カテゴリー「韓国 ソウル」の8件の投稿

韓国・ソウルへの旅♪(その8) 景福宮 

     Photo    ソウル   Photo

                    景福宮

 景福宮は1395年に創建した朝鮮王朝第一の法宮(王の住む宮廷)です。

 北には北岳山が、南には正門である光化門があり、その前に広い六曹通り

 (今の世宗路)が開かれた漢陽(ソウル)の中心でした。

 1592年の文禄の役の際、全焼してしまいました。その後、景福宮は約270年間

 復旧されることも無く放置されていたが、1867年に高宗(26代目の王)の

 実父(興宣大院君)の主導で再建されました。再建された景福宮には、

 約500棟の建物がありました。

176343

 景福宮の正門である「光化門」  ヘッテ像

 今は光化門の左右に近い距離を置いて座っているヘッデ像ですが、

 朝鮮時代には光化門から約80m離れた所にたっていました。

 ヘッテは想像上の動物で、正しくない事をした人に飛びかかって

 刺し突くいう霊物として知られています。 

176202_2

 景福宮を囲む石垣の長さは2.404mに達し、石垣の四方には4つの

 大門を作り、1426年(世宗8年)に建春門、(東)光化門(南)、迎秋門(西)、

 神武門(北)と名付けました。

176236

 興礼門  入って直ぐに、案内所があります。 

 チマチョゴリを着ていくと入場無料となり、中はチマチョゴリの

 方々が多く見受けられました。若いカップル、素敵でしたよ♪

176243

 勤政門  景福宮の正殿である勤政殿の正門として1867年に建てられました。

 建設当時のものが現存で、国宝に指定されています。 

176248

 朝廷と品階石(三道)  勤政殿の庭先、朝廷に敷かれている薄石(石畳)は

 日光による眩しさを減らすために、わざと荒く削ってある。

 朝廷の真ん中に周辺より少し上がっている道は御道といい、王だけが

 通ることができる道でした。御道の左右には臣下たちが階級別に

 並ぶための品階石が立てられてあります。

176256

 勤政殿   勤政殿は景福宮の最高殿閣である法殿(正殿)です。

 宮廷で最も荘厳な中心建物として王権を象徴し、王の即位式や文武百官

 との朝会、外国使節の接見などの国家行事を行った所です。

176259

 階段の中央は、鳳凰の彫刻が刻まれてあります。

176262

 1395年に建徳されたが、文禄の役で焼失、1867年に再建された。

176264

 勤政殿の中央には玉座が安置され、後ろの屏風には「日月五峰図」が

 描かれています。現在の1万ウォン紙幣の絵柄としても採用されています。


176276

 恩政殿  王の公式的な執務室で、毎朝の報告と会議、国政セミナー

 にあたるに行事などがここで開かれました。

176278

 恩政殿 


にほんブログ村 ご訪問ありがとうございます。
  upwardleft1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。いつもありがとうございます

韓国・ソウルへの旅♪(その7)景福宮・守門将交代儀式

    Photo    ソウル   Photo

             景福宮・王宮守門将交代儀式

176206

 朝鮮王朝時代(1392~1910年)の王宮には、王宮門の開閉や警備、巡回業務

 などを遂行した「スムングン(守門軍)」という軍隊がいました。

 「王宮守門将交代儀式」は守門軍の交代儀式を歴史考証を通じて再現したものです。

176208

 儀式の開始を知らせるチョオム(初厳)が鳴ると交代守門軍が出発し

 クァンファムン(光化門)に到着します。

176212

 チュンオム(中厳)が鳴ると守門軍がクァンファムン(光化門)の外移動

176215


176216

176218

 交代する守門将と相手の身元確認するための軍号(暗号)をお互いに

 問答しあいます。

176228

 守門将の号令で配置

176229

 サモム(三厳)が鳴ると、互いに交代して退場します。

 華やかで格調高い儀式で、印象深い思い出と成りました。

 守門将との記念撮影も人気で、皆さん素敵な思い出をパチリです。


にほんブログ村 ご訪問ありがとうございます。
  upwardleft1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。いつもありがとうございます

韓国・ソウルへの旅♪(その6) 広蔵市場

           1_2   ソウル   1_2

 ソウル市内中心部にある広蔵市場は、1905年に誕生し100年以上の

 歴史を誇る韓国で最も古い常設市場で、食材から衣類に至るまで

 幅広い商品を取り扱う巨大マーケットです。

176431

 名前の分からない野菜も沢山あります。どれも新鮮で美味しそうです。 

176433

 キムチ店、沢山の種類があり買い求めるのに目移りして困ります。

 こちらではタコ、イカ、エゴマなどのキムチをお土産に買い求めました。

176440


176444 176445

 サトウキビを搾ってジュースに、美味しく頂きました。

176447

 韓国、流石にキムチのお店は多いです。

 カニのキムチは味良くて、鍋にして頂いても凄く美味しいです。

176434

 屋台グルメ、 市場の中のこの光景に驚きでした。

 広蔵市場は屋台グルメが食べられる市場で、長椅子に座り

 料理をつまみながら焼酎やマッコリを飲み、そして楽しい語らい・・・

 凄い賑わいです。

176439

 活気ある屋台グルメ、色とりどりの食材、食品美味しそうな匂い

 市場に溢れる熱気と共に長椅子に座れば、地元ローカルな雰囲気を

 楽しみ素敵な思い出となりそうですね。

 ご訪問ありがとうございます。
  upwardleft1クリックの応援がとても嬉しく励まされています。いつもありがとうございます。
にほんブログ村

韓国・ソウルへの旅(その5)コプチャン鍋

           1_2   ソウル   1_2

 2日目の昼食は、美味しいと評判のホルモンのお店へと出かけました。

 「ホルモン」は、少々抵抗があり今まで食べた事がありませんでした。

 食べれるかしら?と心配しながら店内へ・・・

176345

 チョンオラム    店内はお座敷になっています。

176346

 直ぐに付け合せおかずがずらりと並びます。こちらは追加も出来ます。

176352

 お野菜、ホルモンを、お店の方が手際よくハサミでカットしてくれます。

176354

 美味しそうに煮えてきました。

176355


176356

 うどんも入れて、最高に美味しいです。

176358

 赤飯みたいな色をしたご飯、初めて味わいましたが凄く美味しくて

 もう満腹なのに食べてしまいました。

176359

 最後にご飯を入れて焼き飯です。ホルモンの出し汁が絡まって

 凄く美味しく頂きました。

 ご訪問ありがとうございます。
  upwardleft1クリックの応援がとても嬉しく励まされています。いつもありがとうございます。
にほんブログ村

韓国・ソウルへの旅♪(その4)興仁之門

           1_2   ソウル   1_2

176119

 「興仁之門(フンインジムン)」は、朝鮮時代初期に外敵から都を守るため、

 現在のソウル中心部の周囲に城郭が築かれた東の城郭門です。

 半円形が特徴の城郭門で、東大門(トンデムン)の通称で多くの人に

 親しまれています。 朝鮮時代から今日に至るまで時代ごとに、このエリアは

 変化を重ねてきましたが、唯一変わらないのが「興仁之門」です。

176120

 1396年(太祖5年)に初めて建てられ、1453年(端宗元年)修繕され、

 現在の門楼は1869年(高宗6年)に再び改修されたものです。

 国の宝物第一号に指定された歴史的建築物です。

176132

 ソウルにある四大門の名前は、儒教の五常の徳である「仁義礼智信」から

 それぞれ名付けられました。四大門とは「興仁之門」(東大門)」

 「崇礼門」(南大門)」、「敦義門(西大門)」「粛靖門(北大門)」の4つを指します

176136

 現在、工事中であり外部から眺めるだけに終わりました。

176115

 清渓川(チョンゲチョン)

 ソウルで最も賑やかな街の中心を縦に長く続く川の流れは内・外国人

 すべて人々の憩いの場となっています。クァンファムンからトンデムンまで

 続く全長10.84kmの川、2005年3年に及んだ工事を終え、自然を保護しながら

 新しい川に生まれ変わりました。 のんびり散策、素敵でしょうね♪

176423

 街中で見かけた楽しい光景をパチリ、思わず座って見たくなりました。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村 ご訪問ありがとうございます。
  upwardleft1クリックの応援いつもありがとうございます。とても嬉しく励みになります。

韓国・ソウルへの旅(その3) ソウルグルメに大満足です♪

        

          1_2   ソウル   1_2

 一日目の夕食は、凄く美味しい韓国料理店「コンドゥレ サムパプチプ」

 出かけました。お店は娘たちがソウル旅行で何度も立ち寄り懇意に

 して頂いているお気に入りのお店です。お店は2階上がった所にあり

 テーブル席と奥に広い座敷があります。私たちは、座敷でゆっくりと頂きました。

 コンドゥレは高麗アザミのことです。

176161

 先ずはブルコギ定食、豚バラ焼き定食を・・・ しかし次々と出てきます。

176159

 名前が分からない韓国野菜がたっぷりと・・・ 新鮮で凄く美味しです。

 とろけるようなお肉、その他を包んでいただきます。

176164

 お店の方がドングリ料理を出しくれました。ドングリを味わったことが無く

 美味しいかなぁ~?と少しだけ頂いて見ると、それがとても美味しくて

 タレや薬味を添えて頂くと更に美味しくパクパクと・・・

 ドングリ料理は、手間が掛かるのではと思いました。

176166

 コンドゥレチヂミ  熱々ホクホク、アザミの味がプラスされ美味しく頂きました。

176168

 牛肉汁   出汁が最高に美味しいです。

176172

 ユッケ   新鮮で凄く美味しく、もっと頂きたく思いました。

 周りの白いスティック状のものは梨です。   

176173

 コンドゥレ釜飯   そのままでも美味しいですが、いろいろ混ぜて

 ビビンバにしていただくと又美味しいお味です。

 notes3人での食事ですが、予想外のお料理もありよくも頂いたと吃驚です。

 どれもが美味しくて、つい箸が止まらず食べ過ぎました。

 ご訪問ありがとうございます。
  upwardleft1クリックの応援がとても嬉しく励まされています。いつもありがとうございます。
にほんブログ村

韓国・ソウルへの旅♪(その2)トンデムン・デザインプラザ

    1_2   ソウル   1_2

          トンデムン・デザインプラザ

176151

 トンデムン・デザインプラザは、歴史と伝統の東大門運動場を取り壊し

 2014年にオープンしたソウルを代表する建築空間、複合文化空間です。

 ザハ・ハディッド氏が設計した独特な形の建築物です。

176108

 南大門市場と並んで、ソウルを代表する総合市場内に出来ています。

 外観と室内のどこにも直線が無い完全な曲線の美学に圧倒され

 建物の持つ独特の魅力に満たされます。

176101

 洞窟階段  幻想の世界へ一歩、一歩・・・

176111

 バラ庭園  発光ダイオード(LED)で製作された25,550本の白い薔薇が

 ライトアップされ、凄く綺麗でロマンチックです。

176146

 形態の異なるアルミパネル45,133枚を使用し、流れるような曲線を

 描く建物の内外観は素晴らしい芸術作品です。 

176139


176149

 トンデムン・デザインプラザは大きく「アルリムト(アートホール)」

 「ベウムト(博物館)」、「サルリムト(デザインラボ)」の3つのセクションに

 分かれています。 

176153


にほんブログ村 ご訪問ありがとうございます。
 upwardleft1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。いつもありがとうございます。

韓国・ソウルへの旅♪ (その1)

      
   1_2   ソウル   1_2

 韓国・ソウルへ旅してきました。

 歴史と伝統を感じ、グルメ、ショッピングなど素晴らしいソウルです。

176081

 関西国際空港から空路2時間弱で、ソウル・金浦国際空港到着です。

 先ずはタクシーに乗り、お目当ての昼食へ出かけます。

176078

 金浦国際空港に展示されていた「ヨンゴ」です。

 朝鮮時代の太鼓の一種で、行楽などの大きな行事の際に使われ

 竜を描いた為「ヨンゴ」(龍鼓)と呼ばれています。

176084 176092

 お店は市場の中ほどにありました。人気の店らしく、地元の方々で満席です。

176089

 「チョッパル」を頂きました。お皿一杯に盛られたチョッパルにワォ!です。

 サラダ葉、各種のキムチ、青唐辛子、ニンニクなどなどが並びます。

 葉に包み頂きます。凄く美味しいです。

176091

 右上の黒い料理は「スンデ」(豚の腸詰め)です。 

 豚の腸の中に、もち米や春雨などを詰めて蒸した料理です。

 韓国式ソーセージと言われます。 見た目が独特で、私も初めてでしたが

 意外と美味しくてその後も又頂きました。 鍋も美味しく頂きました。 

176085

 キムチ屋さん、いろんな種類がありますね~

176096

 大きなタコが美味しそうで、買い求めホテルで頂きました。

 hotel大きなバックを持っての昼食でしたが、満腹になりホテルへと向かいます。 


にほんブログ村 ご訪問ありがとうございます。
  upwardleft1クリックの応援がとても嬉しく励みに成ります。いつもありがとうございます。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログ村

  • にほんブログ村 花ブログへ
  • にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
    ご訪問ありがとうございます。 ↑ポチッと1クリックして 頂けたらとても嬉しく励みに 成ります。
無料ブログはココログ