« イタリアへの旅♪ パレルモ(その6) ノルマン王宮 | トップページ | 挿し木のアブチロンが咲きました♪ »

イタリアへの旅♪ パレルモ(その7) パレルモ駅で・・・

            Photo_2

                 パレルモ駅

176827

  パレルモ到着時はホテルまでタクシーに乗車しましたが、次の旅先に

  移動する時は、駅まで徒歩で出かけました。  大きな駅です。

  パレルモ駅からはチェファルーやメッシーナ方面向けて沢山の電車が

  出ています。  写真、左下の白いものは運悪くトラックが通過しました。

  列車時刻までは時間があり、構内をブラブラです。

176825  176826

  ←駅前の建物  素敵でパチリです。

 →駅には沢山の観光バスや路線バスが一杯でした。2両繋がった大きなバスです。

176830

  駅構内窓口の向かい側に、自動発券機があります。

  イタリア語の他に英語表示も有り、行先、時間、座席の等級などを

  タッチ画面で選んで切符が買えます。

  切符は乗車前に刻印機でバシッと刻印しないと、電車の中でチェック

  の人が回ってきた場合罰金を取られます。

176831

 駅構内に教会がありました。出勤前のお祈りでしょうか?

 日本でも駅に信仰の場があるのか私は分かりませんが、珍しく感じました。

176834

  有料トイレ   教会の後にトイレの写真も変ですが、お許しを・・・

  旅行中有料トイレを利用したのは何度かあります。

  こちらはパレルモ駅のトイレで、使用料0,8ユーロでした。

176835

  さすがに有料だけあって中は綺麗で清潔です。

176836 176842

 発車の時刻になり、電車へ乗り込みます。中は混雑もなく綺麗な電車でした。

 これからサンステファノディカマストラ(陶器の街)へ向かいます。
 

にほんブログ村 花ブログへご訪問ありがとうございます。
  up1クリックの応援がとても嬉しく励みになります。
にほんブログ村

« イタリアへの旅♪ パレルモ(その6) ノルマン王宮 | トップページ | 挿し木のアブチロンが咲きました♪ »

イタリア」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すみれさん
  先ほどお伺いしてコメント書かせて戴いたのに
無い(ー_ー)!!
多分、確認してから送信わ押さなかったのですね
これから出かけますので
帰宅後伺います。

コスモスさん
日向大神宮の紅葉、本当に綺麗ですね~
秋の紅葉を心行くまでお楽しみになり、良いなぁ~と
羨ましく思っています。
お写真の構図はプロですね。
お手本にしなければと思いますが、
なかなかそう簡単には身に付きません。
石段?からの素晴らしい紅葉を取り入れての全貌お写真
そして建物を取り入れる事で紅葉との対比が
更に美しく感じるお写真です。
最後のお写真、一際綺麗に染まっていますね。
素晴らしい紅葉を貸切でご覧になりましたね。
私も♪ビューティフル・サンデーの気持ちで
拝見させて頂きました。
いつも素敵なコメントと応援をありがとうございます。
とても嬉しく思います。
コメントのお気遣いありがとうございます。
もう心には届いていますので、どうぞお気遣いございませんように

すみれさん
 戻って参りました。
今日は友達の誕生日で兄も一緒だったのです。
朝から頭がぼっとして変だったのですが゛指摘されました。
頭が回らなくて・・・(';')
こんな事が増えるのかと思うと心細くなります。

 拙いコメントですが書かせて下さいね。
バレルモ駅は駅とは到底、駅とは思えませんね。
大きくて立派で、改めて拝見しても、佇まいに重みを感じます。
折角の写真もトラックが・・・は残念ですが
仕方が有りませんね。
私もうわ~っと思うことが有ります。
 駅前の建物も、すみれさんが撮られたお気持ち解ります。
素敵です。
そして2両繋がったバスは初めて見ました
立派ですね。

 切符に対しては日本はルーズですね。
駅の構内に教会が有るのは珍しい光景です。
私も初めて見ました。
信仰の深さを思います。
 有料トイレですがこんなに清潔感が溢れているトイレなら
決して高くは有りませんね。
素晴らしい列車に乗って
さあ、出発good
陶器の街を愉しみにしています。
 お返事は不要になさって下さいね。

戴きましたコメントのお返事です
 丁寧に優しくご覧戴いてありがとうございます。
コメント嬉しく拝見しました。
紅葉の日向大神宮へは初めて訪れましたが
感動しました。
有名所へ出かけなくても鄙びた神社やお寺でも
ヒッソリ咲く花や紅葉が有ることを
改めて実感しました。
全貌の写真は石段から撮っています。

 音楽も優しくお聴きいただいて嬉しいです(#^.^#)

すみれさん、こんにちは~♪
イタリアはどこを歩いても芸術作品のようですね。
パレルモ駅も歴史が感じられ素晴らしいですが、
駅構内はとても近代的で綺麗ですね。
教会には驚きましたが、さすが宗教心の強いお国柄ですね。

ノルマン王宮の素晴らしさは言うまでもありませんが、
歴史の勉強にもなりました。
ローマ帝国がゲルマン民族に滅ぼされたことは
世界史を学んでいたので、記憶がありますが、
ノルマン人の侵攻と言うとイギリスぐらいしか
思い出せませんでした。これを機に少し歴史の
勉強をし直したいと思います。

こんばんは
地名を聞いてもよくわからないのですが、
パレルモは交通の要所・中心地のようですね。
景色を撮っているときに思いがけずに何かが
一緒に映ってしまうことがありますね。
やむを得ないですね。
2両つながったバスでが走れるような道路なんですね。
駅構内に教会ですか?日本では考えられないですね。
もっとも日本では改札口の中に喫茶店などがありますが。
有料トイレは外国では珍しくないそうですね。
日本では無料が当たり前のようになっていますね。

へえ、教会があるのですね。面白いですね。トイレもきれいですね!電車もゆったりとしているし
素敵な旅ですね!どこに行かれたのでしょう。続きが楽しみです!P!

イタリアでは公衆トイレが少ないし、
結構綺麗なバールやレストランでも
トイレはよく便座が壊れていたりするので
有料でも綺麗なトイレはありがたいですよね。
私が行った5年ほど前、ローマのサンタンジェロ城のトイレの便座は
全部壊れていました。
本当に海外に行くと
日本のトイレ事情がありがたいと思います。

hiroさん
日本人の私が見たらイタリアはお洒落で
古い歴史を感じる建物も多く、
昔のパラッツオなどに現在も住み、
又それに手を加えてホテルとなっている
所が沢山あります。
駅は広く、教会があるのには驚きました。
信仰心は強く、街中に沢山ある教会の前を通る
時は必ずお祈りをして通られています。

hiroさんは歴史に強く、よくご存知ですね。
私は全く駄目で、こうして実際に
見聞きしての歴史は興味もわき、もっと勉強すれば
楽しいのではと思います。

こんばんは (^o^)/

まず↓記事のコメントです。
ス・スゴイ (゚o゚)オォッ!派手派手!豪華過ぎ!
これまで紹介していただいた教会や大聖堂を拝見して、イタリアというお国柄にしては何となく質素な印象を受けたのですが、こちらの礼拝堂は眩いばかりです ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙!
ずっと見上げたままで、首が疲れそう・・・(^_^;;!
目も口も開いたまま、ただひたすら驚きと感動で魅入ってしまいそうです。

ヨーロッパの大きな街の鉄道駅って、とても歴史ある駅舎が多いようですね。2両繋がったバスや自動発券機、そして切符への刻印・・・、ドイツも同じだったような記憶です。
有料トイレは、我々日本人の感覚からすると、とてももったいない気がするのですが、向こうはそれが当り前ですからネェ (-_-)ウーン!0.8ユーロならまだいいかな?!もっと高いところ、ありますよね。
列車のシート、ちょっと変わってますね。デザインがとても未来的ですね。

とんぼさん
パレルモはシチリア州最大の都市です。
写真を撮っていて、車はまぁ~仕方がありませんが
知らない方のお顔が大きく入るとアップ出来にくく困ります。
2両繋がったバスは凄く大きいです。
きっと大きな道路を走るのでしょうね。乗りましたがワンマンカーです。
構内の喫茶店はイタリアにもあります。
日本ではトイレはあちこちにありますが、イタリアはトイレは
喫茶店に入り、飲み物を飲みそしてトイレをお借りします。
お食事の時のお水も有料です。日本は良いですね。

まつんこさん
駅構内に教会があるのは珍しく見てきました。
早い時間でしたが、皆さん熱心にお祈りされていました。
有料トイレは綺麗です。街中にトイレは無くて
日本のありがたさを感じました。
次は楽しみにしていました陶器の街に行きます。

zooeyさん
イタリアでのトイレは本当に困ります。
バールでお借りは出来ますが、ペーパーなしとかも有ります。
遺跡のトイレで無料と書いてあるのに、入り口に
人がいて皆さんコインを出されていました。
ローマのサンタンジェロ城と言えば世界中からの観光客が
おいでだと思いますが、そこがそうだと
酷すぎますね。分かっていても修理しないのかも・・・
日本は本当にありがたいです。

慕辺未行さん
礼拝堂、ピカピカ輝いていました。
全面煌びやかなモザイクで、その素晴らしさに興奮と感動です。
見上げるすべてが素晴らしく沢山沢山お写真撮りました。
ノルマン王宮の礼拝所、その当時の権力、富の豊かさを感じます。
古い歴史あるものは完全な形で残されているのが少ないのですが
こちらは殆ど当時のままで、首が痛くなるほど見上げ心に留めてきました。

鉄道で移動して見ると、日本との違いに戸惑うことも有ります。
ホームへは外部から簡単に入れるし、時刻、ホームなどの案内掲示板は
あっても日本みたいに放送はありませんね、
車内放送も同様で、下車駅は注意しておかなければいけません。
周りの方にお聞きすると、親切に教えては頂けますが・・・
電車、結構きれいで快適でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イタリアへの旅♪ パレルモ(その6) ノルマン王宮 | トップページ | 挿し木のアブチロンが咲きました♪ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ