« オキザリス♪ | トップページ | 神戸ルミナリエの昼と夜♪ »

神戸ルミナリエ 2013♪

          Img5992_2

  神戸ルミナリエは、阪神淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに

 都市の復興、再生への夢と希望を託して1995年(平成7年)12月に

 開催されたのが始まりで、今回で19回目に成ります。

 2013年の作品テーマは『光の記憶』です。

 神戸の冬を彩る荘厳な光の芸術作品は、出かける度に美しさ

 素晴らしさの感動と共に、震災の記憶が甦ります。

179857

 フロントーネ(時の覚醒)   高さ約21m   幅33m

 長い行列の待ち時間の後で、一番初めに見えるルミナリエです。

 この瞬間、皆さん感動の声が聞こえてきます。ワァ~綺麗!と・・・

 本当に素晴らしいです。

179864

 昨年は約340万人の方が訪れました。

 約20万個の電飾が放つ光の芸術です。厳かで素晴らしい音楽が

 心に響きます。

179880

 ガレリア(追憶の旅)  高さ21m  幅9m  23基

 見上げながら、パチリパチリと・・・

179889

 光の回廊をゆっくりと進みます。

179894

 スパッリエーラ(光の円舞)   全長125m  最後部18m

 回廊を潜り抜けると、一段と素晴らしい光の芸術が有りました。

 大きな円形に素晴らしい輝きです。

 凄い混雑で、手前の黒い所は人影です。

179893 

179910

 カッサ・アルモニカ (光のカッサ・アルモニカ)

 直径7m  高さ11m

179915

 今年も多くの方が訪れておいでですが、素晴らしい、綺麗だけでなく

 大震災犠牲者の鎮魂の意が込められて開催された事を記憶に留めて

 戴けたらと思います。


179934


179916

 神戸の風物詩となっている神戸ルミナリエですが、震災の記憶を

 語り継ぎ、都市、市民の復興の希望へと繋がればと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村 ご訪問ありがとうございます。
   up1クリックの応援、いつもありがとうございます。とても嬉しく励みに成ります。

« オキザリス♪ | トップページ | 神戸ルミナリエの昼と夜♪ »

ガーデニング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

神戸」カテゴリの記事

コメント

すみれさん
 お早うございます
神戸ルミナリエのご紹介 愉しみに待っていました
亡くなられた方達への鎮魂と震災の記憶を忘れないため、そして
素晴らしく復興された神戸
私も当時の驚き、京都でしたが家の壁に亀裂が入ったり、交通機関が止まった記憶が蘇えります
そして東北の大震災がダブります
神戸のルミナリエは色々な意味で大切な催しですね
歳を重ねて派手なイルミネーションは嫌いになりました。
唯、京都の嵐山の花灯路は雅で幻想的で別ですが(笑い)

先日NHKテレビで試験点灯前に特別に一部を点灯
ルミナリエの構造?と意義を説明されていました
拝見して意義を改めて強く感じました

皆さんの感動と感激されている様子が
すみれさんが手を合わせておられる様子が目に見えるようです
厳かな音楽が心に響くようです

そうですね
冬の風物詩は勿論ですが
震災の記憶は永遠にルミナリエと共に
繋がれていくのですね

寒い夜に素晴らしいルミナリエのご紹介
写真の数々感動しながら拝見しました
ありがとうございます

おはようございます。
ルミナリエの季節になりましたね。
今年も多くの人が訪れるのでしょうね。
今後も続くといいですね。
先日淡路島からの帰りの阪神高速が停滞していました。ルミナリエが原因らしいとの話でした。一瞬だけルミナリエが見えました。

すみれさん今日は
今年も美しいルミナリエ点灯しましたね・・もう19回に成りますか・・
あの阪神淡路大震災を思い出します。私は京都に居て凄い揺れに吃驚
ニースも詳しく出ず一夜明けて悲惨な現場の写真
本当にあの時は胸が潰されそうでした・・
あれから皆さんが頑張られて美しいルミナリエが復活して全国から
多くのお客様が来て下さって華やぎが戻り何よりです
此の美しい光の芸術は他ではまねの出来ない神戸だけの物
何時何時までも続くと良いですね
今年も美しいルミナリエを見せて頂き有難う
御座いました・・

こんにちは。
今年もあとわずかを残すのみとなり
神戸のルミナリエの時節になりました。
写真を見たり話を聞くだけで、
美しいルミナリエを実際、間近に見たいのですが
これまで一度も見学していないのですよ。

お祭り気分で見てくる人がいますが
仰るように阪神淡路大震災で犠牲になったかたたちの鎮魂の意味があるので
そういったかたたちの話を聞いていると
どうも気持ちがすっきりしないことが多くあります。

1995年1月17日・・・こちらでも震度4、朝方の大きな揺れに驚いて目覚めました。
西宮の実家は全壊したので、
2日後に西宮北口(梅田からここまでは電車が動いていました)から夙川まで
途中の惨状を見ながら歩きました。
たまたま実家の両親がこちらに滞在していたので幸いにもふたりの命は助かりました。
知り合いにも亡くなったかたたちがいて
大震災の報道を見聞するたびに彼らのことを思い出します。
そんな思いがあるので、ルミナリエを静かに見学して欲しいものと
毎年、この時期になると思うのです。

先日は温かい励ましのコメントをありがとうございました。

古都人さん  こんばんは
神戸ルミナリエは、年々その始まりの意義が
薄らいでいくような感じがします。
沢山の電飾の輝きが、犠牲者の光となって
訪れる方達に震災の恐ろしさを記憶に留め
語り繋がれて欲しいものです。
大震災を思い起こせば、ルミナリエの輝きも
胸に迫るものが有ります。
絶対に忘れらぬ恐怖でしたね。

京都の嵐山の花灯路、幻想的で素敵でしょうね。
ご紹介楽しみにしています。

とんぼさん  こんばんは
ルミナリエは凄い混雑で、交通渋滞に
影響するのでしょうね。観光バスも多いです。
今年も出かけてきました。
毎年見ていても感動で、そして震災が甦ります。
長く続く事を願っていますが、経費は凄く大変なようです。

こんばんわ
 書き忘れていましたが年々夜に出かけることが億劫になって
花灯路は今年は出かけないで終わりそうです
昨年は夜の嵐山一帯を散策したのですが
写真はピンボケで夜間の撮影は難しいですね
お返事は不要になさって下さい

こんばんは (◎´∀`)ノ
ワァーッ (゚▽゚*)!
今年もルミナリエ、見に行かれたのですネ (^_^)ニコッ!
ずいぶん前から、その美しさを何度も耳にし、「一度は行ってみたい」と思いつつ、
未だ果たせず、ここ数年はすみれさんのこのブログで拝見できて、とても嬉しいです。
しかし、この華やかな『光の祭典』ももともとは、あの『阪神淡路大震災』をきっかけに生まれたのですね。
あの日のTVニュースの映像は、今でも忘れられません。
あれからおよそ20年。
あの天災を風化させることなく、語り継がねばなりませんね。
それにしても『東日本大震災』の復興がなかなか進んでいないのが、ふと気になりました。
ルミナリエをきっかけに、東北地方の被災地の復興の声を今一度高らかに上げたいですね。

すみれさん こんばんは
神戸ルミナリエ 素晴らしい写真を見せていただき感動してます。
今年で19回目なんですね。
阪神淡路大震災 早朝のことでみなさん戸惑いもあったことでしょう?
それも1月17日の寒い日でしたわね。その時はすみれさんは神戸にお住まいだったんですか?
神戸には親戚も友達もいませんでしたので、テレビ 新聞でみているだけで、どうしていいのか
わかりませんでした。
2年9カ月前の東日本大震災 原発事故を経験し、大変なことがわかりました。

ルミナリエ 20万個の電飾をともし、光の回路 本当に芸術作品ですね。
隣の家族がわざわざルミナリエを見に行ってきたんですよ。
その情景 様子などきかせていただき、一度は行って実際見たいです。
でも遠すぎますね。
寒く身体が丸まってしまいそう! 風邪をひかないようにね。

咲子さん  こんばんは
ルミナリエ、19回目を迎えます。
咲子さんは京都にお住まいだったのですね。
早朝の激しい揺れと続く余震、その当時の記憶は
鮮明に覚えています。
それ以来、地震に関することが敏感に成りました。
ルミナリエの輝き、光の芸術は素晴らしいです。
でも震災の記憶を語り継ぎ、
大震災犠牲者の鎮魂の意を込めれた
ルミナリエであることを感じて戴きたいと思います。

Saas-Feeの風さん  こんばんは
一年が過ぎ去るのは早いですね。
今年もあと僅か、毎年ルミナリエの話題を見聞きすると
あ~今年も終わりだなぁ~と思います。

ルミナリエは単に観光的な思いで訪れる方が
多いのではと思います。
光の芸術は素晴らしく綺麗です。
でも震災に遭い、その恐ろしさを知っている方達は
大震災犠牲者の鎮魂の意を込めての
ルミナリエに切なく胸に込み上げるものが有るのではと思います。
ご実家、全壊だったのですね。ご両親、本当に良かったですね。
あの悲惨な状況の中、電車も止まり
職場まで徒歩での通勤など思い起こしています。
ルミナリエの輝きが長く続く事を願っています。

古都人さん  こんばんは
ご丁寧にコメントありがとうございます。
花灯路、新聞の一面に写真載り、幽玄な美に魅せられました。
夜のお出かけは億劫に、あ!私も同じと(*^-^)です。
ルミナリエも、ブログネタが無くて、重い腰を挙げました。

慕辺未行さん  こんばんは
神戸ルミナリエ、夜間の外出で躊躇いも有りましたが、
やはり出かけてきました。
ルミナリエも年月が経てば、その意義が
忘れられてくるように感じます。
訪れる方もお若い方が多いからかも知れませんね。
とっても綺麗な光の芸術を見ながら、
やはり震災が甦り切なくなります。
東日本大震災の復興、暗い報道ばかりで心痛みます。
ルミナリエの会場でも関連の会場が有りました。

kikiさん   こんばんは
年月が過ぎ去るのは早いですね。
ルミナリエも19回目に成りました。
神戸に住んで、大震災の恐怖を経験しました。
早朝の凄い揺れ、続く余震とベランダから
真っ赤に燃える炎を震えながら見た記憶が焼き付いています。
kikiさんも東日本大震災 原発事故で自然災害の
恐ろしさを経験されたのですね。
思うように進まぬ復興に、皆さんの苛立ちも多い事でしょうね。

ご近所の方、ルミナリエへお越しだったのですね。
そちらからでは遠いでしょうね。
私もそちらのへ出かけて見たいとの思いは有りますが、
やはり遠いなぁ~と思います。
寒い折、お身体ご自愛くださいね。

すみれさん     おはようございます
神戸ルミナリエを今年も見せていただいてうれしいです。
阪神大震災の”記憶の光”は美しく感動とともに
当時のことがよみがえります。
いつまでも忘れてはなりませんね。
復興までは大変だったと思いますが見事な神戸になり
素晴らしいことです。
東日本大震災の復興も大変なようで
皆様のご苦労に心が痛みます。
今年の秋には震災地を訪れましたが、
まだまだそのままの状態の地域を見て震災の脅威を感じました。
一日も早く元の生活に戻れるように願うばかりです。

えつままさん  こんばんは
神戸ルミナリエへ今年も出かけてきました。
19回目で、年月の経過を感じます。
素晴らしい光の芸術ですが、
やはり震災の記憶と重なります。
訪れる方達も同じ思いで有る事を願います。
街の見た目の復興は感じますが
震災に遭われた方達の
悼みは生涯癒えることはないと思います。
東日本大震災の復興は、本当に大変なようですね。
報道を見る度に心痛みます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オキザリス♪ | トップページ | 神戸ルミナリエの昼と夜♪ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ