« クレマチス咲いて・・・♪ | トップページ | 5月のオキザリス♪ »

中国 広州旅行♪陳氏書院

                            Photo

                 陳氏書院 

17691

   陳氏書院は広東省広州市の西側に位置し、清中期以降広州に働きに来る者

  科挙(官僚登用試験)を受験する者、科挙のために勉学に励む者が集まって

  来るのを同族で支えるために造られた書院です。

 敷地面積は1.5万平方メートルで、主要建築面積は6400平方メートルです。

 陳氏家族が祖先を奉るために建てられた祠堂でも有り「陳家祠」とも呼ばれます。

17713

  建物の屋根、柱、窓、欄干などに施された中国古典や故事にちなんだ動物

  人物などの精巧な彫刻が素晴らしいです。

17708

  石を彫った「磚彫」は、華麗で緻密な彫刻に見入ってしまいました。

17725

   見事な塑像, 独特のカラフルな色使いは素晴らしいですね。

17821    

   聚賢堂は中心的な建物で、年2回春と秋に陳氏一族が会合を開く

   場所として使われていましたが、現在は広東民間工芸博物館として、

   様々な美術工芸品が展示されています。

17769

  9堂6院を有し、中庭を挟んだ前院、後院、西院がはそれぞれ廊下で

  結ばれています。天井が高く、風通りが良く伝統的な広東式建築です。

  こういった書院の中でも、この陳氏書院は規模装飾ともに群を抜くもので

  保存状態も良く、広東省を代表する清末の建築物として1988年に中国

  の重要文化財に指定されました。

17729  17730

17779

17751    

にほんブログ村 花ブログへご訪問ありがとうございます。
    up1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。
にほんブログ村

« クレマチス咲いて・・・♪ | トップページ | 5月のオキザリス♪ »

ガーデニング」カテゴリの記事

中国(広州)」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
 中国は私も憧れの地ですが香港止まりで、本土はまだ未踏の地です。
 古い由緒ある建築物や「磚彫」という芸術品には魅せられますね。
 「陳氏」姓の方々が建てられたのですね。
 同族意識が強いお国柄が良くわかりますね。
 

おはようございます。
中国旅行をされていたのですね。
彫刻や絵画が素晴らしいですね。
一本の木に細かな彫刻を見るとどうやって作ったのかと感心します。
楽しい旅行のおすそわけ、ありがとうございました。

すみれさん
 おはようございます!(^^)! 
広州旅行、ご一緒させて頂きました。
陳氏書院が造られた経緯も素晴らしいですね。
敷地面積が15万平方メートル、信じられないくらいの広さに流石は中国ですね。
更に主要建築面積が6400平方メートルとは。
これが陳氏家族が祖先を奉るために建てられた祠堂。
スケールの違いに唯唯驚いています。
そして細かな彫刻の素晴らしさ、石を彫られた「磚彫」の精密な彫刻。
歴史の長い中国の私の知らない一面を拝見しいます。
そしてカラフルな塑像、これも素晴らしい
 聚賢堂にも彫刻が・・・
今は広東民間工芸博物館として美術工芸品が展示されているのですね
実際に見たいものです
 今、陳氏書院の様子の動画で拝見しています。
見れば見る程素晴らしい建物と彫刻に見入ってしまいます。
この鮮やかな色づかいは中国独特のものですね。
広いお庭と展示室の内部・・・・回廊の上の彫刻
さまざま刺繍も綺麗ですね
数々の作品に唯、見惚れています
繰り返して2度拝見しましたが見事な彫刻、装飾、私も感動させて頂きました。
 広東省を代表する建築物として中国の重要文化財に指定された陳氏書院。
今朝は素晴らしいスライドでのご紹介と説明。
嬉しく有り難く拝見しました。
ブログを作られるのにお時間がかかった事と思います。
気持が言葉に出来なくて、拙いコメントでごめんなさい。
今朝は心をこめて陳氏書院の全てにlovelygood

たそがれさん
初めて訪れた中国です。
陳氏書院、素晴らしい彫刻に感動でした。
カラフルな色彩も中国らしく
細かい細工の技術、素晴らしいものでした。
これだけの建物を寄付だけで建てたとは
同族への思いは凄いですね。

とんぼさん
旅行の写真を沢山撮ってはいるのですが、
整理が付かずダラダラのアップとなっています。
陳氏書院、素晴らしい彫刻を沢山見てきました。
1本の木からの彫刻は、本当にどのようにして彫られたのか・・・
素晴らしい芸術品ですね。

コスモスさん
お写真拝見しただけで、初夏を感じます。
水面に映った風景を素敵にカメラに
収められましたね。さすがですgood
水面の色も見事に描かれています。まるで鏡ですね。
北嵯峨田園地帯は長閑で良いですね~
毎日この風景を見て暮らしていると、大らかな心に成れそうです。
竹の紅葉ですね。大きく育っていますね。
青空にとっても綺麗です。
茅葺のお宅は絵になりますね。お姿拝見してみたいですね。
出来たら住み心地も・・・
周りの緑、同じ緑でもそれぞれに違い緑の美しさを感じています。
♪若葉は懐かしく聴かせて頂きました。
昔は周りにもっと緑豊かな長閑な風景が見れたものです。

いつも丁寧にご覧いただきありがとうございます。
陳氏書院、建てられた目的を知り
その上でのこの素晴らしく沢山の彫刻は
有るべきして作られたものなのでしょうね。
カラフルな彫刻は中国らしいですね。凄く印象深く残りました。
細工の素晴らしさは目を見張るものがあります。
刺繍は描かれた絵画のようでした。
象牙の製品もいろいろ販売されていましたが、見て楽しんできました。
いつもお心遣いの応援ありがとうございます。
とても嬉しく励みに成ります。

 こんにちは~!(^^)!
すみれさん、コメントのお返事ですgood
こちらこそ何時も丁寧にご覧戴いてありがとうございます。
 北嵯峨の田園風景は京都でも数少ない長閑な場所です。
広沢の池も四季夫々に美しくて見飽きることは無いですね
ここはドラマや映画にも登場しますが
カメラマンや絵を描く人の列が出来ます。
確かにこのような光景の中でのんびり暮らせたら、大らかな心でいられるでしょうね
茅葺のお宅はいつも気になりますが、人影が無くて・・
新緑と深い緑は自然の作り出す芸術のようです。
いつも音楽をお聴き戴いて嬉しく思っています。
独りよがりで選んでいるのに・・・
 中国の旅は未だ続きが有りますね。
拙いコメントしか書けませんが
愉しみにしています!(^^)!

すみれさん    今晩は!
中国を旅行されたんですね。
一度は行ってみたいと思いますがなかなかチャンスがありません
一緒に旅行をさせていただきました。
素晴らしいカラフルな彫刻に目がくぎずけです。
スライドのUPはとても素敵で精巧な技術に感動しました。
何度も見せていただきました。
ありがとうございました。
行ってみたくなりました。

ナデシコは見事に咲きましたね。
とても懐かしいお花です。

わ~♪いつのまに中国を旅されてたのでしょう!毎日交流させていただいているので、神業のように感じました♪
中国はいつか行ってみたい国です。歴史もあり日本とのかかわりも深く、見ごたえありそうです。そして料理も美味しそうですしね!!
近くの国ですが、また違った趣のある建物ですね。圧巻です。
応援!

えつままさん
中国、近くて良いですね。
初めて出かけましたが、何処も沢山の人でした。
陳氏書院、素晴らしい彫刻に感動です。
カラフルな色彩も中国らしく見入るものが有りました。
動画、ご覧頂きありがとうございます。
沢山のお写真をアップさせて頂きました。

ナデシコは懐かしく感じますね。
あまり育てた事が有りませんでしたが,今回は元気に咲いてくれました。

まつんこさん
中国,短時間で行けるのが良いですね。
観光も一杯、美味しいものも沢山頂いてきました。
陳氏書院、彫刻の素晴らしさに感動です。
綺麗に維持管理されて、素晴らしい
芸術作品を見ているようでした。

久しぶりの旅行記ですネ (^o^)!
『科挙』と聞いて、井上靖氏の小説を映画化した『敦煌』を思い出しました。
建物の屋根の彫刻は、芸術品ですネ!屋外にあるのに風化せず、今も綺麗に残されていることに驚きです。
このような素晴らしい独自の文化が中国にはあるのに、近年の他国文化の無断コピー(商品だけでなく遊園地などにまで)することが理解できないですね。

慕辺未行さん
そう言われればそうですね。
他国文化の無断コピーは明らかに分かる事なのに堂々とですね。
井上靖の「敦煌」は読んでいないのですが、
科挙の係りが有るのですね。
今度図書館で見てみたいと思います。
陳氏書院の彫刻は素晴らしいです。色彩も中国らしく、カラフルですね。
石を彫った「磚彫」が特に素晴らしく暫く見入ってきました。
素晴らしい芸術作品だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クレマチス咲いて・・・♪ | トップページ | 5月のオキザリス♪ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ