« オキザリス♪太陽と共に微笑んで・・・ | トップページ | 中国(広州)旅行♪「食は広州にあり」 »

ギリシア♪アテネ 国立考古学博物館(その3)

            Photo_2

      アテネ  国立考古学博物館(その3-彫刻コレクション)  

 彫刻コレクションはアルカイック期(紀元前7世紀~紀元前5世紀)

 古典期(紀元前500~紀元前330年)ヘレニズム期の作品が展示されています。 

225524_2

             ユニオン岬のクロース(青年)像

225532

 クローズ像には共通して「アルカイック・スマイル」と言う微笑が見れます。

225518

                         ディピュロン・アンフォラ

  ケラミコスの遺跡で紀元前760年~750年頃作られたと推定されています。    

  アンフォラは幾何学文様時代の傑作だそうです。   

225621

                         アフロディ-テと牧神パンとエロスの像

    全裸で立つアフロディテが、彼女に言い寄るパンを、右手に持つサンダルで

    叩き、はねつけています。アフロディ-テの左肩の上で、浮かんでいるのは

   愛の神エロスで、パンの右の角を握って押し返し、彼女の手助けをしています。

 気品ある美しい女神様が、サンダルを振りかざした勇ましい姿も珍しく(*^_^*)です。

225624

      1904年にミロス島で出土しました。

Photo_20

               ミロス島のポセイドン像

Photo_21

             アフロディーテ  

225574

              ヘゲソの墓碑 (前410~400年頃)

  ヘゲソが奴隷を相手におめかしをしている生前の日常の一こまを

  描いたものです。  

にほんブログ村 花ブログへご訪問ありがとうございます。
     up1クリックがとても嬉しく励みに成ります。
にほんブログ村

« オキザリス♪太陽と共に微笑んで・・・ | トップページ | 中国(広州)旅行♪「食は広州にあり」 »

ギリシア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すみれさん
 おはようございます!(^^)! 
今朝も感動しながら拝見しています。
動画も優しい音楽を心地よく聴きながら・・・happy01
 国立考古学博物館にはどれだけの”お宝”が展示されているのか??
 ユニオン岬のクローズ像ですが左手はどうされたのか?
知識の無い私には解りません
微笑みの像も素敵ですね。
アフロディテと牧神パンとエロスの像、
すみれさんの記事を読みながら少しクスクス・・納得していますhappy01
力強い彫刻の数々ですが、お顔の表情が豊かですね。
心が感じられて惹きつけられます。
子供たちの表情
動物の表情
彫刻に感じられる躍動感
静けさ
優しさ
 墓碑も日本では想像もできない、丁寧で細かい彫刻なのですね。
感動感動で終わりました。
 今朝は、ご紹介の素晴らしい彫刻に心をこめてlovelygood

コスモスさん
町屋レストランと伺っていたので
ある程度は風情のある素敵な店構えとは思ってはいましたが
想像以上の素敵さでした。
「めしあがれ」の名称が先ず素敵ですね。
築約100年の町屋を素敵に残しての店作りですね。
火鉢?もお洒落に今に合いますね。
木の仕切り戸がレトロですね。確り磨きこまれてとっても素敵です。
階段箪笥も素敵で、木との触れ合い、温もりは心和み癒されますね。
さて、この素敵なレストランで頂かれるランチは?
明日の楽しみですね。ワク♪〃o(*´▽`*)o〃ワク♪です。
いちご白書をもう一度を聴きながらのお食事も素敵でしょうね。

考古学の展示品、私の拙い写真だけでは素晴らしさは
伝わらないのではと思います。
コメントし難かったのではと思います。ありがとうございます。
こうした作品は埋もれていたものが大半かと思いますが
綺麗に残っている物だと感心しています。
クローズ像の左手は又先に何処からか発掘されるかもですね。
今回墓碑を沢山見てきましたが、こうした形の墓碑は好きで
死、葬送に対する考え方などの日本との違い墓碑も暗さを感じず見ただけで
故人が偲べて良いのではとも思いました。
いつも丁寧なコメントと応援をありがとうございます。
とても嬉しく頑張らねばと思います。

 こんにちは~!(^^)!
すみれさん、コメントのお返事ですgood
 まず、今日もマニアックな記事に、
優しいコメント嬉しく拝見しています。
すみれさんに、共感して戴いてとても嬉しいですheart04 
私は何故か、木の温もりに弱くて。
散歩をしていてもついついパチリです。
火鉢には寒い時は炭を入れて焚かれるそうです。
ランチは愉しみにしていてくださいねheart
いちご白書をもう一度を聴くと、何故か胸が痛くなります。
若い証拠でしょうかconfident
 コメントを通して随分お喋りさせて戴いていますね。
もしかしたら前世はすみれさんが、妹だったかも知れませんね。
 考古学の展示品ですが、コメントは全然し難くなかったですよ。
一気に拝見して、そのままの感動を書き綴っただけです。
墓標はやはり死や埋葬に対する考え方の違いなのですね。
 日本人との差を感じました。
確かに故人が偲べますね。
納得しています。
 

こんばんは
アルカイックスマイル、懐かしい言葉です。学生時代を思い出します。このアルカイックスマイルが日本の仏像彫刻にも影響しているらしいですね。
古代ギリシャの彫刻は生々しく人間臭さが漂っていますね。
それだからこそ見る人をくぎ付けにするのでしょうね。
楽しく拝見させていただきました。

すみれさま

こんばんは
ギリシャ・アテネの考古学博物館の彫刻を拝見
して、今に残っている事が素晴らしいですね。
しかも、状態そのものも余り痛む事なく保管
されているのに驚きさえ感じますね。
紀元前数百年前のヘレニズム期の作品・・
また、紀元前760年も前に作られた幾何学
模様の壺も良く残っていたものですね。
そして、女神さまの凛としたお姿・・・
同じ女性として憧れますね。
おめかしのひとコマも~洋服の裾の緩やかな
ドレープが優雅さを一層ひきたたせて、
とてもすてきです。
よくも、彫刻で表わされるものですね。
動画も引き付けられる思いで見せて頂ました。
有難うございます。

とってもおっきい!!
これが紀元前のものだからすごいですよね。こうやって形に残っている・・・
歴史をしっかり学びたくなります。

応援!

とんぼさん
仏像の事は知りませんでした。
そうお聞きすると仏像にもそのような微笑を感じますね。
彫刻の時代によっての表現や人間のそれなりが見事に
創作されていますが
とても綺麗で芸術的でした。

まみーさま
紀元前の彫刻がこのように損傷も少なく
残っている事事態に感動を覚えます。
それもこれだけ凹凸のある物ですから尚更ですね。
どの彫刻も素晴らしく見惚れてきました。
幾何学模様の壷は、葬送の様子を描いたもので
もっと大きく撮ってくれば良かったと反省しています。
胴の丸いところに描かれている縦見えるのは
人で中心に横たわっている死者を掲げています。
石碑の浮き彫りは素晴らしく見応えが有りました。

まつんこさん
紀元前にこれだけ素晴らしい彫刻が作られていたのですね。
どれも素晴らしく、男性の像が多く見受けられましたが
均整のとれた身体で、これが日本人だったら
こうはすらりとして無いでしょうね。
曲線の素晴らしさ、石碑に刻まれた衣類の線も見事なものでした。

彫刻も素晴らしいですが、私ははるか昔に読んだ『ギリシャ神話』を思い出しました。
でも、思い出せたのはアフロディーテなど神様たちの名前だけで、ストーリーは記憶から消えていました (^_^;;!
日輪車に乗って撃ち落とされたファエトンの彫刻、あるのかなぁ?

慕辺未行さん
「ギリシア神話」私には遠い世界でした。
もっと身近に感じていたら、この見学の感動はもっと大きかったのかも知れませんね。
アフロディーテも今回初めて知りましたが、
関連の彫刻も多く、綺麗な女神様に女性の私もうっとりでした。
ファエトンの彫刻は?です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オキザリス♪太陽と共に微笑んで・・・ | トップページ | 中国(広州)旅行♪「食は広州にあり」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ