« マカオ旅行♪(その5)盧家屋敷 | トップページ | 春の青い花♪ »

マカオ旅行♪(その6)聖オーガスティン教会 ・ ドン・ペドロ5世劇場

 世界遺産  マカオ歴史地区 

 聖オーガスティン教会

 スペインのアウグスチノ修道会により1591年に創建されました。

 当初は簡素な建物で、屋根を覆うヤシ科のトウビロウの葉が

 風に吹かれて龍のひげのように立っていたので、「龍鬚廟」の別名もあります。

 現在の建物は、1874年修築されたものです。 

17877

 教会は南向きに建っており、正面ファサードはシンプルで、ヨーロッパの

 ルネサンス時期の新古典様式でデザインされています。

 外壁はクリーム色で塗られ、上部は三角切妻、真ん中に聖母像が飾られています。

17878

 内部は平面的にはパシリカ形式を採用し、広くどっしりとした柱列が中央に並び

 3つの側廊が有ります。

17880

 中央の身廊、大理石の主祭壇は重厚感にあふれ立派です。

 その中に、十字架を担いだキリスト像「受難のイエス」が祀られています。 

 キリスト像は、毎年四旬節の最初の日曜日に「キリスト受難行列」の儀式の中で

 一旦カテドラルに運ばれ一晩中祈りを捧げた翌日に、この教会に戻されます。

 昔、聖オーガスティン教会にあったキリスト受難像をカテドラルに移動した

 ところ、翌日何故か元の場所に戻っていたという伝説に基いた行事で

 16世紀から続いています。

17881

 中央身廊は奥行き20m、幅11m、高さ12mで、広く奥行きもあり荘厳な雰囲気です。

 ドン・ペドロ5世劇場 

 中国最初の西洋式劇場です。

 その名称は、ポルトガル国王ドン・ペドロ5世に由来します。

 マカオ在住ポルトガル人の共同主資で建てられました。

17887_1

 主要部分は1860年に建築され、正面は1873年に増築されました。

 劇場の正面ファサードには幅15.7mのローマ様式のアーチがあり

 最上部は三角形の切妻になっています。

 下にはイオニア様式の4本の柱が3つの空間を区切っています。

17889

 建物は、新古典主義様式で、前面にロビーがあります。

17890

 1階観客席  座席は276席あり、当時のマカオに住むポルトガル人の

 重要な社交の場所でした。

17891

 2階観客席  観客席は円形になっています。

 現在もマカオオーケストラの演奏などで使用されることがあるそうです。

17885_1

 側面には、ローマ式アーチ窓が9つ配置されています。

17876

 聖オーガスティン広場界隈の街並みは、マカオ歴史地区の中でも際立って

 南欧的です。パステル調の建物が点在し、ガジュマルの大樹などもあって

 素晴らしい景観の中での散策は、素敵な旅の思い出となりました。


にほんブログ村 ご訪問ありがとうございます。
 1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。いつもありがとうございます。

« マカオ旅行♪(その5)盧家屋敷 | トップページ | 春の青い花♪ »

マカオ」カテゴリの記事

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ