« 神戸異人館へ♪(その1) | トップページ | 12月の地下街♪ »

神戸異人館へ♪(その2)

       2_2 神戸異人館  22

異人館散策、「風見鶏の館」の直ぐ近くに「萌黄の館」が有ります。

大好きな異人館の一つです。萌黄色の館、素敵でしょう!

174744

「萌黄の館」  小林家住宅、 旧シャープ邸

大きな楠の木に囲まれた国の重要文化財「萌黄の館」は明治36年(1903年)に

アメリカ総領事ハンター・シャープ氏の邸宅として建築されました。

その後昭和19年(1944年)小林秀雄氏(元神戸電鉄社長)の住宅と成りました。

木造2階建て下見板張りの異人館で、2つの異なった形のベイ・ウインドー

(貼り出し窓)を始め、アラベスク風模様が施された階段、重厚なマントルピース

など贅沢な意匠が随所にみられます。

開放的な2階のベランダからは神戸の市街地が一望できます(案内から抜粋)

174747

中の様子は、こちらからご覧くださいね。素敵ですよ~♪

こちらは映画「少年H」の舞台にも成りました。

174749

長く「白い異人館」と呼ばれていましたが、昭和62年(1987年)からの修理

で建築当時の淡いグリーンの外壁に復元されてこの名が名付けられました。 

白い異人館の頃に訪れた事は有りませんが、想像しても現在の異人館が

私好みで素敵だと思います。

Aa_2 異人館街で出会う素敵な奏者

 異人館街では、いくつかの銅像に出会います。

 その銅像は、皆夫々に楽器を持って皆さんをお迎えしています。

 賑やかに、素敵なメロディーが聴こえてきそうですね~♪ 

174740

 ベンチに腰かけた銅像が多く、銅像の横の席は大人気です。

 皆さん素敵な笑顔で、思い出作りです。

174734  

174743

174732

174769  174794

 ←北野外国人倶楽部  開港当初、外国人居留地に建ち外国人たちの

 社交場として賑わっていました。

 →可愛いお店に、ついパチリです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ ご訪問ありがとうございます。
   upwardleft1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。いつもありがとうございます。
にほんブログ村

« 神戸異人館へ♪(その1) | トップページ | 12月の地下街♪ »

ガーデニング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

神戸」カテゴリの記事

コメント

すみれさん
 お早うございます
神戸異人館(その1)を再度拝見しました
こちらは貼りだし窓が素敵です
2階のベランダの窓から神戸の街を一望する
思っただけでも嬉しくなります
内部の様子も拝見しました
全てがお洒落で贅を尽くされた邸宅
建てられた方も移り住まれた小林秀雄氏
私とは全く違った生活様式だったのですね
私も白色より今の萌黄がしっくりしていて素敵だと思います
 楽器を持った銅像は良いですね
メロディーが聴こえで思わず立ち止ってしまいます
皆で合奏したら愉快でしょうね

やはり神戸は異国の方達の華やかな香りが漂う街ですね
そして何よりお洒落な街です
若い方達が憧れて神戸を訪れる、今も昔も
良く解ります

古都人さん  こんにちは
異人館、こうしてブログにアップするために
置かれた案内板も良く目を
通すようになりました。
そしてその素晴らしさを再確認する事が多いです。
住宅としてお買い求めに成った小林秀雄氏を
羨ましく思います。凄い価格だったでしょうね。
社長だから価格は関係なかったかも?
萌黄の館は凄く夢が有り素敵です。
銅像の側で私も写真を撮りました。
皆さん楽しそうにパチリでしたよ~

こんばんは happy01
「萌黄の館」、こちらも素敵ですね。
日露戦争が始まる直前のころに建てられたのですね。
当時、もうずいぶん西洋文明が入ってきていたとはいえ、やはりこの邸宅は人々の目を引き付けたことでしょう。
デザインが本当に斬新で、とても美しく”モダン”という言葉がピッタリ!
中の様子の記事も拝見しました。
暖炉が4つも?!調度品も素晴らしいですね。
しかし、阪神大震災で煙突が崩れ落ちてしまったのは残念です。
楽器を持った銅像、このような銅像があちこちにあるのも、異人館らしいですね。
ドイツ・ケルンの街にも、楽器は持っていませんでしたが、あちこちにベンチに座った銅像があったことを思い出しました。

慕辺未行 さん  こんばんは
明治36年は日露戦争が始まる直前でしたか?
歴史に疎い私は思い描きもしませんでした。
当時のこの洋館は、皆さんにどの様に映っていたのでしょうね。
萌黄の館は凄くお洒落で、内装も外観も素晴らしいです。
暖炉のある家なんて憧れますね。
お風呂、バスタブが洋館の佇まいですね。ベランダも素敵でした。
阪神淡路大震災で被害に遭った異人館も多いですが
こうして現在も観光客を受け入れられるのは、素晴らしい事だと思います。
ドイツの街に似た様な銅像が見受けられるのは
何となく分かるような気がします。
そして周りの光景と共に、多くの方の思い出に繋がっているのでしょうね。

すみれさん、こんばんは~♪
「萌黄の館」、中も拝見しましたが素敵ですね。
こんな素敵な家はお金持ちでないと買えませんね。
今は住んでいらっしゃらないようですが、
小林さんは神戸市に寄付されたのでしょうか?
ベンチに腰掛けた銅像も素敵ですね。
お散歩でつかれたら、隣に座って一休みしたいですね。

hiroさん  こんばんは
萌黄の館は、とっても素敵です。
夢が有り、住んでみたいと憧れる方も多いかと思います。
小林秀雄さんは1944年から1978年まで
居住されていました。
1980年に国の重要文化財指定で
寄贈されたのかもしれませんが、定かでは有りません。
銅像のベンチは、誰もが一休みしたくなりますね。

すみれさん    今日は!
神戸異人館はお近くなんですか?
素晴らしい建物とおしゃれな街並みですね。
高級感が有り調度品も素敵なものばかり。
夢いっぱいですね。
萌黄館の室内もゆっくりと見せていただきました。
数年前にツアーで行きましたが全部は回れませんでした。
とても懐かしいです。
時間をかけてのんびりと見たかったです。

観光客を受け入れていることは素晴らしいです。
皆さん 感動してお帰りになられるでしょうね。

すみれさん今日は
神戸異人館の萌黄の館素敵ですね・・
私も此処はお友達と一度行った様な記憶が有りますが
とっても素敵な街で帰るのが少し残念に思いました・・
此の館の色は落ち着いて見ていても心が安らぎますね
出窓のデザインも木組みが入っていて・・その姿も本当にお洒落
そして全体の姿も・・・色々見ましたがここが一番美しいですね
私も此処が大好きです
そして街の中の銅像もお洒落で、楽しい音楽が何処かから
聞こえて来そう・・そして周辺のお店も可愛らしかったり
お洒落だったり・・・神戸の街は私も大好きです

えつままさん  こんばんは
お返事コメント遅くなり申し訳ございません。

異人館は家から歩いて行ける
距離では有りません。
そう遠くでなく気軽に行けますが、
観光客が多くて久し振りに出かけました。
えつままさん、ご旅行でおいでに成ったのですね。
外観も中も素敵で、萌黄の館は住めたら
素敵だろうなぁ~と思います。
異人館は女性の方が多いですね。
又機会がございましたらお出かけ下さいね。

咲子さん  こんばんは
お返事コメント、遅くなり申し訳ございません。

異人館はいつも観光客で賑わっています。
随分と久し振りに出かけました。
何回見ても素敵で心踊るものが有ります。
現在でも素敵な洋館ですが、建設当時の
周りの反応は凄かったでしょうね。
萌黄の館は外観も素敵でしょう!
お洒落で安らぎの館ですね。
異人館前の銅像は、皆さんの思い出に成る事でしょうね。
大勢の方が、一緒に記念撮影でした。

神戸の異人館もクリスマスの真っ最中ですね。
たくさんのサンタさん、とっても可愛いです。
異人館の中の飾りつけはどんなかんじでしょうか?
横浜では世界のクリスマスと題して、毎年、
いろんな国のクリスマスの風景の展示がされます。
その様子をやっこのブログでもご覧いただけます^^
横浜の洋館は入場無料なので、3回も行ってしまいました!(笑)

お母さまがお悪いのでしょうか
少し心配しています
そうで無いことを願いつつ・・・・

やっこさん   こんばんは
街はクリスマスの装いで素敵ですね。
異人館の中も素敵な飾り付けがされていたかと
思いますが、今回は外観だけを見てきました。
洋館長屋の沢山のサンタさんたちは
凄く可愛くて暫し見詰めてきました。
横浜の洋館の方がお洒落で素敵だと思います。
入場料無料なのが嬉しいですね。
神戸の異人館もそうだと良いのですが・・・

古都人さん  こんばんは
お気遣いありがとうございます。
コメント欄は、閉じさせて頂いています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神戸異人館へ♪(その1) | トップページ | 12月の地下街♪ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ