« イタリアへの旅♪ ランダッツォで中世の町を散策 | トップページ | イタリアへの旅♪ カターニア(その2) ドゥオーモ(サンタ・アガタ大聖堂) »

イタリアへの旅♪ カターニア(その1) 素敵なB&B

                Photo
         ビーアンドビー ジェム ディ ルーゼ

 ランダッツォを散策し、再びエトナ山周遊鉄道に乗りカターニアへ

 カターニアに着き地下鉄へ乗り継ぎホテルへと向かいました。

 駅前にはタクシーは見当たらず、仕方なく徒歩にてお宿へと向かいます。  

 石畳の上をガラガラとスーツケースを引っ張って付いて行きます。

 方向音痴の私では地図を見ても絶対にたどり着きませんが・・・

177416

 着きました! B&Bはドゥーモにも近い便利な所にあり、大きな建物の2階で

 清潔でとっても素敵な所でした。今回はこちらに2泊です。

177419

  お部屋は素敵なインテリアで、真っ白なベット、お洒落な家具、

  シャンデリア、洗面台等々にお宿の拘りを感じます。

177423 177422

素敵なお洋服を入れなくては・・・ でも持参した服は似つかわしく無いものでした。

151707 177421

 シャンデリアが灯る、バスルームは広くて快適です。

 でも、お風呂は日本のお風呂が一番良いですね。

177426_2

177535

  美味しいカプチーノを頂きました。

151828_3

301824_2 

 大きなホテルも素敵ですが、

 清潔で綺麗でアットホームな感じの

 B&Bも良いですね。 荷物を置き、

 すぐに観光へと出かけました。カターニアは

 素敵な街で、大勢の観光客で賑わっています。

  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へご訪問ありがとうございます。
     upこちらへポチッとして頂けると凄く嬉しく励みになります。
にほんブログ村

« イタリアへの旅♪ ランダッツォで中世の町を散策 | トップページ | イタリアへの旅♪ カターニア(その2) ドゥオーモ(サンタ・アガタ大聖堂) »

イタリア」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すみれさん
 おはようございます(^・^)
今朝は冷え込んでいます
今、7時26分ですが、外気温は氷点下との事です。
 綺麗な青空の元、素晴らしいサンタ・マリア大聖堂などを改めて感動しながら
そしてクスクス>方向音痴の私では地図を見ても絶対にたどり着きませんが・・・<
私と一緒ですねヽ(^。^)ノ
 まるで御殿のような素晴らしいホテルですね。
羨ましいなあ
イタリアのホテル(すみれさんが宿泊された)は、どこも清潔感が有りますね
そしてこちらは素敵なインテリアにお洒落な家具
そう言えば、以前に京都駅前のデパート(今は有りませんが)
でイタリアの家具やインテリア専門のお店が有りました。
思い出しています
お値段も・・・でしたが、そこで家具やインテリアを眺めているだけで、
幸せな気分になれたものです
そして当時は勤め人をしていましたから
傘立てや花瓶、コーヒーカップ、可愛い置物、陶器の時計など買っていました
今もそれらを使っています。
話が脱線してごめんなさい。
 バスルームにシャンデリア(@_@)
何と贅沢な空間でしょう
お風呂は日本のが・・はよく言われますね。
私には夢のようなホテルでずが
このような素敵なところで優雅に戴かれた
カプチーノ、何とお洒落な時間を愉しまれた事でしょう
私には唯、唯羨ましい世界です。
 今朝は勿論優雅なホテルに2泊もされたすみれさんにlovelygood

すみれさん、こんにちは~♪
B&Bには一度も泊まったことがないので
興味深く拝見しました。
ロケーションも良く、お部屋も清潔で素敵ですね。
インテリアも豪華でイタリアらしいですね。
私もこんなところに一度泊まってみたいです。
朝食は棚に置かれている食べ物なら
おかわり自由ですか?

コスモスさん
書初め展、素晴らしい書初めが展示されていますね。
書初めの様子も拝見させて頂きました。
幼年のグループ、同じ○と一でも夫々に個性がありますね。
ご両親付きっ切りで書かれたのでしょうね。
6歳でこれだけ素晴らしく書かれるのですね。
ひらがな文字は良いですね。
3年生、力強く穢れない子供の心が
字に現れていますね。
見ていて清々しい気持ちになります。
6年生となるとさすがと感じます。字画も多く
それを素晴らしく書きこなされていますね。
高校生は素晴らしいです。
年賀状も毛筆でかもしれませんね。
中学までお習字は習ってはいましたが、上手にはかけません。
字が綺麗な方を羨ましく思います。
蝋梅、素敵にお撮りに成りましたね。とっても上品で綺麗です。
坂本九さんとお聞きすると、この曲と飛行機事故と
素敵な笑顔を思い描きます。世界中の愛唱歌でしょうか?

寒さが厳しいですね。
関東の方は雪が降ったとか・・・
私の方向音痴は国内でもそうで、海外など分かる
はずがないと開き直っています。
ホテル選びも娘任せですが、すべてのホテルが
素敵で大満足な旅でした。
こちらのB&Bも清潔で、とってもお洒落です。
オーナーがお若いからインテリアも素敵ですね。
トイレも普段が狭い空間での毎日で、広いと
かえって落ち着かないものですね。
旅日記何度もご覧いただきありがとうございます。
応援は頑張って~のメッセージの様で励みになります。

なんと、素敵なインテリアでしょう!
うっとり魅入ってます。
B&Bは温かみがあって好きです。
でもここはまるで一流ホテルのようです。
2泊もされてさぞのんびり楽しまれたことでしょうね(^^♪

hiroさん
豪華な5☆、4☆のホテルも勿論素敵ですが、
個人旅行でB&Bを利用される方は多く、
清潔でとっても素敵なお宿が多いです。
それに対応がアットホームで、
駅までの送迎もして下さる所が多いです。
朝食に用意されたものは、
食べれるだけ頂けます。
パンとケーキが美味しくて沢山頂きました。
飲み物も好みに応じて作っていただけます。
海外の旅行者の方は
朝食をあまり召し上がりませんね。
私など豪華に出ていると、美味しくて沢山頂いてきます。

のこのこさん
綺麗なB&Bでしょう!
部屋毎にインテリアが違い、パープル系のお部屋など
ゴージャスで見た途端に凄い!と・・・
まだ新しいようで、とっても素敵で
女性好みのお部屋でした。
観光に便利なのが良いですね。

こんにちは
B&Bがどういうものなのか、小生にはわかりにくいのですが、
旅先の宿が素敵だと気持ちいいですね。
シャンデリアのある風呂ですか、入ってみたいです。
家具も素敵なものが置いてありますね。
ベッドが大きいですね。
二日もお泊りになったのですね。

すみれさん
 戴きましたコメントのお返事です 
今日も丁寧にご覧戴いて、優しいコメント嬉しく拝見しています。
 今日は久しぶりに”撮り鉄”さんを愉しんで来ました。
京都駅の新幹線ホームです。
 先ほどから小雪が舞っていて、ベランダの花は可哀そうに寒そうです。
 
 今、英語を小学生以下で始められる家庭が多いと
聞いていますが書初めを拝見して
その前に日本語を正しく書くことでは?と思いました。
お習字は子供の頃から初めると正しい日本語が
書けるように、話せるようになるかも知れませんね
すみれさんは中学生まで習っておられたのですね
だから言葉遣いが正しくて綺麗なのでしょうね
納得しています。
 蠟梅を撮るのは難しいですね
すみれさんは以前に、多分ご自宅の蠟梅を撮られていましたね
お花の雰囲気を見事に表現されていたのを思い出しています。
 坂本九さんの上を”向いて歩こう”は世界中で愛されていますね
特にアメリカでは”スキヤキ”として。
 旅日記、毎回愉しみに拝見しています。
繰り返し拝見してもいつも新鮮ですよヽ(^。^)ノ

わ♪素敵なホテル♪♪優雅です!!そして本場のカプチーノ!美味しいだろうな~。。。
なんだかカプチーノが無性に飲みたくなりました。。。
私がいつも飲むインスタントのカプチーノでも飲んでみようかな。。。
P!

私が海外で泊ったB&Bは
一戸建ての、日本のペンションのようなところばかりでした。
その分とてもアットホームな感じでしたが
このように大きなビルの2階というB&Bもあるのですね。
しかしこの綺麗な透き通った椅子、
力士のような体格の立派な人が座ったらちょっと怖いですねw

とんぼさん
私も詳しくは分かりませんが、
B&Bとはベッドとブレックファーストの事で
宿泊と朝食を提供してくれる宿泊施設です。
今回他にも宿泊しましたが、すべてに綺麗で素敵でした。
ベットは大きくてゆったりでした。
調度品はお洒落で女性好みの物でした。

こんばんは (◎´∀`)ノ
最近、皆様のブログで『日本に居ながらにして、色んな国を旅させていただいる』慕辺未行です (^_^;;!
今夜のイタリア・カターニアのB&B、インテリアが「おっしゃれぇ~ (゚o゚)スゲェ!」ですね。
バスルームにはシャンデリア (゚m゚*)?!
こんなところに泊まったら、王侯気分に浸れそうです (^_^)!
レストランの朝食でしょうか?本場のカプチーノはとても美味しかったでしょうね (・_・)イイナァ!
パンも美味しそうですが、使われている食器類がまた素敵ですね。
さすがイタリア、本当に素敵なB&Bです。

まつんこさん
B&B、とっても素敵なお宿でした。
旅行中、朝は殆どカプチーノです。美味しいですね。
美味しいパンも沢山でした。
ゆったりとコーヒータイムは寛げて素敵ですね。

zooeyさん
イタリアでは大きなパラッツォの一つの階を
改装してB&Bにされているのが有ります。
以前も宿泊しましたが、オーナーは別にお住まいです。
今回は一戸建てやペンションみたいな所にも
宿泊しました。全てにアットホームで素敵でした。
そういわれて見れば、椅子はお洒落ですが
力士みたいな方は無理でしょうね。

慕辺未行さん
私も慕辺未行さんへ立ち寄りバンコクの旅を楽しんできました。
初めての旅先にお連れが居られたのは心強いですね。
タクシーは乗る前に料金は交渉しますが、
でも途中で値上げを行ってきますね。頑として
譲らなかったのはご立派です。
ドリアンはベトナムで頂きましたが、美味しいとは思いませんでした。

B&Bは清潔でとってもお洒落です。
男性より女性の方が喜びそうなインテリアでした。
朝食もこれだけ揃えてあれば満足ですね。
パンとケーキにカプチーノ、とっても美味しく頂きました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イタリアへの旅♪ ランダッツォで中世の町を散策 | トップページ | イタリアへの旅♪ カターニア(その2) ドゥオーモ(サンタ・アガタ大聖堂) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ