« 神戸・地下街の新年♪ | トップページ | JR日本最南端駅と長崎鼻♪ »

ゆく年くる年の参拝♪

 「南九州で迎えるお正月」の案内に惹かれて、出かけてきました。

     Image003    大宰府天満宮   Image003

 大晦日、学問の神、菅原道真をまつる大宰府天満宮へ2018年のお礼参りです。

 901年右大臣から突然大宰府に流された道真は2年後、この地で亡くなりました。

 その墓の上に建てられたのが天満宮です。

171311

 朱塗りの楼門を潜り本殿へ、大晦日なのに参拝の方で混雑です。 

171310

 本殿に参拝です。  919年建てられ、その後数度の焼失を経て

 1591年に建築された本殿です。国の重要文化財に指定されています。

171307

 飛梅    天満宮には、200種6000本の梅が植えられています。

171296  171299

 ←牛の銅像   記念撮影に、長い行列できていました。

 →心字池に架けられた本殿へと続く橋、過去、現在、未来を表しています。 

 参道のお土産屋さんも長い列が続き賑わっていました。

 随分前に何度か参拝した事がありましたが、今回久し振りの参拝で

 懐かしく当時を思い起こしました。

     Image003    霧島神宮    Image003

171451

 霧島神宮は日本で初めて国立公園に指定された霧島連山にあります。

 神々がこの世を作り、治めたという神話の時代に、天上界より望む

 「霧に煙る海に浮かぶ島」が「霧島」の名の由来とされています。

 2019年の初詣は「霧島神宮」へ参拝です。


171460

 建国神話の主人公である瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を祀った霧島神宮は

 創建が6世紀と古い歴史を誇る神社です。

 初めは高千穂峰と火常峰(御鉢)の間にある背門丘に建てられたといわれて

 いますが、霧島山の噴火による消失と再建を繰り返し、500年以上前に

 現在の場所に移されました。現在の社殿は島津氏第21代当主

 (第4代薩摩藩主)島津吉貴が、1715年に建立・寄進したものです。

 朱塗りで豪華な装飾の本殿は、参拝の方の長い行列です。

171463

 樹高35m、樹齢800年の御神木です。

171454

 「さざれ石」   国歌「君が代」に詠まれている「さざれ石」は、もともと

 岐阜県の山中で発見されたものだそうです。

 小石が集まって次第に大きくなり、長い年月を経て大きな岩となったものです。

      Image003   加藤神社   Image003

171495

 戦国時代の武将加藤清正(かとうきよまさ)を主神とする加藤神社

 明治4年(1871年)、現在の熊本城本丸と宇土櫓(うとやぐら)の間に

 「錦山神社(にしきやまじんじゃ)」として建立され、その後、明治7年

 (1874年)熊本市京町へ、昭和37年(1962年)に現在の熊本市本丸に移りました。

171492

 参拝の方の列です。あまりの人垣で、後方から参拝です。

 境内には、肥後三大手水鉢(ちょうずばち)文禄、慶長の役記念太鼓橋、

 旗立石(はたたていし)など残されているそうですが、

 残念ながら混雑で見ることが出来ませんでした。


にほんブログ村 ご訪問ありがとうございます。
 upwardleft1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。いつもありがとうございます。

« 神戸・地下街の新年♪ | トップページ | JR日本最南端駅と長崎鼻♪ »

ガーデニング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ