« イタリアへの旅♪ マルサーラ(その2) 素敵なホテル | トップページ | イタリアへの旅♪ マルサーラ(その3) 考古学博物館とタペストリー博物館 »

神戸花時計♪神戸ビエンナーレ2011

                              Photo_2

178275  

 神戸花時計は1957年に日本で初めて作られた日本初の花時計です。

 直径6m 高さが2.25m  傾斜角度15度で地下に機械室があり盛土

 の上に設置されています。時針長さ260cm 秒針の長さは310cmです。

 現在の花時計は1976年(昭和51年)に改修された2代目です。

 市役所の北側にあります。

178276   Hanadokeii

  図案名   神戸ビエンナーレ2011

  花苗    シロタエギク(白) 530株   アキランサス(赤)2470株

         合計3000株で作成されています。 

  今回は2色の花色ですっきりとした花時計ですね。こうした色使いは

  文字がくっきりと目立ち素敵に感じます。

  シロタエギクもアキランサスも良く使われている花苗です。

178280

  神戸ビエンナーレ2011

  2年に1度の芸術文化の祭典「神戸ビエンナーレ2011」が、

  10月1日(土)~11月23日(水・祝)に神戸ハーバーランド、ポーアイ

  しおさい公園、兵庫県立美術館、元町高架下(JR神戸駅~元町駅間)で

  開催されます。「きらkira」をテーマに54日間、コンペティション入選作品を

  はじめ、さまざまな分野の芸術作品を展示されます。(HPより抜粋)

178278

 隙間なく綺麗に植え込んで有りますね。

 出かけるのが遅くシロタエギクが少々伸びていました。

178288

178292

  街の通りは神戸ビエンナーレのピンクの旗が沢山です。

  テーマの「きらkira」を演出した素敵なきらきらがあちこちで見受けられました。

  雨模様のお天気で、お写真暗いですね。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村ご訪問ありがとうございます。
  up1クリックの応援がとても嬉しく励みになります。

« イタリアへの旅♪ マルサーラ(その2) 素敵なホテル | トップページ | イタリアへの旅♪ マルサーラ(その3) 考古学博物館とタペストリー博物館 »

ガーデニング」カテゴリの記事

神戸」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

花時計」カテゴリの記事

コメント

 お早うございます。懐かしの花時計ですね。
 秋も深まって気温も下がって、今朝はぐんと冷え込んだようです。
 こんな朝は放射冷却現象で我が町は、大抵7度台とか
関西でも最低気温を記録しているようです。
 花時計もピンク色で何か、暖かみを感じる色ですね。
 今日は日中は好天気のようで、憩いのひとときを求める
市民の方で賑わうことでしょう。
 すみれさんとお知り合いにるきっかけになった花時計…
元気になれば再訪問して見たいです。
 

すみれさん
 おはようございます(^・^)
今朝は応援だけと思ってお伺いました。
何時もより遅くなったのですが
お目にかかれて嬉しいなあ(*^。^*)
 神戸の花時計を拝見するようになってから
もう何回目になるのでしょう
何時見てもアイデアとお花の数と種類の多さに
感動しています。
今回は赤と白ですね。
常連さん?のシロタエギクと赤いアキランサスが見事です。
クッキリと綺麗ですね。
本当、隙間なく綺麗に植え込まれていて
感心しながら拝見しています。

神戸ビエンナーレのピンクの旗に平和を感じます。
このような光景は嬉しいです。
 雨模様で空は暗いですが
写真全体の印象は決して暗くは無いですよ
今朝は本当に好かったlovelygood

たそがれさん
朝夕冷え込んできました。特に夕方からが寒いです。
そちらはこちらとは随分と温度が違うようですね。
もう暖房されているのでしょうか?

花時計は催し物のデザインに変わっていました。
花時計を描くのに使いやすいお花も有るのでしょうね。
このシロタエギクは良く使われています。
又機会がございましたらお出かけ下さいね。

コスモスさん
自然一杯の素晴らしい秋を届けて頂きました。
琵琶湖疏水沿いの秋は素敵ですね~
地域の方の美しい町へとの思いが花となって
微笑んでいるのでしょうね。
コスモスのお写真、素敵にお撮りになりましたね。
前回も見せて頂き、同じようなコメントかも
しれませんが、お花に動きを感じ
自然な美しさを素敵にお撮りになっていますねgood
お写真も数を重ねるごとに技法が冴えて素晴らしく思います。
岩崎宏美さんは素晴らしい歌手ですね。
歌詞を素敵に歌いこまれています。
♪思秋期 心に響きました。

花時計、毎回楽しみで立ち寄ります。
ブログをするようになり見方も変わりました。
勿論お写真の数も・・・
近づいてみて、丁寧に作られているのが見てとれます。
花時計の花で、お花の名前を覚えたお花も有ります。
神戸ビエンナーレは数年前に出かけて
ブログにもアップしました。
この日は雨が降り、まずいお写真が更に拙くなりました。
コスモスさんの優しいコメントにホッです。
応援もいつもありがとうございます。凄く励みになります。

すみれさん
 戴きましたコメントのお返事ですgood
こちらこそ何時も丁寧にご覧戴いて
優しいコメント嬉しく拝見しています
やはり、お花は見ごろが大事ですね。
特にピンクの花が殆ど駄目でガッカリしました。
私の母校(高校)は疎水沿いで近くです。
久しぶりに訪れて懐かしく嬉しいひと時を過ごしました。

写真はアングルが下手です。
そして私の写真には優しさが感じられませんね。
いつもすみれさんのお花の写真を拝見して、思います。

 岩崎宏美さんは若い時から歌が上手でしたね。
特に♪思秋期が一番好きです。
すみれさんに共感して頂いて嬉しいです(*^。^*)

 当分、隔日の更新ですね。
毎朝、時間は様々ですが覗かせて戴きますね。

すみれさん、こんば名は。
神戸の花時計が初めて作られたのですか。
綺麗ですね、花時計はいいですよね。
お花だけを植えてある時計実際に見てみたいです。
コメントが遅くなってごめんなさい。
雨模様でも、楽しくみせていただきましたheart04

こんばんは
いつもの花時計が模様替えですね。
すっきりしたデザインですね。
アキランサスは馴染みがない花です。
葉っぱを楽しむ植物でしょうか?
神戸の花時計は綺麗にされていますね。
いつも感心しています。

こんばんは~☆
花時計、二色だけでとてもシンプルです。
神戸の街はいつも素敵ですね~。

神戸ビエンナーレが始まりましたね。
愛知もトリエンナーレが昨年あり
娘が少し関わっていたので縁の下の苦労を少し見たような気がします。
神戸は二年に一度ですからもっとご苦労かと思います。
でもレトロとモダンが漂う神戸です。
もうそれだけで充分アートですから見栄えがします。
盛況でありますように・・・・・お愉しみくださいね♪

mikkoさん
花時計は素敵ですね。
お花好きな方は特別素敵にお感じになるでしょうね。
今では沢山あるようですので、
mikkoさんのお近くでもご覧に
なれるかもしれませんね。
ご覧いただきありがとうございます。

とんぼさん
花時計のデザインが変わりました。
2色だけですが、すっきりして素敵ですね。
アキランサスは葉色を楽しむものではないでしょうか?
お花はまだ見たことがありません。
植物園には植えられていないのでしょうか?
花時計は良くお手入れが行き届いていると思います。
観光都市ですから管理も大変でしょうね。

のこのこさん
花時計の花の種類は2色だけですが、
素敵だなぁ~と思っています。色合いが良いですね。

神戸ビエンナーレが始まっています。
前々回の時は出かけブログにもアップさせ頂きました。
出かけると楽しいのですが
今回は出かけられそうも有りません。
本当に盛況であったらと良いと願っています。
お嬢さん、以前にもそうした作品展に関係されていると
お聞きしたように思います。(思い違い?)
ご主人様の感化も多少おありかしら・・・

こんばんは (^o^)/
今回は2色だけでシンプルにまとめてありますネ (^_^)!
でもしっかりとした意図があって、宣伝しているのですから、神戸の街の人はもちろん、他都市他府県から来た人がこの花時計を見て、「ビエンナーレ、見に行ってみようか?!」と思うかもしれませんネ。

すみれさん今日は
神戸の花時計お洒落ですネ・・
色もデザインもすっきりしているのに美しい
いいですね・・こんな素敵な所を散歩出来るなんて羨ましい
きっと心も軽やかに成って楽しく歩けそうですね
アキランサスと白妙素敵な色はフッと
ワインを想像したり・・流石神戸お洒落な町です

慕辺未行さん
大滝詠一さんの♪カナリア諸島にて
聴かせて頂きましたよ。ありがとうございます。素敵な曲ですね。
記事を拝見してメロディーを聴いたら知っているかもと
実はネット検索しました。でも私は聞けなくて・・・  
お聞きしてもやはり知りませんでした。

花時計2色だけも素敵ですね。お洒落に感じます。
神戸ビエンナーレに沢山お越しだと嬉しいですね。

咲子さん
花時計、2種類のお花ですっきりと
作成されていました。
アキランサスは咲子さんのお庭にも育っていますね。
素敵な植物ですね。
花時計は毎回楽しみで出かけます。
近くには素敵な花壇も多く、
楽しみの散策路です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イタリアへの旅♪ マルサーラ(その2) 素敵なホテル | トップページ | イタリアへの旅♪ マルサーラ(その3) 考古学博物館とタペストリー博物館 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ