« 早春のオキザリス♪ | トップページ | クリスマスローズに魅せられて・・・♪ »

神戸・旧居留地散策♪

  旧居留地は、五番館(商船三井ビルディング) 十三番館(神戸市立博物館)

 三十八番館(シティバンク神戸支店)など洋館の佇まいが残る素敵な所ですが

 こちらも記憶に留めて欲しい所です。  

175521

175523  宮城道雄出誕の碑

 宮城道雄 筝曲家、新日本音楽創始者

 明治27年4月7日居留地内の五十八番館

 茶倉にて生誕しました。8歳の頃失明、

 「春の海」で世界的な名声を得ます。

 詳しくは←を拡大してご覧くださいね。

 碑からは午前9時~午後5時までの間「春の海」の演奏が流れます。

 大好きな曲で、この日も暫し佇み音色に耳を傾けました。

175530_2  175514

 通路沿いに咲く、花壇と吊り鉢が素敵です。

175538

 一・一七希望の灯り

 1995年1月17日午前5時46分 阪神淡路大震災

175536  1・17 希望の灯り

  この灯りを見る度に心傷みます。

 そして手を合わせたくなります。

 石碑に刻まれた言葉が心に響きます。

 多くの方の目に留まり、震災の記憶が

 後世に伝わってほしいものです。 

175542  175540

 阪神淡路大震災 慰霊と復興のモニュメント

 地下は震災でお亡くなりに成られた方のお名前が刻まれた銘板が

 掲示さた 「瞑想空間」です。 

175549

175551  ふれあいの滝

 「ふれあい」 レリーフ群

 幅2~3m、高さ3m程度の大きな 

 石壁が14対並べて建てられいます。

 レリーフ群の前は水路に成っています。

175559  175561  

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ ご訪問ありがとうございます。
  upwardleft1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。いつもありがとうございます。
にほんブログ村

« 早春のオキザリス♪ | トップページ | クリスマスローズに魅せられて・・・♪ »

ガーデニング」カテゴリの記事

神戸」カテゴリの記事

コメント

すみれさん
 お早うございます
「春の海」は新年には必ず街中などでも流れていて
思わず立ち止って耳を傾けます
日本のお正月には欠かせない箏の調べですね。
多分日本人なら知らない人は居ないと思いますが、
箏曲家・宮城道雄のお生まれが神戸の居留地内だったとは知りませんでした。
8歳の時に失明、めげないで努力を重ね、世界的にも有名な箏曲家となられたのですね
生誕の碑から時間を決めて流される「春の海」は、
こちらを通る人たちが耳を傾け心地好い調べに癒されるのでしょうね
もしこちらを通る機会が有れば是非耳を傾けたいです

そうですね
1月17日は震災に遭われた方達は勿論直接の被害を受けなかった私にとっても
今までに感じた事の無かった揺れは今でも鮮明に覚えています。
テレビの中の悲惨な様子に身体が震えたことも
一生忘れないと思いますし、忘れてはいけないとも。

「ふれあいの滝」は心落ち着く場所ですね
お写真は大きくして拝見しましたが、水路の前には可憐なお花が植え込まれていて
神戸は街中で四季にお花を愛でる事が出来る、そんな優しい風土なのでしょうね


神戸らしい風景ですね。
震災の慰霊・復興のモニュメントがあるのも神戸らしいです。
二度とあのような出来事は起きてほしくないですね。

こんばんは happy01
宮城道雄・・・?♪春の海♪・・・?
知らぬは一生の恥なので調べてきました (^_^;;
お正月によく聞く定番の筝曲ですね。誰もが絶対に聞いたことがある筝曲でしたか?!
この年齢まで曲名も作曲者も知らず恥ずかしいことです (^_^;;(^_^;;(^_^;;
あの震災から20年余り・・・見事な復興を遂げた神戸の街、しかし今なお心に深い傷を持っている人々もいることでしょう。
希望の灯りやモニュメントが人々の心に安らぎを与えているのでしょうね。
東日本大震災の被災地にも1日も早い復興を願うばかりです。

古都人さん  こんばんは
「春の海」はお正月に良く流れている
琴の調べですね。
皆さん良くご存知の素晴らしい曲だと思います。
旧居留地の碑の前を通ると毎回立ち止まり耳を傾けます。
生誕が旧居留地だと知ってから、ますます好きになりました。
旧居留地には震災に関連した碑や建物が有ります。
あの震災から20年経ちましたが、
大震災の記憶は忘れる事は無く、語り継いで
行かなければと思います。
神戸、震災の教訓としても、お越しの折は
立ち寄って戴きたいと思います。
ふれあいの滝は、東遊園地に有る素敵なレリーフ群です。

とんぼさん  こんばんは
大震災、年月を経ても忘れられない恐ろしい記憶です。
街中に震災に関するものが多く有ります。
こちらは東遊園地てルミナリエの会場でもありますが、
多くの方がお立ち寄り頂き、震災の記憶を新たにして語り継いでほしいです。

慕辺未行さん  こんばんは
「春の海」お若いから馴染みのない筝曲なのでしょうか?
お正月に至る所から流れてくる定番の筝曲ですが、
無意識に聞き流されているのかもしれませんね。
宮城道雄、神戸居留地に生誕です。
神戸の街中、大震災に関連したものが多く有ります。
1.・17希望の灯り、この灯りを見ると切なく当時が甦って来ます。
モニュメントの地下、お亡くなりに成った方の銘板を
前にすると悲しみの心と成ります。
東日本大震災の被災地の早くの復興、心から願っています。

すみれさん、おはようございます♪
宮城道雄は神戸出身だったのですね。
「春の海」はお正月定番の筝曲ですが、
ここに来ると、日中は毎日聴くことが出来るのですね。
立ち止まって耳を傾ける方も多いのではないでしょうか。
震災の慰霊と復興のモニュメントを見ると、
当時の記憶が蘇ってきますね。
神戸の町は見事に復活しましたが、
心の傷として一生背負っていかなければならない
人がいることを思うと胸が痛みます。
天災は忘れたころにやってくると言われていますが、
忘れないうちに東北に大震災が起こりました。
災害の悲惨さを忘れることなく、
日々暮らしていきたいと思っています。
ふれあいの滝は都会のオアシスのようですね。
花壇も綺麗に植え込まれ、神戸市の美意識の高さ
にはいつも感心させられています。

すみれさん   おはようございます。
神戸は素敵な街ですね。
青春時代には姉が住んでいて何度か行き最近では
ツアーバスで行きました
洋館が立ち並び流石におしゃれな街並みですね。
神戸の居留地は宮城道雄さんの出生の地でもあるのですね。
春の海の素敵な音色は知らない方はないでしょう。
癒されますね。
阪神淡路大震災は忘れられに悲しい記憶です。
神戸の復興は素晴らしいですね。
慰霊と復興のモニュメントは沢山の方々が訪れ
震災の悲しみを忘れない様に、
そしてふれあいの滝は心癒されるでしょう。


すみれさん、こんばんは。
春の海・・・子どもの時に父がレコードをかけると
ときどきこの曲がスピーカーから聞こえてきていました。
もちろん当時のことですからSPレコードですね。
懐かしい音楽です。
正月にテレビやラジオから流れることがありますね。

阪神淡路大震災から20年、Saas-Feeの風の実家も全壊しましたが
幸いに家人が不在中のことでした。
震災後は帰省する回数が激減してしまい
Saas-Feeの風は記事中にご紹介のモニュメントのことが判っておりません。

数年前にメリケン波止場に行った時
ポートタワー近くにある波止場の被災部分や
被災者への応援メッセージプレートを見て
改めて被害について再認識したことがありました。

昨年の11月終わりに仙台へ行った時に
東北の大震災に遭った荒浜地区の荒廃した姿を見て
阪神淡路大震災当時のことを思いだしました。

この国に住んでいる以上
地震に見舞われる宿命がありますから
普段から防災の意識を持つことが必要ですね。

hiroさん  こんにちは
宮城道雄の「春の海」はお正月には
欠かせない筝曲ですね。
「春の海」は随分前から知っていましたが、
神戸が生誕の事は、旧居留地を散策して知りました。
こちらを散策する時は魅かれるように
碑の前に佇み耳を傾けます。
震災と復興のモニュメントは東遊園地に有ります。
こちらはルミナリエの会場にもなりますが、
1.17希望の灯りの灯を見詰めると切なくて当時が甦ります。
地下のお名前のが刻まれた銘板の凄い数
私の知り合いの方のお名前も有ります。
震災は忘れた頃に・・・ではなくなりましたね。
大きな災害が続いて、その復興もままならないことに心痛みます。
観光都市神戸、旧居留地は異国情緒あふれる
素敵な所ですが、大震災の記憶、教訓を皆さんに知ってほしいです。

えつままさん  こんにちは
神戸の街は、馴染みの街でもあるようですね。
私は住めば都で、大好きな街神戸です。
異人館などが立ち並ぶ素敵な街神戸の印象が
強いと思いますが、
旧居留地には忘れられない大災害に
関連するものが多々あります。
いつ出遭うかもしれない災害、皆さんの心に
被災地から発するメッセージが
届く事を願っています。
宮城道雄の「春の海」は素敵な筝曲ですね。
生誕の地と知り、何だか嬉しく更に魅かれる曲に成りました。

Saas-Feeの風さん   こんばんは
「春の海」をお子様の頃に
ご自宅でお聞きに成っていたとは・・・
当時のご家庭の様子を羨ましく思い描いています。
春の海は、お正月定番の筝曲ですね。
大震災は恐ろしい記憶です。
20年経ってもその記憶は鮮明で、揺れにも敏感になりました。
ご自宅が全壊とは、当時は凄くショックだったと思います。
でもご家族が無事だったことは喜ばしいことですね。
神戸の街中、震災の足跡は沢山ですが、
メリケン波止場に残された当時の様子は生々しく
当時の記憶を甦らせますね。
東北の震災の様子はテレビで見るだけですが、
それでも悲惨で心痛みます。
地震に対する備え、意識も年々薄れて反省しています。

すみれさん こんばんは
宮城道雄さんは神戸出身とはしりませんでした。
宮城県だと思ってました(勉強不足でした)
春の海 ̄素敵な流れに沿った音色 何とも言えないですね。
阪神淡路大震災の時に建てられた希望の灯・・いろんなことが
思いだされますね。
地下には亡くなられた方のお名前が刻まれているんですね。
こちらは4年目に入りましたが、復興は進んでおりません。
亡くなられた方の供養を大切にしてほしいです。
いつも綺麗に咲いてる花壇のお花を見せていただき
心が和みます。

kikiさん  こんばんは
宮城道雄さん、氏名から宮城県と思いそうですね。
私は旧居留地の碑を見て知りました。
「春の海」は、お正月定番の素敵な筝曲ですね。
大震災から20年経ちましたが、
街中には震災に関連した物が多く見られます。
1.17希望の灯り、モニュメント等を見ると
当時が甦り切なくなります。
そちらは4年が過ぎ去ったのですね。
様子はテレビで見るのみですが、
復興の進み具合に苛立ちさへ感じます。
災害の記憶、その教えなど震災の日だけでなく
常に関心を持ち語り継いでほしいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早春のオキザリス♪ | トップページ | クリスマスローズに魅せられて・・・♪ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ