのけする日が続きますが
どうぞ宜しくお願い申し上げます
 及ばずながら 応援させて頂きます
どうか お返事はなさらないで下さいね
お願いします 

こんにちは。
エジプトの歴史には興味があるのでこの展覧会はいってみたいのですが、神戸へはなかなか足が向きません。
撮影禁止ですから、ブログで拝見というわけにもいないですね。
気候がよくなって美術館・博物館よりも屋外に目が行ってしまいます。

すみれさま
こんばんは
初めて日本に紹介されたエジプト展ですね。
ツタンカーメンの彫像等の放映が日曜美術館でされました。
200年ぶりにトリノの地を離れて来日した事、
ミイラの展示など、興味深く見て居たのですが、
すみれさまの説明で一層よく解りました。
貴重な資料をありがとうございます。
何度も繰り返し拝見致したいです。

エジプトですか。。。行ってみたい国の一つです!きっと歴史を感じるものがたくさん見れるのでしょうね。行ってみたいです!!

今日も応援!

とんぼさん
気候の良い時は、博物館より
お外へお出かけの方が楽しいでしょうね。
素敵なお写真沢山お撮り下さいね。

まみーさま
テレビ放映知りませんでした。
神戸での開催ですから出かけて来ました。
凄く興味深く拝見して来ました。
遠い遠い年月の経過があるのに
とても保存状態が良く感動でした。
凄い混雑でしたよ。

まつんこさん
インドは遠いですね。神戸だから出かけられました。
お子様の姿も沢山でしたよ。歴史を感じ
死、信仰などなど色々と学んで来ましたが
もっと混雑が無い時にゆっくり見れたらと思います。

すみれさん    今晩は!
トリノ エジプト展 いらっしゃったんですね。
素晴らしかったでしょう。
去年8月に上野の東京都美術館であり私も見に行きました。
8月1日から10月4日まで長かったですがとても人気があったようです、
素晴らしくて時間の立つのも忘れて見入り感動しました。
写真撮影が禁止でしたのではがきやパンフレットで
ブログにUPしました。
すみれさんのブログを見て思い出しました。
ありがとうございました。

初めまして!
とんぼさんのところからお邪魔させていただきました。とてもステキなお花のUPを見せていただき、チョッと足跡を・・・と思いました。
見るのは大好きですが、なかなか上手く育ってくれないお花たちに諦めてほんの少し真似事でしかも勝手にしっかり育ってくれる子ばかりの花が残りましたφ(..)メモメモ
この春から初夏にかけて京都、大阪、神戸と目白押しの展覧会です。関西が実家ですがなかなか出かける機会が少なく魅力の展覧会を逃しています。先日は京都の「ハプスブルグ」展の最終日に駆け込みました。
この「トリノ・エジプト」展も魅力がありますね。機会があれば・・・と願っていますが。
突然のコメント失礼しました。

えつままさん
トリノ エジプト展、えつままさんも
ご覧に成ったのですね。
素晴らしいですね。
こちらも5月までと期間は長いのですが、
大人気で凄い混雑でした。
保存状態も良く感動の展示品の数々でしたね。
随分と長く観ましたが、まだまだ見落としているところが沢山です。


Lunaさん
初めまして♪ ご訪問ありがとうございます。
とんぼさんの所で良くお見かけしていましたね。
書き込みありがとうございます。とても嬉しいです。
お花大好きですが枯らす事も多く、それでも懲りずに買い求めては楽しんでいます。
関西がご実家だとこちらの土地勘はOKですね。
トリノ・エジプト展は神戸だから気軽に出かけられ感動を味わって来ました。
魅力の展覧会も大阪、京都だと心は動いても重い腰が上がりません。
ハプスブルグ展、素晴らしかったでしょうね。
あ~出かければ良かったと後悔しないためにも、気候の良い
これからは足を運ばなければいけませんね。

 すみれさんこんばんわ。初めてメールしました(ブログなどではよく拝見しておりますが)。私は、今現在、中国広州におり、この地から拝見しております。
 私もこの展覧会、神戸の博物館でとても興味深く見学しました。以前にもエジプト関係の博覧会でミイラなどを見て面白かったので今回も期待して出かけたところ、期待以上の内容でした。もしかしたら、すみれさんと同じ時に見学していたのかも知れませんね。とにかくよかった。

 神戸も暑いでしょうが、(実はおととい到着したばかりの)中国広東省広州市も暑い!今日は多分32℃以上(9:30am現在32℃あったから)あったと思います。街中はあちこちで工事(道路、歩道、建物の解体&建築中etc・・・)のため埃っぽく、視界が少し曇って(霞んで)いるように見えますが、マスクをして歩いている人(中国人ほか各種の国々の方々:判別困難)はおりません。日本の花粉症の時期よりも過ごしやすいことがちょっと不思議です。暑くて汗ばむ気温でありますが、麺類や豚まん、飲茶等を食べていると、唐辛子などの辛さも加わり段々と体が熱くなっていき、それに伴い、最初はあまりおいしいと感じていなかった料理が徐々においしくなっていくのが不思議です。広州三日目にして、急激にこの地に体が馴染む(溶け込む!?)様な感じです。また、忘れた頃に広州からの状況を連絡いたします。
 どうぞ、また素敵なブログお願いします。

Ciaosoさん
コメントありがとうございます。
以外で吃驚でした。ブログは世界中で見れるのですね。
トリノ エジプト展はお誘いが無ければ出かけていないかもです。
素敵で、見所一杯でしたね。

こちらも暑くなって来ましたが、そちらはもっと暑いようですね。
暑さに負けないように、頑張って下さいね。
中国、良く分からずで
麺類、豚マンなどなど食べ物ばかりに魅力を感じています。
食べてみたいで~す。
そちらに抵抗無く馴染んでおられるのは、嬉しく思います。
お元気でご活躍くださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神戸花時計♪「みんなで歩こう健康ウォーク」 | トップページ | 4月の水仙♪ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ