« バコパとヒューケラ♪ | トップページ | 神戸花時計♪第1回神戸マラソン »

イタリアへの旅♪ パレルモ(その5) ヌオーヴァ門    

                       Photo_2

              ヌオーヴァ門    

176591

  ヴィットリオ・エマヌエーレ大通りの終点、ノルマン王宮の脇にあります。 

 ハプスブルグ家出身のカール5世がチュニス(チュニジア)に勝利した

 記念に1583年に造られたルネッサンス、アラブ、ノルマン混合様式の

 凱旋門です。  屋根はマジョルカ焼きで、門の上にはマジョルカ焼きの

 タイルで描かれた鷲が見えます。 鷲はパレルモのシンボルです。

176592 

 こちらが旧市街のはずれです。

 今は車の通行が激しく排気ガスで門の汚れが激しい様に思います。

 創建当時はさぞかし立派で綺麗だったでしょうね。

176594

176595

  門をくぐっての反対側です。どちらも違う個性的な表情の

  人物像が彫られています。

176596

  腕を切り取られたムーア人の姿がスペイン軍の勝利を物語っています。

  4体のサラセント(アラブ人)の像が柱の様になっています。

176673

  調べても花の名前が分かりません。

  とっても綺麗なお花で、旅先のあちこちで咲いていました。

  こちらはノルマン王宮の近くに咲いていたお花です。

176597

  ヌオーヴァ門をくぐり、綺麗なお花の大木を見て左に折れると

  ノルマン王宮が見えてきます。

176599

  ノルマン王宮です。観光バスが並んでいます。

  ツアー客でいっぱいでしょうね。 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村ご訪問ありがとうございます。
          1クリックの応援がとても嬉しく励みになります。
   

 

« バコパとヒューケラ♪ | トップページ | 神戸花時計♪第1回神戸マラソン »

イタリア」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

すみれさん
 おはようございます(^・^)
今朝も胸をときめかせて拝見しています。
イタリアへの旅は毎回感動しますが
今朝ご紹介のヌオーヴァ門も英語の教材に入っていて。
よく解らないまま終わったのですが
今、お写真と記事を拝見して先に拝見していたら英語の説明も
もう少し理解出来たのではと思っています。
 今は何処も車からの排気カスで汚れていますね
創建当時を思い浮かべています
 それにしても何れの方向から見ても素晴らしさは変わりませんね。
個性的な人物像を実際に見てみたいものです。
 腕を切り取られたムーア人の姿
何とも痛ましくて切ないです。
ここまでしなければならないのでしょうか?
 
優しい花色のお花にホッと慰められました。

今朝もイタリアのご紹介
私には未知の世界、そして今後も訪れる事の無い場所
嬉しく有り難く拝見しました。
 すみれさんに感謝の気持ちいっぱいでlovelygood

ムーア人はモーロ人ともいい(英: Moors)、
北西アフリカのイスラム教教徒を指すようです。
スペインを旅行した時、その戦いの跡があちこちに残っていましたが
パレルモにもあるのですね。
相当に残虐な連中で、「掠奪とともに死体から生殖器を切除するという戦場儀式の
持ち主であった」 というような記述がありました。
この腕を切り取られたムーア人の像にも
きっとそうした恨みが込められているのでしょうね。

こんにちは
歴史的な出来事についてはよく理解できないのですが、
ヌオーヴァー門は立派な建造物ですね。
腕を切られた方をそのまま柱にしているのにはびっくりしました。
凱旋門ですから当然なのかもしれませんね。
ノルマン王宮はきっと有名なんでしょうね。
ピンクの花はトックリキワタの花に似ていますね。

コスモスさん
縁日沢山の人出ですね。
お店も沢山で、見て歩くだけでも楽しそうです。
近くに住んでいれば毎月でも出かけそうです。
お出かけの方は、ご年配の方が多いようですね。
きっと開催日を楽しみにお待ちなのでしょうね。
「嫁が帰ってこない!」「旦那が帰ってこない!」
「中年無休」は何か侘しいですね。
素晴らしい青空ですね。
お天気の良し悪しが人出にも影響することでしょうね。
御土居の紅葉は素敵でしょうが、600円はね。
お茶付と見学だけと2通りの料金が有ったらもっと
入園者が増えるのではと思います。
狩人は知っていますが、♪コスモス街道は初めてお聞きしました。
素敵な歌声ですね。

イタリアはお昼休みが長く、皆さん自宅に帰られて
ゆっくりお食事のようです。
ですから昼食時間帯も車の混雑が凄いです。
ヌオーヴァ門は排気ガスですすけていました。
マジョルカ焼きはとっても綺麗ですが、こちらも年月を
感じる色彩となっています。
古い歴史に戦は切り離せない事実ですが、
腕を切り取られたムーア人の姿は痛ましいですね。
いつも丁寧にご覧いただきありがとうございます。
応援もとても嬉しく励みになります。

こんばんは(*^。^*)
 すみれさん、私のどうでもよいようなブログを
優しく丁寧にご覧戴いてありがとうございます。

実は、先週の金曜日から木曜日まで
三人で町家の画廊で絵画展をしていました。
私の絵はイマイチなのですが
他の二人はとてもお上手て沢山の方にご覧戴きました。
 何となく忙しくて、ブログを作る時間的にも精神的にも余裕が無くて
適当に作っていた気がします。
ご覧戴く方に、特にコメントを戴く、今はお二人ですが、
申し訳ありませんでした。

 天神さんの縁日は植木も沢山出ていました。
お花を見ながら、ふと、すみれさんならきっと買い求められるだろうなあと思いました。
すみれさんは何時でも上手に買われますが
少しお高いように思いました。
皆さん、値段交渉がお上手ですが私は苦手で。

音楽も何時もお聴き戴いて、優しいコメントありがとうございます。
選曲は時として記事には無関係ですが、励みになります。

zooeyさん
旅先での観光は楽しい事ばかりでは有りませんね。
その歴史を辿れば必ず戦があり、多くの悲しみが有ります。
スペインは未知の国ですが、戦場儀式
そういう行いをするのは狂気で、
人間のすることでは有りませんね。
戦争と言うのはそうした事も許してしまう事なのでしょうか?
歴史に疎い私ですが、実際に目にして
少しでも学んで行くのも大切な事かと思います。

とんぼさん
お花の名前を教えて頂きありがとうございます。
シチリアを旅しているとあちこちに咲いてとっても綺麗です。
ヌオーヴァ門は今では汚れが目立ちますが、
とても立派な門です。凱旋門は聳えるように建っています。
腕を切られた像は歴史を知らなければ?ですね。
私も歴史には疎く、予備知識があればもっと見どころを
写してこれたのではと反省です。
ノルマン王宮は素晴らしいです。輝いていましたよ。

こんばんは ヽ(´▽`)/
とても立派な門ですね。戦の後の凱旋門、さすがに豪華です。
マジョルカ焼きがあるとは驚きました。マジョルカは訪れたことはありませんが、とても風光明媚なところのようですね。
地球の歴史は戦争の歴史と言っても過言ではないですね。今は平和な国でも、必ずや激しい戦争の歴史があったのですから!
お名前不明のお花、私も正体が知りたいです。

慕辺未行さん
凄く立派な凱旋門です。
マジョルカ焼きは綺麗ですね。今はすすけて見えますが、
創建当時は綺麗だったでしょうね。マジョルカの事は全く分かりません。
興味ありますね。後で検索してみたいと思います。
本当に地球上の歴史に数えきれないほどの戦が有りますね。
そのどれもが痛ましく、悲しみの上に歴史が作られ今日が有るのですね。
そして今も戦が・・・
お花は「トックリキワタ」ととんぼさんが教えてくださいました。
はっきりでは有りませんが、検索したら似てるようにも思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バコパとヒューケラ♪ | トップページ | 神戸花時計♪第1回神戸マラソン »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ