« イタリアへの旅♪ パレルモ(その7) パレルモ駅で・・・ | トップページ | イタリアへの旅♪ サント ステファノ ディ カマストラ(その1) 陶器の街へ »

挿し木のアブチロンが咲きました♪

    挿し木大好きな私です。

    挿し木したアブチロンに可愛いお花が咲きました。

222842

  詳しい名前は分かりませんが、親株も元気で咲いています。

222840

  葉模様も素敵で、お気に入りです。

  2本挿し木をしていますが、もう一方(多分ホワイトキング?)の挿し木

  にはまだお花はありません。

222982

  アブチロン  ホワイトキング   いつも真っ白で咲いていますが

  今、ピンクがほんのりです。 寒さのためでしょうか?

  今までのホワイトキングは、いつも白でした。

222864

  他のアブチロンはこのチロリアンランプと黄色のスウィングベルが

  元気に咲いています。

178794

  ミリオンスター     ベンケイソウ科   原産地  マダガスカル

  星のような可愛い小花を長い間沢山咲かせます。と書いてあります。

  丈夫で育て易いそうですが、確か春?に2鉢買い求め育てていますが

  育て方が悪くお花はあまり咲きませんでした。

  現在蕾がついていますが、綺麗に咲いてくれたらアップさせて頂きたいと

  思います。  花色に惹かれて、又も買い求めて来ました。

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村 ご訪問ありがとうございます。
   up1クリックの応援がとても嬉しく励みになります。

« イタリアへの旅♪ パレルモ(その7) パレルモ駅で・・・ | トップページ | イタリアへの旅♪ サント ステファノ ディ カマストラ(その1) 陶器の街へ »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

すみれさん
 おはようございます(^・^)
うわ~~っ俯き加減が可憐で、可愛いお花ですね
すみれさんのアブロチン大好きが表れています
仄々優しい花色に癒されます。
挿し木のお花は嬉しくて、殊更愛しいことと思います。
親株も元気で好かったです。
葉模様も素敵ですね。
私が葉模様に興味を持つようになったのは
すみれさんのブログにお邪魔してからです。
前にも申し上げましたね
 ホワイトキングは薄いピンクに染まってますね
確かに11月下旬の寒さが続きましたね。
その影響でしょうか?
もしかしたらお花は悲しんでいるのかも(ー_ー)!!

 チロリアンランプは何時拝見しても
嬉しくなりますね
 ミリオンスターは私も持っていますが
今は室内で可愛い花を咲かせています。
でもすみれさんの方が花数が多いと思います
蕾も沢山ついていますね
ご紹介愉しみにしています!(^^)!
 
今朝は仄々優しいピンクのお花達にlovelygood

すみれさん、おはようございます♪
アブチロンも挿し木で育てられるのですね。
今年挿したものに、お花が咲いたのですか?
赤、白のお花が可愛いですね。
斑入り葉のアブチロンは素敵ですね。
初めて拝見しました。
チロリアンランプも可愛いですね。
これも挿し木で育てられるのでしょうね。
御近所に咲いているので、来年一枝いただいて
挿してみようかしら。。。
ミリオンスターは優しい花色で素敵ですね。
ベンケイソウ科のお花なのでカランコエによく似ていますね。

ミリオンスター、本当にカランコエによく似ていますね。
カランコエは我家にもあります。
性質も似ているとしたら
これこそ挿し木でつきますよ。
手抜き気まぐれガーデナーの私でさえ、成功したくらいですから(^^;

コスモスさん
京都御苑は入って直ぐの一部分だけしか見ていない私です。
素晴らしいご紹介に次回の楽しみが増えました。
緑の木々の中の赤い紅葉が一段と映えますね。
素晴らしい構図で、素敵な散策路の静寂と彩で
ベンチが置かれているのも嬉しい配慮です。
2.3枚目のお写真は京都御苑の紅葉が見て取れます。
綺麗な紅葉を素敵にお撮りになりましたね。
紅葉の絨毯も素敵です。
太陽の力は大きいのですね。お日様お顔を
見せてくれて良かったですね。
♪いちご白書をもう一度 映像を見ていますが、
この頃の歌なのですね。いつまでも歌い
継がれていく素敵な歌でしょうね。

アブチロンは俯き加減に可憐に咲いています。
お写真撮るのに大変で、覗き込んで変な格好で撮っています。
挿し木が根付きお花を咲かせるのはとっても嬉しいです。
この感動(大げさ?)を味わいたくて楽しんでいます。
ミリオンスターは可愛いですね。とっても愛らしく
つい買い求めてしまいます。
もう室内なのですね。私も入れなければと思います。
今日も素敵なコメントと応援をありがとうございます。
とても嬉しく励みになります。

hiro さん
アブチロンの挿し木は案外根付き
やすいのではと思います。
オレンジのアブチロンの挿し木は
昨年だったように思います。
斑入りの葉も素敵でしょう!
チロリアンランプも簡単に挿し木が出来ると思います。
年中お外で元気に咲いて、とっても可愛いです。
ミリオンスターはカランコエと思います。
葉も同じで肉厚です。
挿し芽も楽しめるのでしょうね。

zooeyさん
ミリオンスターはカランコエの一種だと思います。
お花も葉っぱも良く似ています。
でもよく見かけるカランコエよりお花が小さく
花色も素敵なように感じます。
カランコエ、挿し芽が楽しめますね。
以前沢山育てていましたが、冬場も外に置いたままで
枯らしてしまいました。

可愛い!!!葉模様もいいですね。
挿し木で素敵に咲きましたね。
ホワイトキングもなんとも奥ゆかしい優しいお花。
ほんのりピンクは自然の成せる技、素晴らしいですね。
チロリアンランプはよく見かける定番ですが
それすら枯らしてしまって、頂いた友人に平謝りです。
また、育て直しします。
すみれさんはお上手ですね。
ミリオンスター、家にあるのとよく似てます。
カランコエですよね。
今見てきましたら色もよく似てました(にこにこ)


のこのこさん
挿し木のお花が咲くのは特別嬉しいですね。
オレンジと白いオキザリスは大きなお花で可愛いです。
チロリアンランプは長く伸びて気ままに育っています。
可愛くて大好きです。
暖かくなったらもう一度挿し木いかがでしょうか?
ミリオンスターはカランコエですね。
良く見かけるカランコエよりちょっと上品で可愛いです。
こちらも挿し木を思いますが、思うように育ちません。

こんにちは(^_^)
 戴きましたコメントのお返事です
今日も優しい目でご覧戴きまして、ありがとうございます
 写真の構図は決して上手では無くて、
トリミングの時に「ああでもない、こうでもない」と悩んでいます。 
 京都御苑をゆっくり歩くのは、時間に余裕の有る地元の好さでしょうね
多分観光の方は沢山の場所へ行かれますから無理かも知れませんね。
 太陽の力はあらゆる生物にとって大切なのですね。
最近、紅葉を撮っていて当たり前のことに気付くことが多いです。
 
 子供の頃、父が毎朝太陽に向かって両手を併せていたのを
思い出します。

♪いちご白書が歌われた頃の学生さんたちは今に比べて
純粋だったのかも知れませんね。
 

こんばんは
挿し木したものが元気に花を咲かせてくれると嬉しいですね。
アブチロンは寒さに強いのでしょうか?
1枚目のアブチロンは、小生の図鑑に載っている花によく似ています。
ご参考までに名前は「アブチロン・ストリアツム‘トンプソン’(キフアブチロン)」
となっています。葉っぱの状況が図鑑とは違うので別物かもしれませんが…
ホワイトキングがピンクになってきたのは、酔芙蓉のようなものでしょうか。
チロリアンランプは近所でもまだ咲いているのを見ます。
やはり寒さに強いのでしょうね。
ミリオンスターは星をちりばめたようにたくさんの花が咲くという名前ですね。
楽しみですね。

アブチロン♪可愛いです!私が育てていたものは切り戻し過ぎたのか枯れてしまいました・・・残念。。。
またいつか育てる機会があればいいな~。花弁がとっても好きです♪P!

とんぼさん
教えて頂きありがとうございます。
一度見てみたいと思います。
アブチロンは寒さには、そう強いとは思いませんが、
我が家は外で冬越ししています。
チロリアンランプは強いように思います。
ホワイトキングは初めてピンクに染まりました。
酔芙蓉は夕方にピンクに染まるのでは?我が家のアブチロンは
1日中同じ色模様です。真っ白もピンクに染まっても可愛いです。
ミリオンスターは素敵な名前の通りのお花です。
小さなお花が沢山咲いてとっても綺麗です。

まつんこさん
アブチロンの選定は難しいのですね。
我が家も長く伸びて、選定しなければと思いますが、
蕾が見えていると可愛そうでカットできません。
アブチロンはどのお花も可愛くて大好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イタリアへの旅♪ パレルモ(その7) パレルモ駅で・・・ | トップページ | イタリアへの旅♪ サント ステファノ ディ カマストラ(その1) 陶器の街へ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ