カテゴリー「世界遺産」の35件の投稿

イタリアへの旅♪ カターニア(その3) 象さんの街

        Photo_4

 カターニアの街中では、あちこちに「象」を見かけます。

 「象」はカターニアのシンボルです。 (写真はクリックで拡大します)

151837_2

 ドゥオーモ広場に、街のシンボル象の噴水があります。

 高さ3.66mで、赤色花崗岩で出来ています。

 象の上にオベリスク(古代エジプト期に製作され、神殿などに立てられた

 記念碑の一種)が載っています。

 オベリスクの頭頂部には椰子(しゅろ)とオリーブの葉で取り囲まれた球に

 「MSSHDEPL」と書かれ、その上に十字があります。 

 象はローマ時代の溶岩を使い、オベリスクはエジプトから運ばれました。 

177548

どうしてシンボルが「象」なのか?いろいろ伝説は有るようですが・・・

大昔ここに小象が住んでいて獰猛な動物を追い払うことで、カターニアの

住民を守ったという伝説

又、メソポタミア文明が栄えた頃、バビロン付近にあったピロという国の王は 

シチリア島を制圧するために自ら軍隊を率いてカターニアに攻め込んできました。 

カターニアを滅ぼし自分の国の住民を住まわせるつもりだったそうです。

当時カターニアにはエリオドーロという魔法使いがいました。

彼はピロの王がアフリカゾウを神聖なるものと崇拝している事を知っていたので、 

攻め込んでも象がいれば、きっと殺さないだろうと考えました。

そこで魔法使いエリオロードはカターニアの市民全てを象に変えてしまいました。

エリオドーロの魔法のおかげで、カターニアはピロの攻撃を免れました。 

カターニアの市民たちは彼の功績を称えるために,象を市のシンボル

にしたとの伝説・・・

151808 177515

  1736年ジョヴァン・バッティスタ・ヴァッカリーニがこの像を作りました。

 南と北の両側から噴き出る水はカターニアの2つの川(シメト川、アメン川)を

 再現していたそうですが、その後何度か作り変えられ1998年に現在の様な

 3段の石段に変えられています。この石段では、大勢の方が寛いでおられます。

 写真は夜間の象の噴水です。

177478

 13世紀以来、象はカターニアのシンボルとされており、市の紋章

 大学の微章、地元のサッカーチーム「カルチョ・カターニア」のマーク

 にも使用されています。

 こちらは市庁舎ですが、窓の周りは小さな象のレリーフがあり、

 「象の宮殿」と呼ばれ親しまれています。

177479 177480

177550

151839

177543_2

 こちらは大勢の観光客が行きかう通りですが、象さんがいます。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へご訪問ありがとうございます。
    upwardleft1クリックの応援が凄く嬉しく励みになります。
にほんブログ村

イタリアへの旅♪ カターニア(その2) ドゥオーモ(サンタ・アガタ大聖堂)

                Photo
         ドゥオーモ(サンタ・アガタ大聖堂)

 さまざまな人類が集まっているカターニアは、シチリアでパレルモに

 次ぐ2番目に人口が多く、経済活動が盛んな街です。

 ヨーロッパ最大の活火山エトナ山を臨み、数回の噴火を繰り返した活火山と

 ともに歩んできた街としても有名です。

 カターニア観光、先ずはドゥオーモへと出かけました。

177434_2

 1078年から1093年にかけてロジェール伯爵により建立されました。

 17世紀の大地震で大きな被害を受け、後陣のみ建造当初の姿を留め

 現在の大聖堂は、その後バロック様式にて再建設されたものです。

 カターニアの守護聖人アガタに寄贈されています。 

151722

 ローマ時代の浴場跡に建てられた大聖堂で、浴場跡が残されております。

 入り口も聖堂内にあり見学したいと思いますが、タイミングが悪く5回

 訪れているのに一度も見学したことが有りません。見てみたいですね。

151737

18世紀には当時の有名な建築家ジョヴァン・バッティスタ・ヴァッカリーニ

によりファサードが再建された。創建当時のデザインを残し、高さ、円柱、

聖人像などが華やかで素晴らしい大聖堂です。

177455_2

151738

  大聖堂内部   聖アガタの祭壇

151743 151751

  →エトナ山噴火を描いたフレスコ画

151739

   教会内には、作曲家ヴィンチェンツォ・ベッリーニの墓があります。

 ヴィンチェンツォ・ベッリーニは、(1801年~1835年)はカターニア生まれ

 パリ近郊で没したクラシック音楽の作曲家で、主としてオペラ作曲家として有名です。

 ロッシーニやドニゼッティと共に19世紀前半のイタリアオペラ界を代表する天才。

 特にベッリーニについてはショパン、ベルリオーズ、ワーグナーらの賞賛と

 愛情の言葉を得ている事で知られている。父親も祖父も音楽家であり、

 音楽を学ぶ前から作曲を始めたという神童であったそうです。(ネットより抜粋)

151758

177519

 夜の大聖堂です。昼間と違った厳かな大聖堂を感じます。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へご訪問ありがとうございます。
  up1クリックの応援がとても嬉しく励みになります。
にほんブログ村

世界遺産への旅♪ギリシア パルテノン神殿

     Image003   パルテノン神殿  Image003

225359   ギリシア観光は、ホテル直ぐ近くの

  シンタグマ広場から出ている

  乗り降り自由の遊覧バス(18ユーロ)

  で出かける事にしました。このバスは

  日本語の説明が聞けるのが嬉しいですね。

  先ずはアクアポリス遺跡へ

225356

  ギリシア古代遺跡のハイライトは、アテネのアクロポリスです。

  アクロポリスとは「高い丘の上の都市」と言う意味で、古代には神殿が

  建てられた聖域、さらにポリス(都市国家)防衛の要塞として二重の

  役割を果たしていたそうです。

  イロド・アティコス音楽堂

225284

   アッティカの大富豪イロド・アティコスがアテネ市に寄贈したもので、

   161年に建築されました。約6000人の収容可能な音楽堂です。

   観客席は最近修復されたもので、コンサート、オペラ、古典劇などが

   現在も上演されています。日本の芸術家達の公演も行われたそうです。

   舞台は35.5m×6m、 全体の直径80mです。

225329

                 プロピレア(前門)

  パルテノン神殿

225329

  ブレーの門、プロピレア(前門)を潜ると古代アテネの栄光を象徴する

  パルテノン神殿がドリア式石柱に囲まれ雄大な姿で建っています。

  横31m,縦70mで建物の周囲約160mに46本の柱が有ります。

  1本の柱は10mの高さで下部の直径は約2mもあります。

225335

  民主政治を築いた名将ペリクレスのもとカリクラスが設計、フェイディアス

  が総指揮を取り、15年の歳月を費やして紀元前432年に完成しました。

225332

 建てられた当時は、全体が彫刻像や浮き彫りなどで飾られた芸術作品で

 レリーフは神話や古代歴史の場面をテーマにしたもので、柱頭と屋根の

 間のメトープ(額の意)部分にはめられていました。

 周囲160mに90枚以上のレリーフが有ったそうです。現在はアクロポリス

 博物館や大英博物館に収められており、見れるのは模作です(参考本より抜粋)

  エレクティオン

5320a

 繊細優美なエレクティオンは紀元前408年完成、北側にイオニア式石柱

 南側にはカリアティデスと呼ばれる6人の少女像を柱とした柱廊が

 張り出しています。伝説上の王エレクテウスの館とされ、ゼウスやアテナ、

 ポセイドンなどの複数の祭神を合祀しました。

225318   

にほんブログ村 花ブログへご訪問ありがとうございます。
     up1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。
にほんブログ村

世界遺産への旅♪マテーラ(その3)

           2010

         世界遺産   マテーラ   レストラン&散策

   マテーラ「サッシ」は、1993年にユネスコ世界遺産と登録されました。

   旧市街をブラブラ散策です。マテーラ(その1)(その2)もご覧下さいね。

Photo_2

   電車を降りて、ヴィットリオ・ヴェネト広場まで歩いてきました。

Photo_3

            旧アヌンツィアター修道院

Photo_7

     石畳をテクテクて登ります。暑くてしんどいで~す( ̄Д ̄;;

Photo_4

                 ドゥオーモ

Photo_8  Photo_6

   旧市街                     サッシ

Photo_9  Photo_10

  旧セディーレ宮殿

 restaurant素敵なレストラン

305208  225199

  マテーラでの昼食はヴィットリオ・ヴェネト広場近くの建物の裏手にある  

  「ダ・マリオ」へ出かけました。こちらは本にも紹介されております。本当は

  別の所で頂きたかったのですが、探す時間も無くこちらへと成りました。

  お店の外見は今一でしたが、中は広く地元の方にも評判のお店でしたrestaurant

225202

  マテーラの前菜  モッツァレッラ (フィオリ ・ ディ ・ ラテ)3種類のチーズと

  生ハムは新鮮で自慢の一品だそうですが、凄く美味しくて大満足でした。

225201

225203

  料理名は忘れました。 ホーレンソウのお料理ですが、イタリアでは

  ホーレンソウは確り煮込んでありました。レモンをたっぷりかけて・・・

225206

  ペペ入りトマトソースのスパゲティ   とっても美味しくて思い出しては

  又食べたいなぁ~と思っています。

225207

  オレキエッティのオーブン焼き  熱々、沢山でお腹一杯になりました。 

   さすがの私もこの後は、カフェだけで終わりですcafe  

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へいつも応援ありがとうございます。
    up1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。
にほんブログ村

世界遺産への旅♪マテーラ(その2)

          2010

           世界遺産    マテーラ(教会)

   マテーラは標高401mに位置し、サッシ地区チビタにある大聖堂は

   町一番の高台にあり町の到る所から見えます。

   坂道を登り、階段を上がりながら上へ上へと向かいました。

   たどり着いたら、何と工事中です。遥々日本から来たのに・・・残念!

  ドゥオーモ(大聖堂)   

225153

  典型的なプーリア・ロマネスク様式で13世紀後半の建造です。

  サッソ・バリサーノとサッソ・カヴェオーゾ両地区の間に位置します。

  このドゥオーモ広場からの眺めは素晴らしいです。

30845

  人生の輪廻を表す16に区切られた大きなバラ窓を配したファサードが

  とっても素敵で印象的でした。

30843  225158

 ←奥の方に見える鐘楼は高さ52mです

225160

  工事中の囲いの隙間からパチリです。

  中は広く豪華な金の装飾が圧巻で、建造当初のフレスコ画も残って

  いるそうです。側まで来ているのに、見れないとは・・・

30854

       細かく刻まれたレリーフが素晴らしいですね。

 サン・フランチェスコ・ダッシジ教会

30875

  教会は1255年から1277年の間に建築され、15世紀から16世紀に

  かけて何度も増改築が行われました。

  1823年の大地震などの天災や人災にも遭いますが、今は修復され

    創建当時の外観に甦っています。

30879  

   15世紀の8枚の祭壇画があります。

   花びらの形のスタッコ細工が壁一面に有り、とっても綺麗です。

225174

225178  225176

225179

 サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会

225119

  町の教会の中でも重要な教会の一つだそうです。

  1223年完成のプーリア・ロマネスク様式です。

  長い年月を経ているのに綺麗に残されていますね。

225121

  熱心にお祈りされている親子連れがいらっしゃいました。

  お祈りの場で、写真撮っているのは気兼ねですね。 

  book教会はまだ沢山有りました。、
   長い歴史の中での教会や城、神社などを学んだら世界史、日本史
   ともに疎い私も興味深く学んでいけるような気もしました。 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へいつも応援ありがとうございます。
     up1クリックがとても嬉しく励みに成ります。
にほんブログ村

世界遺産への旅♪マテーラ(その1)

         2010

           世界遺産  マテーラ (サッシ)

  マテーラは長靴の形をしたイタリア半島のくるぶしに位置します。

  その峡谷の絶壁には、人が何年もかけて掘った沢山の洞窟住居群があり

  その独特な景観や複雑な町の構造は少し寂しげでも有り魅了されます。

  マテーラ「サッシ」は、1993年にユネスコ世界遺産と登録されました。

  サッシ(岩壁を意味するサッソの複数形)は、洞窟住宅です。

  「サッシ」は、ドゥオーモを鋏みサッソ・バリサーノとサッソ・カヴェオーソ

  に分かれています。

30863a

  サッシはいつ頃から作られたのか不明ですが、8世紀から13世紀にかけて

  東方からイスラム勢力を逃れた修道僧が住みつき、130以上の洞窟住居を

  構えていたといわれています。

  マテーラの周囲からは、旧石器時代の出土品も発見されているため

  かなり古くから人々が住んでいたと考えられています。

225163

   サッシは南イタリアの貧困の象徴とされ、「国の恥」と呼ばれる存在でした。

 サッシは岩に作られた町なので、上下水道を設置するのが難しく

 1952年衛生状態を定めた法律に適合する事が出来ず住民は強制退去

 されてしまいました。世界遺産登録前後して一部の家に住民が戻り

  今はレストランやホテルもあります。

30898

               洞窟教会

225139

  マテーラは映画「パッション」のロケ地としても知られています。

  メルギブソンが構想12年、私財を制作費に充て、イエス、キリストの

  最後の12時間を出来る限り史実に従って描いたという作品だそうですが

  私はまだ観ていません。

225151

                旧市街地

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へご訪問ありがとうございます。
    up1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。
にほんブログ村

世界遺産への旅♪おとぎの国アルベロベッロ

           2010

            世界遺産   アルベロベッロ

  アルベロベッロはイタリア半島の踵に位置するプーリア州にあります。

  おとぎの国のような円錐形のとんがり屋根が立ち並んでいる

  とっても素敵な町です。  1996年世界遺産に登録されました。

  トゥルッリ(部屋一つ屋根一つの意)が集中する旧市街地はリオーネ・

  モンティ地区とアイア・ピッコラ地区に分かれています。

  リオーネ・モンティ地区は観光地化され生活感が無く、アイア・ピッコラ地区

  は実際に住居として使われているトゥルッリが見れます。

30708

 「 トゥルッリ」15世紀当時、この地方の領主は、自分の所領内に「建物」を

 作ることを禁じていました。農民達は考えた結果、見回りの管理人が来たら

 すぐに取り壊せるような建物を作ることを考案しました。

 その建物は土台も骨組みもなく、積み石をモルタルで固めない、「キアンカレッレ」

 という平たい石を円錐状に積んだ屋根を持つ小屋でした。

 これが、現在のトゥルッリの起源と言われています。

30695

   トゥルッリの屋根に描かれた紋章は、 原始紋章、十字紋章、呪術紋章に

  大分されます。  信じる神を崇め、願いや、希望を託し、 最も目立つ屋根

  に描いたのが始まりだそうです。

30712

   サンタントニオ教会   1926年設計

224977a

  家は隣の家と壁で繋がり、何軒もの家が長屋のように立ち並んでいます。

  壁は平均80cm~1mと分厚くトゥルッリの壁は、外気を遮断し、夏は涼しく

  冬暖かく過ごせるそうです。

30729

   とっても素敵で、おとぎの国に迷い込んだようでε=((ノ^∀^*)ノ散策ですheart04

   可愛い家からメルヘンの世界への夢が見れそうです。

   お出かけに成れば皆さん感動し、何時までも心に残る事でしょうね。

   トゥルッリと言う建物は約1000軒ほどあるそうです。   

  世界遺産の素敵な町、訪れてみて、如何に人気が高いのかが頷けました。

     おとぎの国ですねheart04

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へご訪問ありがとうございます。
    up1クリックの応援が、とても嬉しく励みに成ります。    
にほんブログ村

旅の思い出♪世界遺産「神殿の谷」

           Photo_4

 イタリア旅行の続きです。整理も出来ず途中で中断していました。

 アグリジェント「神殿の谷」

 「神殿の谷」はシチリア島南部アグリジェントに残る考古遺跡です。

 1997年ユネスコの世界遺産に登録されました。

 コンコルディア神殿 

229939

 大きく開けた丘の上に建っています。 紀元前5世紀に建てられた

 ドーリア式神殿で、シチリア最大のものです。

 コンコルディアとは「和解」「平和」「強調」を象徴するローマの女神の事だそうです。

 基壇は16、9×39、4mで正面6柱側面13柱あります。

 柱は基部の直径1、4m 高さ6、8mです。

 紀元前の建物を目の当たりにして、保存状態も良く素晴らしさに感動ですheart01

229948

 古代城壁跡と穴は墓として使用されたようです。

229955  229956

 ヘラ神殿

229961

 紀元前470年頃に建てられたものです。コンコルディア神殿より古く

 大きさは少し小さいそうです。 34本柱のうち25本が完全な姿で

 残っていて、後期ドーリア式の洗練されたスタイルが見れます。

229964

229966  229972

  アーモンド、キョウチクトウ、サボテンが沢山有りました。

 テラモーネ(人像柱)レプリカ 

229990  

神殿を支えていた人像柱です。こちらはレプリカで本物は博物館に有ります。

 ディオースクリ神殿

229996_2

 紀元前5世紀末に建てられたものです。

 こちらは時間が無く遠くから見て来ました。広すぎて時間が足りません。(残念)

229977  エルコレ(ヘラクレス)神殿

 紀元前500年頃に建てられたものです。

 アグリジェントのドーリア式神殿の中では

 最も古いものです。 現在の姿は地震倒壊

 後1924年に復元作業されたものです。

         cute            cute            cute

     国立考古学博物館            

   博物館には古代シチリア文化を展示され、シチリアで第二の規模を持つ

  博物館です。アグリジェントをはじめ中部から出土した陶器のコレクション

  が素晴らしいです。 テラモーネも展示されています。

Photo   

         人造柱「テラモーネ」 高さ7..75メートル

3

 テラモーネ頭部、左から「アジア」「アフリカ」「ヨーロッパ」を表しています。

Photo_2  Photo_3

Photo_4

2  Photo_6

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ ご訪問ありがとうございます。よろしければ
      up 1クリック頂けると、とても嬉しく励みに成ります。
にほんブログ村

奈良の大仏様♪

    Photo    Photo_4   Photo_2

226452_5

 奈良へ出かけて来ました。奈良と言えば大仏様ですね。

 先ずは東大寺を見学です。

 東大寺は728年聖武天皇が皇太子供養のために建立した金鐘寺が

 東大寺の始まりで、華厳宗大本山です。

Photo_15

226367  226368

南大門  重層入母屋作り天竺等式で、高さ25,46mで、日本一の山門です。

226445_3

大仏殿(金堂)  

現在の伽藍は1709年に再建されたもので、東西約57m南北50m

高さ約49mで、世界最大の木造建造物です。

226390

 大仏   高岡の大仏、鎌倉の大仏と並ぶ日本三大仏の一つです。 

 高さ14.98m  顔の長さ 5,33m 耳の長さ2,54m 重さ380tだそうです。

  大仏の髪型は螺髪(らほつ)と言い、螺とは巻貝のことで右巻きになって

  いるそうです。 .直径約22cm 高さ約21cm 重さは約1200gで

 966個あります。

Photo_16

Photo_17

Photo_18

            鼻の穴の潜りぬけ       

 にほんブログ村 花ブログへご訪問有難うございます。1クリック頂けると
        とても嬉しく励みに成りますclover
にほんブログ村

旅の思い出♪マルタ・聖ヨハネ大聖堂

 3   旅の思い出♪  32

          マルタ ・ 聖ヨハネ大聖堂

旅の思い出♪途切れ途切れのアップになっています。
 昨年出かけましたマルタ島です。
 マルタ島はイタリア、シチリア島の南90km,アフリカ海岸の
 北290kmに有ります。マルタは可愛いバスで有名ですねbus

聖ヨハネ大聖堂はマルタ島のマルタ騎士団の守護聖人ヨハネに
捧げられた教会です。外部と異なり、内部もとても素晴らしいですheart01

171010384

  1578年マルタ出身のジローラモカッサールにより完成しました。
  沢山の礼拝堂が有り、祭壇の壁画、柱、壁、天井などなどが
  とても素晴らしく、眩いぐらいの輝きでしたshine

Img_4632

 騎士団の一員だったマッティア、プレーティの作です。
 この側面に礼拝堂があります。とても素晴らしく、感動です。

Photo_10

                    中央祭壇

4

  天井画は聖ヨハネの生涯を18場面に描かれています。
 絵は石灰岩に油性絵の具で描かれています。

Photo_9

171010423  171010428

Photo_11

      色彩豊かな大理石がとても綺麗でした。

Img_4595     聖ヨハネ大聖堂

    大勢の観光客でした。

    note        note

    大聖堂のすぐ近くの

    花屋さん、可愛いですねheart04      

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へご訪問ありがとうございます。
   up1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。
にほんブログ村

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ