« 秋♪多肉植物は赤と緑の彩りです。 | トップページ | イタリアへの旅♪ セリヌンテ(その2) 海辺の素敵なレストラン »

イタリアへの旅♪ セリヌンテ(その1) セリヌンテ遺跡

          Photo_2

              セリヌンテ遺跡

 マルサーラから電車(7時30分発)乗り、カステルベトラ-ノ(8時20分着)へと

 来ました。 ここからバスに乗り変え遺跡へと行けるのですが、大きな

 スーツケースを持っていて荷物を持っての遺跡巡りは到底無理なことです。

 ホテルへ先に行くべきか?思案してバールで荷物を預かって頂けるか

 お聞きしたらOKでこちらにお願いして遺跡へと出かけました。

 遺跡へのバスは回数が少なくて、思案しているうちにバスは出て

 しまいタクシーで出かける事になりました。(タクシー代30ユーロ)  

176419   176423

 ←チケット(6ユーロ)売り場 お土産品も沢山です。

 →入って直ぐの光景です。 ワァ~凄い!広いなぁ~~と感動です。

 右端に見えるのがE神殿です。

 セリヌンテの遺跡はアクロポリス東の神殿群に分かれています。

 東の神殿群は完全に古代の町の外に位置しています。

 見学は入り口に近い東の神殿群からです。歩いて回るにはあまりに

 大き過ぎてカート(2時間12ユーロ)を利用しました。

176424

 E神殿   紀元前465年~紀元前450年の間に完成しました。

 この頃がセリヌンテの黄金時代だったそうです。

 この神殿がセリヌンテの中で一番修復が進んでいる神殿です。

 基壇は25..5×67.7m、正面6柱 側面14柱で祭神はゼウスの神妃ヘラです。

 この神殿は1957年~1958年にかけて元の石材を積み重ねて再建されました。

176427 176436_2 176450

 ドーリア様式で、正面が6本の周柱式神殿です。建物の大きさも

 拡大して頂くと、人との比較で想像出来るのではと思います。

 (真中の写真は左柱側、右の写真は柱の右側です)

176435     176449

←オピストドモス(聖像安置室の後部)  →プロナオス(前室)

176437 176444 176452

 東の神殿群にはE、F、Gと3つの神殿があります。

 最も古いのはF神殿ですが、殆どが崩落して見る影も有りません。

 ↑G神殿はもの凄く大きくて、正面8本側面17本柱の高さは約15m

 列柱回廊だけで2000人を収容できたと推測されています。凄いですね。

 今は大地震で崩落したままになっています。

176454

 遥か向こうにアクロポリスが見えます。

 東の神殿群とアクロポリスの間の谷は、今は土砂で草原になって

 いますが、古代には海が深く入り込んでいて港となっていたそうです。

 アクロポリス

 モディオーネ川とコットーネ溝の間、城壁に囲まれた台地がアクロポリスです。

176458

 現在の城壁は町の創建当時の物でなく、紀元前409年のカルタゴ襲撃

 の後に狭く作り直されたものだそうです。頑丈な城壁は、今でも階段状

 の形状がはっきり見えます。

176467_2    176471

176479_2 176480 176481

 南北に通っている大きな通りです。

 アクロポリスの幹道の1本で、東西にも路地が伸びています。

176460

 アクロポリスの上からの風景が素晴らしく、海が凄く綺麗でした。

176485

C神殿   こちらに現存している神殿の中では最古のものです。

 紀元前550年頃出来ました。 大地震で倒壊していた石材を使って

 工事が行われていました。 こちらには5つの神殿がありますが

、あとの神殿は基部が残っているだけです。

176475 176465 176493

  大きなカタツムリが沢山いました。

176494 夫々の神殿からの出土品は、パレルモの

 州立考古学博物館に展示されています。 

 こちらの遺跡は直接触れたり遺跡に上ったり

 といろいろ楽しめ、遠い遠い昔を思い描いたり

 と出来ます。 思い描くにも私の知識と想像力

 では無理かもですが・・・  少々暑くて大変でしたが、印象深い遺跡となりました。

 ↑こちらのカートで回りました。同乗の素敵な女性はとっても陽気で

  楽しい旅の思い出になりました。 
 

にほんブログ村 花ブログへご訪問ありがとうございます。
  up1クリックの応援がとても嬉しく励みにあります。
にほんブログ村

« 秋♪多肉植物は赤と緑の彩りです。 | トップページ | イタリアへの旅♪ セリヌンテ(その2) 海辺の素敵なレストラン »

イタリア」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんなところにもアクアポリスがあるのですね。
しかもこんな大きな…
驚きました。
バールでの荷物の交渉は、イタリア語でなさったのですか?
以前イタリアに行った時、ホテルや大きな店では英語が通じましたが
小さな店やバールでは通じなかったこともありましたので…

zooeyさん
凄く大きな遺跡でした。
崩落した神殿も多くありましたが、身近に触れて見れるのは
凄く学べる事も多く、興味深い遺跡でした、
遺跡が街中にある事は少なく、車での移動は良いですが
私たちのように車なしの個人旅行は交通の便が悪いところは困りますね。
言葉は娘が英語、イタリア語などが出来ます。
私も勉強しなければと思いますが、思うだけに終わっています。

こんにちは♪
壮大な遺跡にまずびっくりです。
紀元前450年の物がこうして残されてる事が驚きですね。
修復に力を入れ大切に守られてることがよくわかります。
カートで移動ですか、やはり写真で拝見する以上の広さなんでしょうね。
すみれさんの感動がこちらに伝わりそうです。
同じ旅行者との触れ合いも旅の楽しい想い出ですね。
自由で優雅な良い旅をされてます。
ツアーの慌ただしさとは大違いです。

↓オキザリスの黄色よく咲いてましね。
黄色は珍しいんでしょうね、出会いがありません。
お花屋さんで見てきます。ロバータ、ゴールドに出会いたいなぁheart02

コスモスさん
祖谷のかずら橋はツアーの募集を見るたびに
出かけて見たいと思っていました。
折角お撮りになられたお写真、どこに消えたのでしょうね。
お近くだったら撮りなおしも出来ますが、遠すぎますね。
かずら橋怖そうですね~  随分高いですね。
下が見えなくても怖そうです。良くお渡りになりましたね。
それでも出かけたらこちらの橋を渡った方が
思い出に残りそうですね。
「落合の集落」こちらも素敵な所のようですね。
古民家は今も生活されての佇まいでしょうね。
こちらにも立ち寄ってみたいです。
♪過ぎ去りし日々は思い出に浸れる調べですね。
辛い思い出も過ぎ去れば、心優しく美しく成れる?でもやはり・・・
いつも優しいコメントと応援をありがとうございます。

すみれさん
こんにちは(^_^)
今日はコーラスの後、お墓参り
そして昼食を済ませて久しぶりに町をぶらついてきました。
朝、何度かお訪ねしたのですが・・

 今、ずっと拝見しました。
お写真は全て拡大して拝見しましたが素晴らしくて言葉も無いくらい
ため息をつきながらです。

入ってすぐの光景、広いですね
見えるのは広い青空と地面?
私の貧しい知識では考えられません。
そしてセリヌンテの遺跡の凄さ素晴らしさに改めて感動しています。

 アクロポリス遺跡は学校で習いました。
東の神殿群は・・・?
 E神殿の素晴らしさは感動です。
実際にご覧になられたすみれさんはどんなにか
感動された事か・・・
羨ましいと思いながら拝見しています。
基壇だけでも信じられない位大きい。
元の石材を積み重ねて再建されたとのことですが
関わられた方たちのご苦労を思います。
ドーリア様式も学びましたが、
こうして実際に拝見して学んだことを再認識しています。
建物の大きさ、確かに傍らに立っておられる人が
とても小さく感じられます。
 
 そして、G神殿は列柱回廊だけで2000人を収容出来た・・
想像もつきませんね。
 大地震による崩落勿体ないと思いますが
修復には莫大たな費用がかかるのでしょうね。
 そして、アクロポリス
習っただけに親しみを感じます!(^^)!
 カルタゴ襲撃を浮けた後に狭く作り直されたとのことですが
階段状の形ははっきり見えますね。
 私には想像外の世界ですが
アクロポリスの上からの風景は素晴らしいです
海の色か空の色か解らない位
溶け込みそうな世界が広がっているように
私には見えます。
 C神殿は少し痛々しい気がします。
大地震の怖さをつくづく感じます。
 遺跡を見たり触れたりして遠い遠い時代を
思い描く素敵な経験をされましたね。
確かに印象深い遺跡だったと思います。
 愉しい旅を私もご一緒させて戴きました
そして、少しは学ばせて戴きましたlovelygood
 私はコメントはメモ帳に書いてコピー貼り付けしています。
今、↑のコメントに気付きました。
ありがとうございます。
 落合集落へは昔からの細い険しい道を
登ります。
それだけに古が今も生きて居ました。
写真は本当に残念です。
二度とは無理だと思います。
膝を痛めました(ー_ー)!!
かずら橋は渡って好かったと今は思います。
音楽もお聞き頂いてありがとうございます。

 どうぞ、読み捨てになさって下さいねgood

すみれさん    今晩は!
セリヌンテ遺跡はさすがに壮大で素晴らしさに感動しました。
ずいぶん古い神殿で保存していくのは大変なんでしょうね。
素晴らしいお写真にいつも見とれます。
個人旅行はお好きな場所をゆっくりとごらんになれていいですね。
お天気もよかったのでしょうね。
アクロポリスの青い空と海がとても綺麗です。
カートにのってひと回りも楽しいですね。
思い出が沢山できましたね。

のこのこさん
セリヌンテ遺跡はものすごく広いです。
徒歩では時間と頑張りが必要でしょうね。
紀元前の建物、地震にも遭い随分と風化していますが、
その当時の建設技術は如何なるものかと
考えさせられました。
崩落し、瓦礫とかした石材を触れ
これが再建されたらと考えても胸が高鳴ります。
その時ははるか先で見れないでしょうね。
同乗の女性達はもの凄く明るい方たちでした。

オキザリス、黄色も可愛いでしょう!
似たようなお花が多いですが、それでもすべて可愛いです。

コスモスさん
コーラスは心身ともに心和むひと時でしょうね。
コーラス、英語、絵等々私には出来ないお稽古?事が
コスモスさんの知性をますます輝かせるのではと思います。
お墓参り、ご両親、お義姉さんお喜びになった事でしょうね。

ブログへの丁寧なコメントは本当に申し訳なく思います。
私は文章が拙く、思うようなコメントもお届けできません。
指に負担がかかるのではと思います。
どうぞお気遣いございませんようにね。

セリヌンテ遺跡は広大で素晴らしく感動でした。
紀元前の建物を身近で見て建造技術の素晴らしさ感じ
出来た当時はさぞかし素晴らしい神殿であり
沢山の神殿の中での当時の生活を出来る事なら
見てみたいですね。

こんばんは
巨大な神殿ですね。
紀元前500年ほど前にこのような文明があったとは驚きです。
柱の太さも半端じゃないですね。どうやって築き上げたのでしょうか?
無数のカタツムリ、どうしたのでしょうか?
黄色い花はオジギソウに似ていますね。
サボテンもあったのですね。
教科書でしか見たことのない遺跡を詳しく見れてよかったです。
よい旅をしてこられましたね。

えつままさん
セリヌンテ遺跡は広大で素晴らしい遺跡でした。
地震などにも遭い崩落していますが、
再建された神殿を見てもその規模の大きさ
素晴らしさは感動でした。
紀元前の建物がこうして綺麗に残って
いるのは素晴らしいですね。
これからも再建されていくことを願っています。
個人での旅行は自由が利きますが、それでも移動は
不便で大変です、でもやはり楽しさは個人旅行かもしれませんね。

とんぼさん
現代でも大変な大きな神殿の建造を
紀元前の時代にどのようにして作り上げたのでしょうね。
柱一つにしても積み上げるも大変だったのではと思います。
大きなカタツムリが枯れそうな雑草に沢山くっついていました。
逞しく生きているのでしょうね。
谷間にはルリアザミが咲き乱れ、野ウサギが飛び跳ねているそうです。
少し時期が遅く、枯れたお花がドライフラワーのようで綺麗でした。

こんばんは ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
セリヌンテ遺跡、初めて聞きました。すごく広いところですね。それだけ大きな街が古代に存在していたということなのでしょうね。
今から2500年ほど昔に、このようなものが建てられたこと、スゴイですよね。パルテノン神殿は有名ですが、こちらの遺跡も素晴らしい (^o^)!
アクロポリス、遥か昔にどれほどの文明があったのか?と想像力をかきたてられます。きっと我々の想像をはるかに超えた、進んだ文明があったのだろうと思います。
ところで・・・一つだけ質問です。荷物を預けられた”バール”とは?どういう施設でしょうか?← すみません (^_^;; 勉強不足なもので・・・。

慕辺未行さん
セリヌンテ遺跡は広大な敷地に凄く大きな神殿です。
建設された時代を考えると、その素晴らしさに感動でした。
再建されているのはまだ僅かですが、崩落した石材を直に触れ、その大きさ素晴らしさを
体感できるのはこちらの遺跡ならではと思います。
如何のようにして建設されたのか興味津々でした。
アクロポリス、大きな町で想像以上の文明があり、素晴らしい生活が営まれていたのでしょうね。
バールはイタリアの街中至る所に沢山有りますカフェで、昼はカプチーノ、ジェラード、ドルチェなどなど
夜はお酒などが飲まれます。駅に併設しても良くあります。
観光中にトイレに困るときはバールに立ち寄りカプチーノを飲みトイレをお借りします。
旅先で荷物を預かって頂けるところはホテルは別として、皆無なのではと思います。
こちらのバールは珍しく、パスポートを預けましたが、荷物を無料で預かっていただけました。
後で分かった事ですが、インフォメーションを兼ねていたようです。
それでも預かって頂けたのは特別なのではと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋♪多肉植物は赤と緑の彩りです。 | トップページ | イタリアへの旅♪ セリヌンテ(その2) 海辺の素敵なレストラン »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ