« 冬の多肉植物♪ | トップページ | ガーデンシクラメンと雪だるま♪ »

イタリアへの旅♪ エトナ山周遊鉄道

                        Photo_2

              エトナ山周遊鉄道

  エトナ山周遊鉄道に乗車したくて、ジャルディーニ・ナクソスに一泊し

  タクシーにてエトナ山周遊鉄道乗り場「ジャッレ駅」へと向かいました。

  駅が分かり難くあちこちと回り道して駅に到着した時は発車時刻を

  過ぎていましたが、こちらの列車は遅れる事は度々の様で、それから

  暫く待ってやっと列車がやって来ました。

301539

 ホテルから駅へ向かう途中、タクシーからのエトナ山です。

 エトナ山はイタリア南部、シチリア島の東部にある活火山です。

 標高は3326mで、山頂の噴火により標高は変化します。

 火山としてはヨーロッパ最大の高さを誇っています。

177308

 エトナ山を囲むように走っているエトナ山周遊鉄道は1895年開通で、

 タオルミーナを少し南へ下った海沿いの街リポストとカターニャの間

 113㎞を時速30~40キロでゆっくりと走っています。

 今回北側ルートでカターニャまで利用しますが、まずはランダッツォ駅まで行き

 そちらを観光してカターニャへ向かいます。

177310

177312

  2両の短いディーゼル車がやって来ました。

151561

 長い歴史がある鉄道は列車も古く、冷房も有りません。

 昔からそう変化も無く走っているような気がします。

 のんびりと列車の旅も良いものですね。 

177315

 もともとはエトナ山周辺の農産物を運ぶために開発された鉄道ですが

 現在は斜面麓の住人や学生や観光客が利用しています。 

 日、祝日はお休みだそうです。

301558 177317

  エトナ山の溶岩が一杯で、雄大な景色が広がっています。

151563

 肥えた火山性土壌にオリーブや葡萄などが広がっています。

177321

  ランダッツォ駅到着です。こちらで途中下車し街中散策へ出かけました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へご訪問ありがとうございます。
   upwardleft1クリックの応援がとても嬉しく励みになります。いつもありがとうございます。
にほんブログ村

« 冬の多肉植物♪ | トップページ | ガーデンシクラメンと雪だるま♪ »

イタリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すみれさん
 おはようございます(^・^)
ジャルディーニ・ナクソスの特に青い空と海
白い砂浜に改めて感動させて戴きました。
 
そして、タクシーからご覧になったエトナ山と澄み切った空とぽっかり浮かんだ白い雲、
手前の何処までも続くオリーブや葡萄畑・・
いきなり釘づけてす。
 活火山なのですね。
山の姿からは思えませんね。
 時速30~40キロでゆっくり走ってくれる
周遊鉄道、風景をゆっくり楽しめますね
羨ましいなような時間ですね
 何となくローカル線の旅を思います。
偶にはのんびり都会の時間を忘れて、好いですね(*^。^*)
 お写真を拝見していますが
本当!!雄大な景色・・
勿論、クリックして拝見しています
ため息をつきながら・・・
こんな景色は随分見ていないと思います
自然が作り出す景色は他の何物にも及びませんね
感動の世界です
ご紹介して頂いて感謝の気持ちでいっぱいです

 長い歴史の有るお洒落な列車を途中下車して
こられから町なか散策ですね
次回も愉しみにしていますlovelygood

すみれさん、こんにちは~♪
エトナ山のことは昨年NHKの番組で知りました。
今地球で一番噴火している火山だそうですね。
一般の方は登れないと思いますが
東ちずるさんが登り、火口を覗いていました。
ガスが出てとても大変そうでした。
そのエトナ山周遊鉄道に乗っていらしたのですね。
羨ましいですぅ~・・・
車窓から眺める景色も素晴らしいし、
列車もレトロな感じがして良いですね。
ランダッツォの街中散策も楽しみにしています。

コスモスさん
五番町は実在の地名なのですね。
「五番町夕霧楼」の本は読んだことは有りませんが
こうしてご紹介して頂くと興味がわき
図書館で見てみたいと思います。
ご近所にあるすっぽんの老舗『大市』は約330年も続いているとは
素晴らしいですね。お店も風格があり素晴らしい建物です。
映画「オリオン座からの招待状」は知りませんでした。
鴨川の柊野ダムをクリックしてみましたが、
見る事は出来ませんでした。
廓は幸せな女性の住処でなかったと思います
当時の様子が窺える建物は複雑な思いですね。
でも建物は素晴らしく長く残して欲しいと思います。
亡骸の引き取りでが無い人たちのお墓は凄く寂しく感じ
訪れたら興味本意でなくお参りして来たいと思います。
「人間愛を色濃く残した五番町」でのコスモスさんの
お気持ちは訪れる方たち皆さんの思いで
あって欲しいものです。
天満敦子さんの♪望郷のバラードは切なく心に届きました。
※の次は、もしかして・・・

エトナ山周遊鉄道の旅は
列車が有ることも知らない私でした。
わりとのんびり旅の楽しみですね。
旅先の方たちの様子を楽しめたり
遠くにエトナ山を望んでの列車はゆっくりの速度で
昔の旅を楽しんだ気分です。
いつも丁寧にご覧いただきとても嬉しいです。
応援のお心遣いも私の励みとなります。感謝です。

hiroさん
NHKの番組は見ていませんでした。残念です。
今も煙がもくもくです。
活火山は危険ですが、生きていると
感動も大きいですね。
溶岩を見ていると噴火の恐ろしさを感じます。
列車は昔にタイムスリップしたような気分です。
決して綺麗な列車では有りませんが、
それがエトナ山周遊列車らしくて、のんびりした
スピードも旅の楽しさを感じます。
時刻表はあってもいい加減で、それに拘らない
その土地の方の大らかさを感じます。
ランダッツォの街もエトナ山と関わりあり
興味深い街でした。

すみれさん
 こんにちは!(^^)
まず、お詫びです。
ご迷惑をお掛けしましたねご指摘ありがとうございます。
これからは気をつけます。
 実は、今日の記事は昨日にupしたのですが
何故か文字の大きさが違ったりトラブル続きでした。
興味の”興”も抜けていましたね。
文字の大きさは訂正したのですが、リンクを貼りなおすのに失敗していたのですね。
貼り直しました
 それから音楽は今は、聞くことが出来ません。
これは最近の傾向のようです。
 
五番町は私の住まいの近くなのです。
10年前に越してきた時は、
遊郭の面影の残っている家が点在していました。
デイケアーセンターや駐車場になったりして、今は数軒に減りました。
木造建築で維持が大変なようです。
耐震性のことも有って
 苦界に身を沈めた方たちの亡骸をお守りしておられる
お寺は知る人ぞ知るのお寺ですが、何時もは門を閉じておられます
廓が無くなってからも身の上相談に行かれる方たちが、後を絶たなかったそうです。
 すみれさん
本当に色々ご迷惑をおかけして、本当に申し訳ありませんでした。

わぁ、のんびりした列車の旅いいですね~。
定刻時間に遅れてもそちらは当たり前なんですね。
日本では大騒ぎしそうです。
エトナ山、聞いたことあるような気がします。
オリーブや葡萄など周りの風景も雄大でいいですね。
ちまちましている私、こんなところに放りだして貰いたい気分です。
素晴らしい景色を堪能させて頂きました。ありがとう!!

のこのこさん
日本での旅だったら完全に乗れませんでした。
一日に数本しか走っておらず、
遅れている列車に感謝です。
のんびりの列車も思い出深いものになりました。
自然が雄大で活火山が迫力あり
時にはのんびりも良いですね。
景色が素晴らしいです。

こんばんは
エトナ山は富士山よりも少し低いだけですね。
活火山のようですがよく列車が走っていますね。
富士山に破損のような施設はないですよね。
時速も早くないようで景色をゆっくり楽しめますね。
日曜・祝日が休みだというのも面白いですね。

とんぼさん
エトナ山は街中からも良く見えて
煙をはいているのが火山だなぁ~と思います。
列車は山の麓は街があり、その方々のためにも
必要で、初めは農作物の運搬からと
お聞きすると頷けるものがあります。
日曜祝日は街中の交通機関も本数が僅かですので、
利用者は学生さんが多いのでお休みでも
差し障りが無いのでしょうね。

わあ、素敵な時間ですね!列車も素敵ですが景色も素晴らしですね。

こんな列車に揺られてみたいです!P!

こんばんは (^o^)/
発車時刻を過ぎていたけど、ほどなく列車がやってきた・・・、時刻表の曖昧さも時には大歓迎ですね。
このような列車、光景・・・良いですネェ (^o^)!頭の中で、あの『世界の車窓から』の音楽が流れていますヨォ (*^-^)!
列車内も、味がありますネ!スイスでエアコンがない列車に乗った記憶が甦りました。
鉄道で日祝日がお休み (゚o゚)ナニッ?!この地の人々は休日は、自宅でのんびり過ごしているのでしょうね。

まつんこさん
のんびり列車を楽しみました。
景色は最高に素晴らしいです。自然が一杯
火山の噴火がもたらした土壌は恵みも有るようです。
ゆっくりの観光は思い出深いものとなりました。

慕辺未行さん
エトナ山周遊鉄道、時刻を過ぎての到着に
とっても嬉しいでした。何しろ運転回数が少なく乗り遅れたら
一日の行程が滅茶苦茶でした。
列車はお世辞にも綺麗とは言えません。座席も狭いですが
それでもとっても素敵で乗り心地は満点でした。
これも窓からの素晴らしい景色が最高だったからでしょうね。
他の国もそうかもしれませんが、イタリアは日祝日の交通機関は極端に有りません。
日曜は家族揃って正装して教会へ、そしてあとは家族団欒の日だそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の多肉植物♪ | トップページ | ガーデンシクラメンと雪だるま♪ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ