カテゴリー「ギリシア」の22件の投稿

ギリシア旅行♪一日クルーズ(その4)

                           Photo_2

 エギナ島からアテネ・ピレウス港へ(船内ギリシアダンスショー)

  イドラ島、ポロス島、エギナ島と観光を終えて、アテネピレウス港へ

  向けて6時10分出港です。  

30318

  出港すると直ぐにギリシアダンスショーが始まりましたnote

  民族衣装の男女登場でダンスの始まりです。

  男性の衣装は無名戦士の墓で見られた衛兵のエヴゾナス(民族衣装)

  と同じですね。 民族衣装、絵になりますね。

6779a

   生演奏にあわせて素敵なダンスが次々と・・・

   観客も大いに盛り上がっています^(*ノ^ー^)ノ☆パチパチ

30332

226795

  観客も一緒に楽しそうに輪になってダンスですheart04 

  男性は控えめなのか、女性が殆どでした。 この賑やかな集いは港に

  着く間際まで続きました。

30338

  港が見えてきました。エーゲ海、素敵な一日クルーズも終わりです。

  restaurantホテルまで戻り、荷物(ピスタチオ)を置き食事へと出かけました。

226807

  お気に入りのタベルナ「パラドシアコ」です。このタベルナ(レストラン)は

  ギリシア滞在中三度も出かけ、すっかりお馴染みと成りました。

  トマトサラダ、毎回頂きましたが、とっても美味しゅうございました。

226812

       イカグリル焼き、とっても美味しくて何度か頂きました。

226809

        料理名忘れましたが、お野菜料理です。

226808

             こちらは肉料理です。

   お料理は全て美味しくて、又アテネに出かけたらきっと立ち寄る

   タベルナです。お店の応対も素敵でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へご訪問ありがとうございます。
  up1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。
にほんブログ村

ギリシア旅行♪一日クルーズ(その3)

                           Photo_2

                   エギナ島

   イドラ島ポロス島を経て最後の島、エギナ島へ向かいました。

   エギナ島はピレウスから約30kmほどのところにあり、サロニコス諸島

   の中で最も人口が多く、活気溢れた街です。

30243_2

 港が見えてきました。船は島の西岸エギナ・タウンに着きます。

  港にはこの島の特産品であるピスタチオの屋台やお土産店が並んでいます。

 港にはバスが出迎えていますbus

 下船したら直ぐにバスに乗りオプション観光へと向かいます。

226684

  エーゲ海を見ながら山頂へと上がり、ギリシア最後の聖人と言われる

  ネクタリオスに捧げた聖堂へと着ました。比較的新しい建物で、工事中でした。

  聖ネクタリオスは近代ギリシアで最も重要な聖人で、1961年現代ギリシア人

  として初めて正教会で聖人と認定されたそうです。

30271

   エギナ島は教会が非常に多く、360の教会がありその代表格が

   こちらの聖ネクタリオス修道院です。

226697

  聖ネクタリオス修道院と女子修道院にはネクタリオスの遺骸が安置されて

  おり、ギリシア正教徒の巡礼地となっています。

30282

  銀製の箱には、アギオス・ネクタリオスの右手の遺骨が納められています。

  この箱に触れると生涯、健康が保たれると言われています。

226708

226706

                 天井画      

226746
      エギナ島の特産品であるピスタチオの工場へと立ち寄りました。
   沢山のピスタチオが植えられており、初めて綺麗なピスタチオの木を
   見てきました。お土産に沢山買い求め重くて少々後悔です。

にほんブログ村 花ブログへご訪問ありがとうございます。
  up1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。いつもありがとうございます。

にほんブログ村

ギリシア旅行♪一日クルーズ(その2)

             Photo_2

                  ポロス島

    心配していた雨も止みイドラ島からポロス島へと向かいました。

    「ポロス」とはギリシア語で狭い通路の意味だそうです。

    地名が頷ける街並みでした。

226586

   ポロス島は東西10km弱の小さな島で、水路を挟んでカラヴリアと

   スフェリアの2つの島で成っています。2島間は小さな橋が架かっています。

226589

   島にはオリーブや松の緑が植えられており、丘一面に白やオレンジ色

   の屋根の家並みがありとっても美しい景観です。

226595

     時計台   時間が無くて上れませんでした。

226599

                  ハトの像

226598

   街中の色彩が白、オレンジ、そしてこのマリンブルー

   特にこのマリンブルーが家の窓枠、ドア、外灯などなど到る所で見られ

   エーゲ海のブルーと合間ってとっても素敵で印象的でした。

226617  30222

   可愛い町でしょうnote 心ウキウキ足どり軽やかに散策です。

226616

    この島で一番賑わうのは、港前広場です。

    ホテルや旅行会社や土産店が並んでいます。

226640

    素晴らしい景色を楽しみながら、エーゲ海をエギナ島へと向かいますyacht

にほんブログ村 花ブログへご訪問ありがとうございます。
  up1クリックの応援何時もありがとうございます。とても嬉しく励みに成ります。
にほんブログ村

ギリシア旅行♪一日クルーズ

                           Photo_2

                   イドラ島

    ギリシア旅行、まだまだ続いています。お付き合いくださいね。

    ギリシアの旅行社で申し込み、一日クルーズへと出かけました。

    早朝にホテルまでバスで迎えに来てくれ、ピレウス港から乗船で

    イドラ島、ポロス島、エギナ島を観光する一日コースです。(99ユーロ)

30187,

 乗船口にはギリシアの

 民族衣装を着た男女が出迎えて

 一緒に記念撮影です。 

 初めの島、イドラ島まで2時間40分の

 エーゲ海の船旅です。

226499 

  イドラ島が見えてきました。  とっても綺麗な島ですが、凄い雨が

  降っていてお写真も暗いですね。

226500_2

  イドラ島は東西20km 南北5kmの細長い島です。

  18世紀~19世紀にこの島の商人たちは海上貿易で富を築き立派な

  家を建てました。島に立ち並ぶ大邸宅の殆どは、この商人達によって

  建てられたものだそうです。芸術性も高くこの島の見所と成っています。

    エギナ島やポロス島に比べると緑は少なく白っぽい岩石の島と言った印象

  が有りますが、海水の透明度は高く入り江がプライベート感があり

  絶好のビーチとなっています。

      

30125

   島内は自動車やバイクが禁止されています。

   島内はごみ収集用の車2台しかないそうです。従って交通手段は

   徒歩かロバタクシーだそうです。

   港にはロバが沢山いましたが、土砂降りの雨で誰も利用する人は

   見かけませんでした。島内には猫が沢山いるとも聞いていましたが、

   こちらも雨で見かけませんでした。

226526

               素敵な教会が有りました。

30141

     中央に窓のステンドグラスが反射してしまいました。

30144

30151

226555  

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へご訪問ありがとうございます。
    up1クリックがとても嬉しく励みに成ります。

にほんブログ村

ギリシア♪アテネ 国立考古学博物館(その4) 

                  Photo_2

  アテネ 国立考古学博物館(その4-エジプト・コレクション)

  こちらの展示品の詳しい事は分かりませんが、昨年神戸市立博物館で

  開催された「トリノ・エジプト展」で見た展示品に類似の物もあり

  日本では写真禁止でしたが、こちらではOKでしたのでUPしたいと思います。

225684

225690

                  ステラ

225692

                   彩色棺

225694

                   木棺

225702

225705

                   装飾品

225707

       彩色棺 綺麗に描かれていますね。

225710

           人型棺   子供用でしょうか?

にほんブログ村 花ブログへご訪問ありがとうございます。
   up1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。

にほんブログ村

ギリシア♪アテネ 国立考古学博物館(その3)

            Photo_2

      アテネ  国立考古学博物館(その3-彫刻コレクション)  

 彫刻コレクションはアルカイック期(紀元前7世紀~紀元前5世紀)

 古典期(紀元前500~紀元前330年)ヘレニズム期の作品が展示されています。 

225524_2

             ユニオン岬のクロース(青年)像

225532

 クローズ像には共通して「アルカイック・スマイル」と言う微笑が見れます。

225518

                         ディピュロン・アンフォラ

  ケラミコスの遺跡で紀元前760年~750年頃作られたと推定されています。    

  アンフォラは幾何学文様時代の傑作だそうです。   

225621

                         アフロディ-テと牧神パンとエロスの像

    全裸で立つアフロディテが、彼女に言い寄るパンを、右手に持つサンダルで

    叩き、はねつけています。アフロディ-テの左肩の上で、浮かんでいるのは

   愛の神エロスで、パンの右の角を握って押し返し、彼女の手助けをしています。

 気品ある美しい女神様が、サンダルを振りかざした勇ましい姿も珍しく(*^_^*)です。

225624

      1904年にミロス島で出土しました。

Photo_20

               ミロス島のポセイドン像

Photo_21

             アフロディーテ  

225574

              ヘゲソの墓碑 (前410~400年頃)

  ヘゲソが奴隷を相手におめかしをしている生前の日常の一こまを

  描いたものです。  

にほんブログ村 花ブログへご訪問ありがとうございます。
     up1クリックがとても嬉しく励みに成ります。
にほんブログ村

ギリシア♪アテネ 考古学博物館(その2)

            Photo_2

  アテネ 考古学博物館(その2-ブロンズ・コレクション)

30257

           「ポセイドン」のブロンズ像

  ギリシア神話で有名なポセイドンのブロンズ像です。

  均整のとれた筋肉質の身体と四肢の動きの見事な表現、ギリシア彫刻の

  最高傑作の一つです。 頭髪も美しく、威厳のあるお顔ですね。

30255

   1928年エヴィア島アルテミシオンの海底から↓の「馬に乗る少年」

   と共に発見されました。

30260

     後ろ姿も素晴らしいです。

30331

           「アンティキセラの青年」像

   1900年にアンティキセラの海から壊れた姿で発見されました。

   体つきや体型のバランス、髪形から、このブロンズ像は古典期タイプ

   といわれています。 紀元前340年頃の作品(凄いですね)

225614

30327

          「エルミス」のブロンズ像

  古代の有名な彫刻家プラクシテレスの作と言われています。

  彫刻家プラクシテレスを私は初めて知りました。

  マラトン沖で発見されました。

30328

225915

                  「馬に乗る少年」のブロンズ像

   疾走する馬の躍動感と馬上の少年の姿が素晴らしいですね。

   大きなブロンズ像で、皆さん興味深げにご覧でした。

   ポセイドンのブロンズ像と同じようにアルテミシオンの沖で発見されました。

225591

    ↓少年の姿の素晴らしさは、後ろから見た方が良く分かりますね。

30300

  何故作品が海底から発見されるのか今もって謎のようですが、一説では

  海外へ持ち出そうとした船が難破したからだと言われています。

  何となく納得いきますね。   

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へご訪問ありがとうございます。
    up1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。
にほんブログ村

ギリシア♪アテネ  国立考古学博物館(その1)

            Photo_2

 アテネ 国立考古学博物館(その1ー先史時代コレクション)

225407

  クレタ島を除く、ギリシア各地にある遺跡からの出土品の殆どを展示する

  国内最大規模の考古学博物館です。

  館内には50あまりの展示室が有り、時代やテーマごとに分かれています。

  こちらで4時間ほど見学しましたが、素晴らしく時間が足りませんでした。

225485

             アガメムノンのマスク

  ミケーネの遺跡を発掘したドイツ人考古学者シュリーマンが、アガメムノン

  のものだと主張したものだそうです。でも後の研究で、トロイア戦争よりも

  前の時代(紀元前16世紀前半)であることが判明したそうです。

225433

       黄金のマスクの下は、黄金の胸当てですshine

225442

                 黄金の王冠

 ミケーネ遺跡の副葬品で、7本のくさびの部分は鋳型を用いて造られています。

Photo_3

                 黄金のカップ

 バフィオ(ペロポネソス半島)のミケーネ時代の墳墓から出土しました。

 牡牛狩りの装飾が素晴らしいですね。

 紀元前16~12世紀のものといわれています。黄金のカップで頂いたら

 お水も特別のお味がするのでしょうか? 黄金の輝きは素晴らしいですねshine

225410

           ミケーネの円形墓A葬送レリーフ

  描かれているのは狩のシーンで、図像から男性の石碑だと思われます。

  紀元前16世紀のごろのもので、石灰岩で出来ています。

225413

    フルートを吹く人物像(左)   竪琴を弾く人物像(右)

   1884年発見、これらの音楽人像は神々の像と共に死者の棺に入れられた

   ものと考えられています。

      黄金の杯、指輪、カップ等などこの時期の創作物は金が豊富に用いられて

   おり、これらの事からミケーネ文明(紀元前20世紀~紀元前12世紀)が

   いかに高度な文明で裕福な王国で有ったかが分かるような気がします。

にほんブログ村 花ブログへご訪問ありがとうございます。
     up1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。
にほんブログ村

ギリシア♪3日目のお食事は、又もお気に入りのタベルナへ

           Photo_2

   ギリシア(アテネ)3日目の夕食は、教えて頂いた評判のレストランへ

   出かけましたが、満席で待ち時間が長く思案して一日目のお気に入りの

   タベルナ(小レストラン)「パラドシアコ」又も出かけました。

   こちらも満席でしたが、都合よく空き(^。^;)ホッですrestaurant

226479

   トマトサラダ    美味しくて毎回頂きます。

226478

  オクラのトマト煮   日本で見るオクラより少し小さいですが小さいから

  食べ易くトマト味も美味しくて、沢山でお腹一杯になりました。

226481

   カラマーリ(イカ)  エビの唐揚げを頂きたかったのですが、もう無くて

   イカを頂きました。大きなイカにレモンをたっぷりかけて・・・

   思い出したら又食べたくなりました。とっても美味しゅうございましたheart01

226480

   ラムステーキ   柔らかく大きなラム肉に大満足でした。

   ボリーム有りますが、 一人前です

   あ!このお料理の数々、決して私一人で食べ尽くしたのではありません。

   二人で頂きました。それにしても沢山ですね。

            *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....

  noteご訪問ありがとうございます。
   本日、皆様の所へご訪問できず、勝手ながらコメント欄を
   閉じさせていただいています。よろしくお願いいたします。

           *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.... 

 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へいつも応援ありがとうございます。
     up1クリックがとても嬉しく励みに成ります。
にほんブログ村

ギリシア♪アテネ  ケラミコスの遺跡

            Photo_5

            アテネ   ケラミコスの遺跡

  ケラミコスの遺跡はアクロポリスの丘の北西にあり、古代アテネの墓地があった

  場所で、紀元前12世紀頃から1世紀頃までの古代墓地です。

  古代ギリシア時代多くの陶工が居住した場所として知られています。

  ケラミコスとはギリシア語で「陶器」と言う意味だそうです。

226188

  遺跡内にオーバーレンダー博物館があります。 館内にはこの遺跡と

  周辺から出土したアテネの葬送モニュメントや陶器が展示されています。

226183

             デクシレオスの墓碑

   馬上の人物が地面に倒れた人を殺そうとしています。

   デクシレオスはトリコスの人リュサニアスの息子だそうです。

226155

       屋外にあるデクシレオスの墓碑のレプリカ

226184

            パンフィレーとデメトリアの墓

226182

   屋外の墓地通りあるパンフィレーとデメトリアの墓(レプリカ)

226121

226154

   屋外のレプリカ、こちらは牛のお墓では無いと思いますが、素晴らしい

   牛は故人との大きな係わりが有るのでしょうね。

   日本は長方体の似たような墓石が多いですが、ユニークな形の

   墓石が多いですね。こちらは裕福な方たちが葬られています。   

226134

    陶器の幾何学模様に魅せられました。素晴らしいですね。    

226131

       カップの底まで模様が描かれていますね。

にほんブログ村 花ブログへご訪問ありがとうございます。
    up1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。
にほんブログ村

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ