« イタリアへの旅♪ カターニア(その2) ドゥオーモ(サンタ・アガタ大聖堂) | トップページ | イタリアへの旅♪ カターニア(その4) ビスカリ宮殿と素敵なカフェ »

イタリアへの旅♪ カターニア(その3) 象さんの街

        Photo_4

 カターニアの街中では、あちこちに「象」を見かけます。

 「象」はカターニアのシンボルです。 (写真はクリックで拡大します)

151837_2

 ドゥオーモ広場に、街のシンボル象の噴水があります。

 高さ3.66mで、赤色花崗岩で出来ています。

 象の上にオベリスク(古代エジプト期に製作され、神殿などに立てられた

 記念碑の一種)が載っています。

 オベリスクの頭頂部には椰子(しゅろ)とオリーブの葉で取り囲まれた球に

 「MSSHDEPL」と書かれ、その上に十字があります。 

 象はローマ時代の溶岩を使い、オベリスクはエジプトから運ばれました。 

177548

どうしてシンボルが「象」なのか?いろいろ伝説は有るようですが・・・

大昔ここに小象が住んでいて獰猛な動物を追い払うことで、カターニアの

住民を守ったという伝説

又、メソポタミア文明が栄えた頃、バビロン付近にあったピロという国の王は 

シチリア島を制圧するために自ら軍隊を率いてカターニアに攻め込んできました。 

カターニアを滅ぼし自分の国の住民を住まわせるつもりだったそうです。

当時カターニアにはエリオドーロという魔法使いがいました。

彼はピロの王がアフリカゾウを神聖なるものと崇拝している事を知っていたので、 

攻め込んでも象がいれば、きっと殺さないだろうと考えました。

そこで魔法使いエリオロードはカターニアの市民全てを象に変えてしまいました。

エリオドーロの魔法のおかげで、カターニアはピロの攻撃を免れました。 

カターニアの市民たちは彼の功績を称えるために,象を市のシンボル

にしたとの伝説・・・

151808 177515

  1736年ジョヴァン・バッティスタ・ヴァッカリーニがこの像を作りました。

 南と北の両側から噴き出る水はカターニアの2つの川(シメト川、アメン川)を

 再現していたそうですが、その後何度か作り変えられ1998年に現在の様な

 3段の石段に変えられています。この石段では、大勢の方が寛いでおられます。

 写真は夜間の象の噴水です。

177478

 13世紀以来、象はカターニアのシンボルとされており、市の紋章

 大学の微章、地元のサッカーチーム「カルチョ・カターニア」のマーク

 にも使用されています。

 こちらは市庁舎ですが、窓の周りは小さな象のレリーフがあり、

 「象の宮殿」と呼ばれ親しまれています。

177479 177480

177550

151839

177543_2

 こちらは大勢の観光客が行きかう通りですが、象さんがいます。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へご訪問ありがとうございます。
    upwardleft1クリックの応援が凄く嬉しく励みになります。
にほんブログ村

« イタリアへの旅♪ カターニア(その2) ドゥオーモ(サンタ・アガタ大聖堂) | トップページ | イタリアへの旅♪ カターニア(その4) ビスカリ宮殿と素敵なカフェ »

イタリア」カテゴリの記事

世界遺産」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すみれさん、こんにちは~♪
イタリアはどこに行っても素晴らしいですね。
カターニアも世界遺産だけあってみるべき
ところが沢山ありますね。
象が街のシンボルとは驚きましたが、
すみれさんの説明でよくわかりました。

ドゥオーモ、外観も内部も素晴らしかったです。
比較的新しい建物のように見えたのですが、
17世紀の大地震のあと、再建されたのですね。
夜の大聖堂も荘厳で素敵でした。
ゆっくりと旅ができるのも個人旅行ならではですね。

hiroさん  こんにちは
イタリアは沢山の見所があり、
特に歴史のある建物は素晴らしい装飾で
感動で見てきます。
どの町にもシンボルとなるものがあるのでしょうね。
カターニアの象は詳しい事は分かりませんが、
街のあちこちに象を見受けます。

ドゥオーモ、ご覧いただきありがとうございます。
何度か出かけているドゥオーモですが
正面の華やかな装飾は、訪れる度に感動があります。
一つ一つが芸術品ですね。
イタリアの夜は遅くまで賑わっていて、散策に出かけて
お写真撮って来ました。
夜は又違った荘厳さが有りました。
こうして気ままの行動も個人旅行だからでしょうね。

コスモスさん
いつも素晴らしい京都をご紹介頂きありがとうございます。
西賀茂も神光院も出かけた事が無く
東寺、仁和寺と並ぶ京都三弘法の一つなのですね。
太田垣蓮月尼の事も知らなくて、
歌を拝見したらもしかしてと・・・ 
でも良く分かりませんでした。
陶芸家としても有名な方のようですね。
茶室も趣がありますが、
本堂に中興堂と立派ですね。
池に青空は、素敵にお撮りに成りましたね。
時代劇のロケ地には最適でしょうね。
優しい色の山茶花ですね。
とっても綺麗で心安らぎます。
選曲も素晴らしく、この記事に相応しく心和みました。

こんばんは
象の街ですか、夢がいっぱい詰まった街なんですね。
象から受けるイメージは悪いものはないですね。
伝説がある街は夢があふれていますね。
イタリアにも象が住んでいたのですね。

とんぼさん
シンボルが象と言うのも素敵ですね。
街を散策しているとあちこちで目に留まります。
カターニアの人々に愛されている動物なのでしょうね。
伝説の真実性は?ですが、
でも魔法使いのお話が夢があって良いような気もします。

へえ、面白い伝説があるのですね。
そういうお話を知っていたら、町を歩くのもまたさらに楽しいでしょうね!!
神秘的な町を歩いてみたいです!P!

まつんこさん
魔法使いだったら象に変身は簡単でしょうね。
街中で沢山の象に出合えます。
伝説を思い描いて象を見るのも楽しいかもです。
シンボルを尊んでいるカターニアなのでしょうね。

こんばんは ヽ(´▽`)/
先日コメントでお尋ねしたこと、これで納得 (^_^) です。ちゃんと続きの記事があったのですね。すみませんでした。
アップで見ますと、ちょっとユニークな顔をしていますネ!あまりリアルではなく、失礼な言い方をすれば、「どちらかと言えば、下手(?)!」のような気も・・・(^_^;;(^_^;;(^_^;;
でもやはり、イタリアと象って意外な取り合わせのように感じます。象と言えばアジアやアフリカのイメージですから!

イタリアに象というのは
私も不思議な気がします。
第二次ポエニ戦争でカルタゴの将軍ハンニバルが象を連れてアルプス山脈を越え、
イタリア半島に侵入したと昔聞いて非常に驚いたものです。
あの巨体の象をアルプスを越えさせたとは…
でも考えてみたらカターニアというのは
地中海を挟んでアフリカの対岸なのですから
不思議ではないのかもしれませんね。

すみれさん
 おはようございます(^・^)
昨日upされていたのですね
失礼しました
そして”つれづれ日記”も既にご覧戴いたのですね。
ありがとうございます
 お返事を書かせて戴きます。
西賀茂の冬は厳しくて京都でも田舎になります
そして神光院も前は田んぼや畑で
寂しい場所に有りますが、その分自然が残っていて
心安らぎます。
 太田垣蓮月は数年前にこちらを訪れた時に初めて知りました。
今もファンが多いらしくここで歌を詠まれることも有るそうです。
 音楽も何時もお聴きいただいて嬉しいです。
すみれさん、
 今朝は出かけますので
帰宅後、もう一度ゆっくり拝見させて戴きます。
コメントもその時に書かせて下さいね。
 読み捨てになさって下さいね 

慕辺未行さん
象さんアップで見ると、可愛いとは言い難いし
表情もいろんなとり方が出来る様な
複雑なお顔をしていますね。
カターニアに象は?ですが、いろんな人種が入り混じっている
カターニアはその昔をたどれば象との繋がりが
納得できるものかもしれませんね。
これも勉強しなければわかりません。

すみれさん
 再度お邪魔しています。
象がカターニアのシンボルとは思いも付きませんでした。
どうしてシンボルに選ばれたのか語り継がれている二つの伝説。
私は後の方を支持したいてず。

お写真はクリックして拝見しましたが
どの象も生き生きしている姿に
作られた方の思い入れと「シンボル」を感じます
噴水の象は溶岩で作られているですか?
暖かさと優しさ(丸み)が有りますね。
 夜間の象の噴水には昼間と違った雰囲気が感じられます。
大勢の方が寛いでおられる様子も頷けますね。
 そして、象の宮殿も・・・・
驚きですが、市民の方々の象に親しみ感じて、
大切にされている心が伝わってくるようです
 通りに描かれた象さん、観光客の方は、踏まないように避けて歩かれるでしょうね
そうして戴きたいです。
珍しいご紹介ありがとうございます!(^^)!
 今日は珍しいシンボルの象さんにlovelygood

zooeyさん
私もカターニアと象のつながりは??です。
多民族支配を受けたシチリアの町、
アラブ、ノルマン、ビザンチン、ギリシアなどなど
街も観光客は別としても
いろんな人種の方を見かけます。
旅していて海から直ぐにアフリカが見えました。
エトナ山からの災難に数多く遭ってきたカターニアで
エトナ山の噴火や地震を象が
その安定感で鎮めてくれるようにとの
願いが込められていたとも・・・

コスモスさん
お忙しい時に丁寧なコメントを
再度頂き申し訳なく思います。ありがとうございます。
カターニアへは何度か出かけていますが、
魅力は一杯で、シンボルの象も
こうしてブログにすると何故に象がかしらと思います。
魔法使いの伝説が良いですね。
市民の皆さんは、この像を「リオトロ」と呼ばれていますが
それは魔法使いエリオドーロの
名前からきているものです。
夜間は地元の方や観光客が多くて賑やかです。
同じ光景も昼と夜では違って感じますね。
丁寧なコメントと応援をありがとうございます。
とてもうれしく励みになります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イタリアへの旅♪ カターニア(その2) ドゥオーモ(サンタ・アガタ大聖堂) | トップページ | イタリアへの旅♪ カターニア(その4) ビスカリ宮殿と素敵なカフェ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ