« 挿し木のアブチロンが咲きました♪ | トップページ | イタリアへの旅♪ サント  ステファノ ディ  カマストラ(その2) 素晴らしい陶器に魅せられて・・・ »

イタリアへの旅♪ サント ステファノ ディ カマストラ(その1) 陶器の街へ

        Photo_4  

        サント  ステファノ ディ  カマストラ

 パレルモから電車で約1時間25分ほどで楽しみにしていました

 陶器の街、「サント ステファノ ディ カマストラ」へ到着です。

 シチリアで「陶器の街」と言えばカルタジローネが有名ですが、こちらも

 素晴らしい陶器の街です。 随分長い名前の街ですね。

 サント ステファノ ディ カマストラはメッシーナ県に属し、街は海沿いにあり

 ますが山に囲まれています。 標高約70mの丘の上にあります。

176849

 陶器の街らしく、駅はタイルで描かれた絵模様が素晴らしいです。

 さて街に着いたのは良いのですが、スーツケースを持っていて

 駅にバールはありますが、荷物を預かって頂けるような所はありません。

 目的地は丘の上です。バールの方にお聞きするとタクシーもバスも

 無く皆さん車での移動の様です。あ~困ったなぁ~~

 お聞きすると15分ぐらいで行けますよ~と、でも坂道を15分では

 到底無理だと思っていましたが、やはり・・・

 (写真はクリックで拡大します)

176844_2 176846 176847

  ←駅、ホーム側です。 ↑と→は待合室です。

176850

  覚悟を決めて、スーツケースを引っ張って出発です。

  お天気が良すぎて、暑くて・・・ 眼下に駅と素晴らしい海が見えます。

176924  176925

   道路沿いの石垣にも綺麗なタイルが飾られています。

176919_2

  眼下にシチリアの素晴らしい海を見ながらの登り坂で、あまりの美しさに

  佇み見惚れてしまいました。 一休みが多くなかなか上へ行けません。

176854

 街までやって来ました。小さな広場で一休みです。木はガジュマルの様でした。

176853

  高台の広場からは絶景が広がっています。素晴らしく綺麗です。

176855

  陶器のお店を探して街中を歩いていると、素敵な教会がありました。

176857_2

176858_3

176863_2

  ステンドグラスがとっても綺麗でした。

176860_3 176861

  この後、教会の前でお会いした男性に沢山の陶器店の所へ

  案内して頂きました。凄く親切でとっても嬉しく思いました。優しいですね。

  
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へご訪問ありがとうございます。
   upwardleft1クリックの応援がとても嬉しく励みになります。
にほんブログ村

« 挿し木のアブチロンが咲きました♪ | トップページ | イタリアへの旅♪ サント  ステファノ ディ  カマストラ(その2) 素晴らしい陶器に魅せられて・・・ »

イタリア」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます
すみれさん、朝から絵画教室へ行きます。
帰宅してから、ゆっくり拝見します。
 お返事は勿論不要になさってください。

すみれさん    おはようございます
お寒くなりましたね。
陶器の街は始めて知りました。
陶器で描かれて素晴らしい街なんでしょうね。
素敵な海を見ながらの散策は時間のたつのも忘れてしまうでしょう。
公園にはガジュマロの木が沢山ありますね
沖縄旅行で見かけましたが大きな木で日よけにはよいですね。
ステンドグラスは綺麗ですね。
教会の素晴らしさにはいつも感動します。
ありがとうございました。

挿し木のアブチロンが大きく育ちましたね。
お花も咲いてよかったですね。
ホワイトキングは大好きですが枯れてしまいました。
挿し木をしておけばよかったのですが・・・・・
出会いを待っています。

すみれさん
 こんにちは
カルダンローネ、2008年も改めて感動しながら
拝見しました。
 サント ステファノ ディ カマストラ
カタカナにが弱い私は覚えられませんが
素晴らしいことだけは解りました。
 
流石に陶器の街ですね。
 クリックして拝見しましたか、タイトルで描かれた模様は素敵ですね。
 
眼下の海にも見惚れています。
青い空と海の色、心が洗われるようです
ここは本当にタイルが素敵に飾られていて、歩いていても愉しいでょうね

この真っ青な海がシチリア・・・・
佇み見惚れて・・・のお気持ちよく解ります。
 広場には整然とした静けさが感じられます。
高台の広場から眼下を眺めています.
ため息をつきながら・・・
 陶器のお店を探していて見つけられた教会、何と素晴らしい
言葉も無く、唯見つめています。
ステンドグラスも上品で美しいですね
 
 拝見したサント ステファノ ディ カマストラは
勿論、教会の素晴らしさに感動していますlovelygood


コスモスさん
コスモスさんは京都でも特別素晴らしい所にお住まいの様に思います。
周りは歴史あるお寺が一杯ですね。
千本釈迦堂は四季を通して訪れても
心安らげるように感じます。
千本釈迦堂の事も勉強になりました。
真っ赤に色づいてとっても綺麗な紅葉ですね。
おかめさんのお顔は素敵な微笑みですね。
ずっと見つめていたいような・・・
その笑顔に癒されそうです。
布袋尊は遠慮気に佇んでおいでですね。
笑顔は素晴らしく幸せをもたらして頂けそうです。
銀杏の絨毯綺麗ですね。こうした光景は大好きです。
ご自宅から大文字と山々の紅葉も楽しめるのですね。
コスモスさんの環境は、最高ですね。
♪案山子は素敵な歌ですね。さだまさしさんの歌は
歌詞も素敵で、心和むものがあります。

この街の地名は長すぎますね。
陶器の街へのお出かけは凄く楽しいです。
これがツアーだったら重い荷物を持っての観光は
無いでしょうが、何しろ車なしの旅行で
途中での観光は大変でした。でもすごく印象に残りました。
海の素敵さに見惚れました。
教会は大小に関係なく厳かで素敵で
街の皆さんの祈りの場を深く感じました。

コスモスさん、コメントへのお気遣いご不用になさってくださいね。
私など気ままな時間のコメントとなっています。
いつも素敵なコメントと応援に勇気付けられています。
お心づかいありがとうございます。

えつままさん
日一日と寒さを感じますね。
陶器の街は見ているだけでも楽しいです。
壊れ物で無ければ沢山買いたいですね。
海がとっても綺麗でした。
街中はハイビスカスやブーゲンビリアも沢山ですが、
ガジュマロの大木が涼やかな木陰を作っていました。
ステンドグラスは綺麗ですね。
アブチロン良く咲いてくれます。
挿し木のお花は特別嬉しいですね。
ご覧いただきありがとうございます。

スーツケースを預かって貰えないと
困っちゃいますよね。
日本みたいに便利なコインロッカーもないし。
おまけにイタリアは石畳の道も多いし
しかも坂道となると…
それでも頑張って行かれただけのことは
ありましたね!

すみれさん
 今日は寒かったですね
戴きましたコメントのお返事です
拙いブログを丁寧に優しくご覧戴いて、とても嬉しいです。
 紅葉は明日で終わります。
何時まで紅葉か?と言われそうですね。
 千本釈迦堂は徒歩10分位です。
私の住んでいる上京区は神社仏閣、花街、町家など
歴史の有る地域です。
有り難いなあと思って暮らしています。
五山の送り火も綺麗に見えます。
 
 コメント訪問ですが、遅くなる時も有ります。
今朝、お伺いした時嬉しくて、どうしても一言書いてしまいました。
お気になさらないで下さいね。
 
 さだまさしさんの歌は本当に心が和みます
お人柄も有るかもしれませんね。

こんばんは
長い名前の街ですね。
寿限無ほどではないですが、
外国には時折長い名前の街がありますね。
陶器の街らしく、街のあちこちを陶器で飾ってあるのですね。
このような飾りのある街って心が落ち着きますね。
よい思い出をたくさん作ってこられましたね。

zooeyさん
イタリアの石畳は素敵ですが、
スーツケースを引っ張っての移動は歩きにくいものですね。
観光は車が有れば一番いいですね。
少々疲れましたが、素晴らしい街でした。
帰りは下り坂でルンルンでした。

とんぼさん
外国の地名は覚えにくく、特にこう長いと
全く覚えられません。
陶器を見て歩くのは楽しくて、大好きです。
皆さん観光バスか車でのお越しでした。
街の中の設備も素敵な陶器が一杯でした。

こんばんは (*゚▽゚)ノ
真っ青な海、とても素敵な教会、リゾートそのもの!という印象を受けたのですが、スーツケースを引っ張って坂道を登り・・・、だったのですね。
大変な思いをした分、感動も大きかったのではないでしょうか?!
それにしても、バスもタクシーもない街、すごい穴場の名所だったのではないでしょうか (゚o゚)!

↓記事、アブチロンの花、可愛らしく咲いていますネ。そういえば階下の庭にスイングベルが咲いていたけど、まだ咲いているかナァ?

慕辺未行さん
ツアー旅行は重たい荷物を持っての観光はあり得ませんね。
個人旅行は自由が利き魅力的ですが
次の宿泊地までの観光は荷物を持っての観光に成ったりします。
以前にも経験あります。
海が凄く綺麗で、坂道は大変でしたが、眺めは最高でした。
思い出深い旅先となりました。
アブチロンは花期間が長いですね。可愛くて大好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 挿し木のアブチロンが咲きました♪ | トップページ | イタリアへの旅♪ サント  ステファノ ディ  カマストラ(その2) 素晴らしい陶器に魅せられて・・・ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ