« 可愛い額縁花壇♪ | トップページ | 神戸・旧居留地散策♪ »

長崎へ♪ (グラバー園・大浦天主堂)

     1    長崎    2

 グラバー園

 古くから国際貿易港として栄え、日本近代文化の礎を築いた長崎幕府より

 正式に認められた外国人の居留地、当時の区画の中にあるグラバー園

 当時に思いを馳せながら雨模様のお天気の中、石畳の道をたどりながら

 グラバー園散策です。 

178014

 旧グラバー住宅(国指定重要文化財・明治日本の産業革命遺産)

 文久3年(1863年)に建てられた現存する日本最古の木造洋風建築

 建設当初はL字型の平屋で建物の周囲がベランダで囲まれた

 バンガロー風の建物でした。

178015 178017

 外観は日本瓦で覆われ、壁は日本の伝統的な土壁です。

 室内は典型的な西洋風の造りに成っています。

  居住していたのは、トーマス・ブレーク・グラバー

 安政6(1859)年の「安政の開港」と同時に来日し、グラバー商会を設立

 造船・採炭・製茶など幅広い事業を行ったことで知られます。

177961

 旧三菱第2ドッグハウス

 船を修理している間、乗組員たちが宿泊していた施設

 明治29年建築で、典型的な西洋風建築です。

 三菱重工長崎造船所の第2ドックの直ぐ側に建てられていました。 

177978

 旧長崎地方裁判所長官舎

 明治16年頃、長崎市上町に建てられました。居留地外に建てられた

 洋風の官庁建築として長崎で唯一残る貴重な建物です。

 外部は洋風ですが、内部は日本人の生活様式に合わせた造りに成っています。

177984

 旧リンガー住宅(国指定重要文化財)

 慶応3年頃に建てられた三方をベランダで囲まれたバンガロー風の建築。

 ベランダの床石にはウラジオストックから運んだ御影石、ベランダの屋根を

 支える角柱には天草の石を使用、木と石が調和した珍しい木骨石造りです。

177986_2 177988

 この建物にはイギリス人のフレデリック・リンガーが住んでいました。

 リンガーは、慶応元(1865)年に来日し、グラバー商会に勤務

 その後、イギリス人のホーム氏と「ホーム・リンガー商会」を設立し、製茶・

 製粉・石油備蓄・発電などの事業を手掛けます。

177990


177999

 旧オルト住宅(国指定重要文化財)

 元治元年ごろに建てられた石造り洋館.  天草出身の職人・小山秀之進が

 施工した。ポーチ横にある日本最古・最大級のモッコウバラが建物を覆う姿

 は素晴らしく、庭には噴水も有りメルヘンの世界です。バラの咲く頃に出かけて

 見たいですね。 イギリス人、ウィリアム・ジョン・オルトの住宅ですが、

 住んでいたのは慶応元(1865)年~明治元(1868)年の3年間のみでした。

177980

 水道共用栓    貯水を使用しているので、今も水が出ます。

 随分と久し振りのグラバー園です。1万坪を超える敷地に、日本初や

 日本最古級の建物や物が沢山で興味深いひと時でした。

 大浦天主堂

177957

 1865年に建立されたカトリック教会で、日本最古の現存するキリスト教

 建築物。  正式名は、日本二十六聖殉教者堂

 中は撮影禁止です。お祈りの場であり、当然なのかもしれませんね。 

177954 178126

 ←外観は補修工事のため、よく見ることは出来ませんでした。

 →夜間、ライトアップされた大浦天主堂も素敵です。


にほんブログ村 ご訪問ありがとうございます。
 1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。いつもありがとうございます。

« 可愛い額縁花壇♪ | トップページ | 神戸・旧居留地散策♪ »

旅行・地域」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

世界遺産」カテゴリの記事

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ